フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

馬券回顧

2016年5月16日 (月)

★今週も無事終了★毎回勝ちパターンに落とし込めるといいけどね

ケイバ負け組あるある…自分の勝ちパターンを知らない。

笑いバナシではありませんよ。

大きな配当が当たったときが勝つとき。

でもって大振りですか。

どうも競馬(馬券)は運だと思っている人のほうが多いような気がしますね。

聞く耳を持たないから、このブログの主張が通らないんでしょうね。

はい、昨日にひきつづき今日の新潟参戦。

的中は7本でしたが、馬連万馬券を含み、新潟7R終了時点で、

今週の負けは消え、次なる目標。土曜のプラスをそのまま残す、までは成功しました。

いちおうカタチとしては土日プラスじゃなく、土日ともプラス。

やっぱり馬券は土曜のほうが簡単だ。

でもでも、冷静に的中結果を分析していくと、

おいしい配当が集中的に当たっているんですね。

その逆もあるから、問題はそういう日の過ごし方。

ま、メンタルはだいぶ安定しているので、それが救い。

土日で的中18本。

数は少なめでも内容がいい週末でした。

来週はどうなりますかね。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2015年6月15日 (月)

★まあまあ、右肩上がりの流れで地元開催へ★でもそういう設定の日、なので

日曜日はすでに書いたお爺さん3人組に相当集中力を削がれたけど(笑)、

ほぼ完ぺきに収支をコントロールして、3月21、22日以来の土日プラスを達成しました。

土曜はことし19本めの万馬券をはじめ、長打が効いた展開だったのに、

日曜は9レース的中と、的中率で納得でき、とてもよい流れで地元函館開催に

なだれこむことができそう。

土日で47レース購入、的中13で回収率133%。

いやあ、久々に的中率で満足できたなあ、と書こうとして、思い返すと

けっこうミスもあるんだよね。つまりパーフェクトってありえないんだよなあ。

失敗こみでどれだけ数字を作れるか。

ホント最近思うのは、大きい当たりは大きい当たり、小さい当たりは小さい当たり。

調子がいいとか、ついてるとか、それで流れが決まるというよりは、できることの積み重ね、

正確な判断の積み重ね、自分との対峙。

その点で言えば、なぜ、日曜のお爺さん3人組を笑うか、理解できると思う。

その「構え」こそが結果を左右する。

だから言うんですよ。「競馬の勝ち負けなんかどうでもいい。負けたってかまわない」

って人がどんだけ多いか。

ハラハラドキドキを楽しむ、レベルなら誰でもなれるけど、結局それでは結果を伴う

ことができない。何を楽しむか。耐えて乗り切る自分を楽しむ、だと思うんですな。

だって、敵はすんげー強いから(笑)

2015年6月 9日 (火)

★そもそも難しい安田記念…★3着荒れはよくあるケース

まあ、書いてもしかたないのだが、安田記念。

1-3-4-5-10-15着の馬の6頭BOX馬連。

ヴァンセンヌ<フィエロだったので、これは当たらない。

でも確実に枠順理論<馬番理論は前進しているね。

G1クラスになると「順調度」は大きい。厩舎の調整力のほうがもっと重要だけど、

橋口2騎は前走後の時計出しが異常に早かった。

ちゃんとレースをしていないのか、元気すぎるのか。

じゃあ、人気のないほうだろう(笑)。

それでもワイドを買っていないのは、6頭をカバーしてしまったせい。

ミッキーアイルかダノンシャークを捨てていれば、ワイドを買えている。

競馬なんてそんなもんだ。

その微妙なサジ加減をこっち側に落とすために、日々磨くってことだよな。

ひとつ決めれば、ふたつ、みっつと増殖していくもん。

この土日は不完全な「特定オッズ」が多かった。

好走率38%、的中率20%が目安だから、5連敗、6連敗はなんともない、

とはいえ、意外なレースが当たって、まあ問題ない、というレースが穴馬に席巻される。

そういう季節だ、といえばそうなんだけど。

2015年5月19日 (火)

★だから当たるときに当たればいい★当たらないときは当たらないから

先週の振り返りネタもここらでラスト。

結局、ヴィクトリアマイルはあまり上手に馬券は買えていなかったけど、

まあまあ大きい的中が獲れた、という話。

オッズ的にどう見えたか、を最後に書いておきたい。

事前の情報、雰囲気ではハープスターなき後、ヌーヴォレコルトで堅いでしょう、

と思っていた。枠順も見ずに。

入った馬番が15番。

最近、偶数馬番偏重論を研究しているだけに、7枠15番はちょっと…という印象。

こういうときは3着に来てもいいように、馬連勝負。

串刺しの串に来てもいいように、とまでの信頼感はない。

だって串馬は「来てほしくないのに来ちゃう」馬だからね。

そうしたら、直前でヌーヴォの複勝へどんどん入る。

これ購入側の不安の裏返しと読める。

スマートレイアーはどんどん遠ざかるのでノーケアでよいが、

問題はレッドリヴェール。だいぶ戻してきてはいるが「あの時」のデキは戻らない

可能性が高いし、その前に「早熟」だったら、戻そうとしても戻らない。

ディアデアマドレは前走の末脚を考えて、中距離でキレすぎるタイプであるほうに一票。

こうなるとそれ以外にシルシがたっぷり回るし、穴馬BOXがたっぷり買えるのです。

あとショウナンは外枠である上に高野厩舎は鍛え過ぎ。

金曜も坂路で2本乗っている。レース当週で2本。(脚ならし程度だけど)

シャイニングレイも失敗しているけど、ここまでくれば信念、だな。

G1クラスのレースで新聞のシルシに頼って買い目構築しているようでは、

おいしい馬券にはありつけないし、こっちもその信念で買ったほうがケイバは楽しい。

そうそう、カミングアウトしておくと、当初の自分の狙い馬は

「タガノエトワール」。

枠順を見て2番じゃなくて1番なの。どうしよっかな。

たしかに当該G1では1番が過去に激走しているが、こっちは逆に激走しすぎ。

府中の芝マイル18頭立てで1番は成績悪いんだよね。

「買わなくて来たらヤダ」の部類で買い目に入った。

事前の見立てと、直前情報&当日オッズでのスライド。

新聞記者のシルシは不要じゃないでしょうか(笑)

2015年5月 3日 (日)

★ミラクルなセブンに世間は気づかず★だって6と8の間ってだけだから???

後出し、とか言って何が後出しか、書かないってか(笑)。

一見さんにピンポイントで読み抜かれたくない。

そんなたいそうなものじゃないが、スタートは大阪杯でキズナがラキシスに負けた

あとで、ゴールドシップが「やっぱ出るかもしれない」といった時点に遡る。

「キズナ、恐れるに足らず」

サークル内にこのムードが広まった、と見た。

陣営によっては

「ゴールドシップだって走ってみないとわからない」

と思ったことだろう。

それで人気に祭り上げられたのが、サウンズオブアースとアドマイヤデウス。

ということは、4頭以外の何かを探すことから買い目選びはスタートだ。

ただし、直前のオッズはG1・芝3200mにも拘わらず、特定オッズの様相。

なんとラストインパクトが絡んでいちばんおいしくなる(サウンズオブアース軸)。

さすがにいくら自動的中といっても、この買い目と心中するのは良心が許さない。

ので、「G1が特定オッズに見えるときに怖い、単7人気」をテーマに悩んだら、

フェイムゲームに行き当たったので、ここからプランBを重ね買いした、だけ。

これが馬連60.6倍、なんだと。あっそ。

プランBの5頭BOXのうち4頭が1~4着。

はあ、特定オッズは無視すればよかったね。

自分の思考回路を信じることは重要。もちろん常にしっかり回顧・反省をしてのうえなら、

という条件付きだけど。

★天皇賞春…そうフェイムゲームなんだ★レースの構造を考えることを忘れるな

やっぱりジャンケンは後出しに限る(笑)。

今回の天皇賞春の自分の買い目は以下の通り。

150503kyo11

きれいに的中し、レース回収率275%という出来。

言いようによってはカンペキと言っても逃れられるのかもしれない。

ただ自分の正直な感想は、ああ当たったか、ヨカッタ。

という程度。別に三連複を買っていれば、とかワイドも押さえておけば、とか、

サウンズ軸の馬券はいらなかったな、とかあんまり思わない。

後悔しなかった。ただそんだけ。

くだらない予想屋みたいな意識がないからかもな。

とにかくレース回収率275%。押さえ馬券でこれなら悪くない。ということ。

2015年4月27日 (月)

★それなりの週にそれなりの結果★また、来週がんばるわ。

はい、集中できなかった週末、無事終わりました。

土曜は33レース、日曜は21レース購入できて、とりあえず「連敗」は止まりました。

しかし、もっとしっかり勝ちたかったね。

「土日プラス確定」の流れを作れたことは好ましかったけど。

しかし、きっかけなんてほんとにわずかなもんだ。

気のせい?ともいえるほどのほんのささいな発見が土曜京都1Rの馬連的中に直結。

とうとう待っていたミラクルセブンもついにキャッチしたけど、でも単勝のみ。

馬単万馬券は、「もう1頭」で届かず。

で翌日は直前オッズを見れていないばっかりにマジカルエイト101倍を逃して、

狙いレース的にはチャラだな。

土曜京都6Rでは久々の馬連万馬券。これで負けるようでは破綻してるからさ。

事前予習3分の1以下で情報量も少ない中での戦略…

でも本来のカタチではないから。

2015年3月29日 (日)

★マジで「負けること」をこんだけ意識してその結果…★ケイバの神様?ありがとう!

今週も無事、週末のケイバが終了。

この時間に書いているってことは、今週もプラスなの?

NO!

です。

今週のテーマは、爆勝の翌週にどうやって、小さく負けるか。

「いかに負けるか」がテーマのブログなんて、世の中にないでしょう。

まずは2月14、15日のバカバカしい大敗を教訓に、

いや3月7、8日のバカバカしい大敗も教訓に、

その半分ぐらいの負けに留めたかな。

それでもその半分は負けた。

時間配分、体力的な部分、も含めどうなってしまうのか、どう対応すればいいのか、

予期しないこともいろいろあったし、そういうことへの対応、という意味では

とても実りある週末だった。

あと2週負けられるが、だからといってその通り負けていたら、進歩がない。

でも待っているものが来ない日にあがいてもムダですよ?

だってG1週だからね、今週は。簡単じゃないもの。

2015年3月22日 (日)

★2015年逆襲の第一章★でも、続けては勝てないハズ…。

あれでも励ましてみたつもりもあるんだが…。

ま、それはおいといて。

今週の「完勝」でようやく2015年の馬券成績の解析を始める気になった。

1月のあまりのスロースタートに、気持ちが萎えていたんだよね。

いつもは3月は失速の月で1・2月のリードを食いつぶすのが通例なのに、

ことしはハナから出遅れだもん。

とりあえず、数字のバランスをうんぬんできる気分になってきた。

2月7-8日の週万券3本(含ダブル)もインパクトあったけど、今週は本数も

払戻額もそれを上回りました。

とにかく内容がイイ。

それでも伝家の宝刀?マジカルエイトやミラクルセブンは不発のままでこれなんだから

意義深いよねえ。

まあ、その美しすぎる実例は後ほど。

日曜は阪神1Rがあまりに鮮烈に決まった後の残り34レースの過ごし方が印象的。

そっからチャンスをうかがいつつも、13レースを的中。

究極は、阪神大賞典の自動的中でしょう。

「ああ、やっぱりゴールドシップ、来ちゃった」

これが正直な感覚だったけど、来たから馬券は当たってんの?ハズレてんの?

あれ?来たのに収支がプラスになってる。ナゼ。それはストレートナインの自動的中、

だからです。別立ての三連複なんか買わなけりゃもっと回収率は高かった。

そこはまたご愛嬌って?

これはアノ最高裁判決の「1レースごとの収支に捉われず、網羅的に利益を追求している」

からでは?(笑)。

なんたって、意識外でよく的中を拾っているよなあ、と自分で感心するほど、

テクニカルな面が冴えていた。

馬券術を超越している?

ま、それも時間があるときに。

こうして、収支記録(分析)再開なのだが、

この「万馬券を当てた直後より資金が減ってんのは油断じゃん!」

この感覚をだいじにキープして、2か月連続収支プラスへ向かいたいね。

それでも2015年のプラスまではちょっと距離感あるからさ。

2015年3月17日 (火)

★「流れを読み切る」に一歩足りず…★でも着々拾っているけどね

ま、検索はヤフーだろうがグーグルだろうがそこが問題じゃないんだけどな。

じゃあとっとと先週の馬券回顧系のネタを書いておこう。

万馬券をイチイチ自慢していても始まらないが、

土曜阪神の7Rはあまりに鮮やかで、笑ってしまった。

基本はミラクルセブン。ただ、徐々に退行していったので単勝はやめてこう買った。

150314han

これね、朝イチの中京1Rから19連敗したあとの20レースめ。

びっくりするでしょう。たった1本で大挽回のプラスです。

でもな、鮮やかはいいけど、実は偶然なんだよね。(たぶん)

ミラクルセブンとか言って勝った浜中の3番は単8人気だもん。対象外。

でも串の刺さった位置が精妙に3着。

おかげで馬連124.7倍、三連複89.3倍にワイド26.2倍のトリプル的中。

それぞれを3点ずつ買ってそれぞれ1点ずつ的中だ。

やっぱ20連敗阻止の内容がよかったな。偶然こう買ったわけじゃなく、

偶然こう当たったんだよ?

で、土曜は5本しか的中がなくてもしっかりプラス。

でも、日曜は真逆の風が吹いて、小さい当たりばかり11本も出たのにマイナス。

土日トータルはわずかにでもマイナス。マイナスはマイナス。不満だよな。

これが日曜の「!!!」馬券。

150315naka08

よくテクニックを駆使して回収600%まで行ったよな。奇跡的。

でもたかだか600%。特定オッズを待つも、それすら期待できない堅い決着を

予想させるオッズ推移。こんな人気通りの決着でこの回収ってことは

三連単100円的中よりも結果が良かったってコト。珍しい。

ま、可能でしたらかみしめてくださいな。

すべての買い目をいいように解釈した上に、仕上げが回収2000円縛り。

すると、馬連、馬単、三連複のすべてが2000円で返って来て6000円越え。

三連単5270円を上回るなんてね。

しかし、ここまで営業努力をしても、そういう低額配当が多い日はプラスにしにくい。

だって前の日に100万馬券が4本だもん。

日曜は三連単4桁が12本。前日は6本。そこに逆らってもムダでしょう。

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31