フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

見逃すな大きな流れ

2016年11月11日 (金)

果たしてノーザンはどっちを推すのか、どちらも推さないのか?

はてさて先週のルメール10勝固め打ちには驚きましたが、

リーディングジョッキー争いも戸崎と11勝差だったのが、

あっという間に1勝差に追いついてしまいました。

ルメールは

11/5土曜日はノーザンファームの生産馬に7回騎乗し、1-1-2-3。

8鞍中7鞍で「たった1勝」を責められたわけではないでしょうが、

翌日曜は10鞍中6鞍がノーザン絡みで4-1-0-1。

そしてノーザン以外の依頼馬は全勝。

これに対し戸崎は土曜がノーザンはたった1鞍で0-0-0-1。

トータルで1人気が1回だけ。

日曜はノーザン3鞍で0-1-1-1の未勝利。

しかも、この日は1人気馬が1頭もありませんでした。

ノッているルメールが売れて人気になったのではなく、

最初から先週は騎乗馬の質が違った、

つまりノーザンが勝たせに来ていたようです。

それで10回勝つルメールも凄いんですが、

馬ができている安心感で、騎手はあせらずじっくり乗れますから。

深読みをすると、ここで戸崎が尻に火がついて

また頑張る、という可能性もありますが、

馬券を買うほうがふたりのリーディング争いを意識しすぎて

過剰人気になる可能性も否定できません。

いろいろね、環境づくりが大事ですからね。

とにかく素直過ぎる馬券はど下手の証拠。

2016年残り7週のケイバ、

何かをやらかそうとしている人たちに

上手に乗っかってお金を増やさないことには、ですよ。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年7月12日 (火)

里見オーナーのセレクトセール購買履歴…なぜG1に手が届かない?

競馬界の七不思議ですね、ここまで大きな買い物を続けていて、

周囲が勝たせようとしていて、しかも一流調教師ばかり。

Satomiowner

もうそろそろ勝つと思います。さすがに。

シーズン賞金自己最高8.8億の翌年に13億もセールで突っ込む。

まさに「先行」投資ですね。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年5月22日 (日)

★自身初の快挙!POG全10頭勝ち上がり★でもG1制覇は当然遠い

きょうの東京3レース。

なんだダートかよ。人気は?と見たら

単勝3人気。騎手は三浦皇成。

うーん、オッズ的には特定オッズの軸馬ポジションだけど、

別のウマから買いました。

ケイブルグラム、力強く伸びて、1着。

未勝利脱出。

ここから買えばよかった。

誰にも言ってないので、誰も知らないわけですが、

わがPOG馬(JRA-VAN)の最後の10頭めの未勝利馬が

勝ったのです。

つまり10頭すべて勝ち上がり。POGゲームの期限は来週まで

なのですべりこみ。自身初の快挙。

現実的にはありえないことでしょう。だって全10頭ディープ産駒だから(牡馬9頭、牝馬2頭)

オークスこそ出走馬はいませんでしたが、桜花賞、皐月賞、ダービーと

それぞれ出走するわがPOG馬。

世の中がなぜそうなっているのかが、

当事者?にならないと理解できない、という典型的な話でしょう。

ストレイトガールがヴィクトリアマイルV2を目指す、という噂が

あるみたいなのですが、それはなぜか。

フジワラ厩舎のブランド力をさらに上げるためでしょう。

名伯楽がどのようにしてリアル金持ちのリアル大物馬主さんを満足させていくか。

G1デーのたびに実感しませんか?

しない?

じゃあ、単に注意力不足ですね。

さて、きょうはどこでアドマイヤ勝ちましたっけ?

あ、勝ってなかった。2着が最高でした(笑)

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年4月24日 (日)

まあ、これでイイということは決してないので。

このぐらいで価値がある、と思うかどうかだけど、

何が競馬場で絶叫していて楽しいか、と言えば、

他人が買わないような騎手を見抜いて応援すること。

まあ函館競馬場だから、戸崎だろうが福永だろうが、内容を問う人は

いないようにも思うけど、

東京競馬場で西村太一激走を見抜いて応援するってゾクゾクするわい。

今週の狙いで

西村、岩崎を2鞍ピックアップしてどっちも50%の確率で馬券になる。

彼らも頑張って仕事しているわけですよ。

そこをちゃんと見てあげないと。

そんな地道に頑張っている中堅以下の騎手を

慈悲なく差し切る戸崎もまたすごい。

そうそう、今週の狙い・方針はレース発走時点までにまだまだ

流動変化していることをお忘れなく。

あくまでまとめたのは土曜朝の状況、見通しであって、

そこから情勢は動く動く。

それと、見落としも本番までに数多く見つかるからね。

事前にネタを公表する難しさだけど、そっから先のアレンジの技術についても

論じたい。

予想、ではないんだけど、

これが予想サイト、ならどこにもないと思います。

でもそれが競馬の現実だということで。

岩田が香港に行かない件。

岩田も今週に限ってはピックアップすべきでしたね。

見落としました。

情報収集不足は常にあり。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

フローラSの結果が楽しみ。そのコメント、枠順確定後?だよね

競馬だから、出走前に言い切るのはタブーなんだけど、

レースそのものがどうなるかじゃなくて、

大きな流れでしっかり注目したい、フローラS。

あの名伯楽は言ったよ。

「兄妹のなかでは距離はもちそうだと思います」

でも、客観的に予定していたG1にコンディションが整わなかったので、

次は「G1」に出したい。出すのが調教師のシゴト、と思ってないか?

前哨戦で勝ち負けとか、そこまでの仕事とは思っていないように

感じるんだよね、彼のコメント。だから結果に注目。

これかでダート適性その他、都合のいいコメントを連発している

前科があるからね。

世間はそれを方便じゃなく嘘つき、と呼ぶからさ。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年2月12日 (金)

★今週から3名同時復帰★騎手の勢力図に変化は?

明日からは小倉開催で3場。

今朝?岩田が春から関東を主戦場にする、というニュースが走っていたが

今週から、

福永、四位、藤岡祐介の3名が

現場復帰。

四位は1500勝にリーチをかけつつ休んでいたので、

どんな騎乗するか、注目だね。

北村も浜中も戦線離脱中だし、

日本人騎手が安定していない間に、

おいしい騎乗馬はみんな外国人騎手に流れているのは

ちょっと残念。

2016年2月 1日 (月)

★武豊、前人未到の3800勝★その陰に人徳、集馬術

いやあ、アジャストの難しさを感じました、武豊3800勝までの段取り。

土曜の成績は、

160130takeyutaka

ここで2勝してリーチ。

翌日はこれ。

160131takeyutaka

もうどこでツモっても、お好きなところで、というラインナップ。

初戦の13着惨敗を見て、これはもったいぶって、売り上げ貢献だな、と見た。

すると、2戦め、同じエイシンの馬で1人気、逃げ切り快勝。→3800勝、あっさり達成。

武豊が逃げた場合、一定の率でそのまま、ということが多いような気がする。

でも、7Rでは8人気で差し切ったり、まあなかなかつかめない。

よく見て見ると、やはり勝負には流れがあり、

彼にとって6Rが痛かったのだろう。

逃げ切ったのは弟の幸四郎で、しかも勝てないばかりか伏兵馬に差されて3着。

これがいかに意外な結果かと思いきや、三連単配当は19万円台から16万円台に

ダウン。何?これ八百長なの?

この断然人気のスーパーライナーを3着で狙った人がいたんだな。

逃げ切ったコクスイセンは、メインで人気を裏切ったビッグアーサーの馬主さんだけど?

160131kyo06

自分の馬券も大きくハズレ。

ここで考えた、やっぱり「3800勝を達成して、プレッシャーは軽くなったな。でも6R

はさすがに恥ずかしかったろう」

ということで、9Rでは武豊の1人気を軽視した馬券にして大正解。

基本は逃げられないと難しいようだ。

160131kyo09

やっぱり複勝1400円はキモチイイ。

ここから馬券の調子は「一時」回復。

最後はしおれたけど、この流れ読みはいいポイントだったのじゃないかと

思うわけだ。

2016年1月15日 (金)

★Targetで最新データ取ってみ★現3歳世代の種牡馬傾向がまた困ったもんで

まあ、ケイバも長く続けていると

まったくもって流動しているよね。

栄枯盛衰、というか。

結局、出走させる側の「勝ち組」は誰なの?

ということ。

プロとしてさまざま話題を提供してくれるのはいいんだけど、

こっちがそれをきっちり見極めないと。

そういえば、現3歳世代。

2013年生まれの競走馬たち。

種牡馬傾向をつかみたいと思って12月いっぱいまで待って、

さあどうだ、と集計したら、

見事に期待が大きくなって回収率が下がる傾向が如実。

これ種牡馬能力の問題ではなくて「期待が大きすぎる」というだけの話。

期待が小さければノーマークで馬券期待度もアップなのだが、

あるところから、(馬券に)使えない種牡馬になってくる。

かねてから主張しているのは、まあ問答無用でイラナイ、種牡馬だけ

思えておけば、という傾向。

そしてそんな問答無用の消し、は多くなく知っていてもあまり役に立たず。

複勝はボロカスなのに、単勝回収率が高いケースなど、追跡していても

実らないから。

実は確実に10回は1回来る「穴」は、

30回ぐらい続けて来ないもの。そのぶんどこかの30回で5回来る。

結局ちゃんと確率10%。

知らなくてもいい話だったりするよなあ。

それが実態。

2015年12月23日 (水)

★その信念が再び身を結ぶ★ショウナンパンドラ有馬回避に思う

ポンコツさんたちには無関係ですが、有馬記念。

宝塚も有馬も、事前に意見を述べるのは大キライ。

その通りになったためしがないし、

「自信を持って行った手前、自分を裏切ってはずすのもみっともない」

そう思うから。

現時点で心に決めたことはあるけど、当日そう買うかはわからないから、

言わない。

で、ショウナンパンドラ。

素晴らしい。来年はこのヒト、もっと来るね。ケンイチには申し訳ないけど。

きょうのサンスポ。

今朝のサンスポだよっ!

ヨシコさんが厩舎を訪ねて「イケる!」ってデカデカ載ってんじゃん。

その翌日に「やっぱりやめました」

信念がないとできない。

高野師はここまで何頭か有力ディープ(産駒)を故障させている。

シャイニングレイ、ポルトドートウィユ、ポルトフォイユ兄弟。

それでも強くするために鍛える。

JRAの売り上げよりオーナーの見栄より、実利を優先。

若いのに大したトレーナーだと思う。

2015年11月27日 (金)

★結果を残すためのプロの「努力」★そこを見て馬券を買う、は当然

だから今頃、ということでもあるんだが。

毎月の「最強」誌の購入。

あんまり期待していなくて、最近あんまり真剣に読んでいない。

もったいない。

ブログでも週明けに短期放牧ネタを書いた後で、

(嘘ついていないからな)

鶴田氏人間の条件馬券復活特集を読んでびっくり。

外厩の話。

まさにそこ、でしょう。

言ってるじゃん。JRA-VANの入退情報、月木の週2回じゃとろいって。

日々入退厩しているでしょう、競走馬。

ほんとうは外厩どこ使っているかじゃなく、

どういう人たちが結果を残すか、穴開けるかだからね!

まあおかげで予習時間が長くなって大変だけど。

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31