フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

競馬場のダメ人間

2016年10月17日 (月)

ポンコツさんの詩…2016第二回

ポンコツさんは三連単を買う。

当たったら大きいと三連単を買う。

でもさっぱり当たらない。

たまに当たる馬券は30倍。

三連単だから何点も買えない。

よけいに当たらない。

ポンコツさんはそれでも三連単を買う。

馬券は三連単、男は三連単と買う。

1・2着は当たるのに3着に買ってない馬が来る。

それがケイバなのに3着馬でハズシつづける。

もうケイバなんか嫌いだ。

ポンコツさんはそう言ってため息をつく。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

ポンコツさんの詩…2016第一回

それでもポンコツさんは1人気から買う。

絶対当てたいと言って1人気から買う。

たまに当たっても、お金は少なくなるばかり。

もっと当てたいと枠連を買う。

なかなか当たらないとワイドを買う。

お金はもっとお金は減ってしまう。

そしてポンコツさんは言う。

ケイバって難しいな。

なんだかつまらなくなってきちゃった…。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年10月16日 (日)

「レースを見れない」は視力の問題か?

きょうは無料ゾーンにこれを含めてあと2本。

誰だって初心者のうちはレースを見れないものだが、

毎回ちゃんと見ていれば脚色というものはわかってくる。

そして正しい声の出し方も会得していく、と思うわけ。

こないだ場外で、直線、ゴールまであと1ハロンという場面で

1番残せと言っていたお兄さんがいたよ。

2着に残せ?3着に残せ?

もう3頭が抜け出していたから1番が2着だと馬単か、馬連か、三連単が当たる、

のかもしれない。

でもその1番のウマ、差されて3着に。

それでも当たっているなら複勝か、ワイドか、三連複でしょう。

自分は1番が差されて1・2着が確定したところで当たりだったので、

いっしょに声を出したけど?

とうとう言いました。

「見てたら残るのわかるだろ?どこ見てんの?」

大接戦ならいざ知らず、途中でどう見ても1番は差されて3着でしょう。

もちろん、後方から自分の軸馬が追い込んできて、3着に届くか、2着まであるか、

というときの差せ!はまた別だしね。

「そのまま!」「差せ!」「残せ!」

これは基本ですよ。こんなん毎週競馬場で誰かが言っているのをまねて

習うことでしょう。

最近の場外はこんな基本もなってないポンコツさんばっかりだから、

上達しない。レースも見れない。

インベタで追い込んできたけど、ゴール前で詰まっちゃったとか、

大外ぶんまわしすぎ、とか、レースを見れる人といっしょに見て、

その人が何番の誰が騎乗しているウマに向かって言っているのか、

自分の買った馬と両方の位置取りを気にしながら騎手の巧拙を見るって

普通でしょう。

ま、「うるさい親父が毎レース叫んでいる」ぐらいにしか思わないから、

上達しないんでしょうね。

もう競馬場はそういう楽しいスリリングな場所じゃなくなったようで。

ねえJRAさん。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年9月26日 (月)

今週も…ポンコツレベルの大証明の巻

今週のポンコツ街道はこの写真から。

160925vision_2

確かに珍しいことではあるのだが、大勢に影響はないできごと。

函館競馬場パドックのターフビジョンの液晶がバグっている。

自分はこれを見て、いったんリセットすれば直るのに、

そのタイミングがなかなかないのか、まさか場内のJRAスタッフが

気づかないってことはないよな。そう思った。そんだけ。

この日もアサイチから最前列にふだん見かけない中高年おひとり様が

座っていて、ジミ~に買っている。スリーピーズではない。

楽しくなさそうだな、とチラ見していると、午後になって友人登場。

そっからおふたりポンコツ爆発!

「なんで今頃来るんだよ。オメエが来ねえから負けっぱなしだよ」

意味不明の冗談。

後から来た男は「なーに、アサイチからやってんの?好きだね」

すると先の男は「まあな、げっぱ人気ばっかり買ってるから当たんねえのさ」

「げっぱ」とは函館地方の方言で「ビリ」ということ。

しかし、このペア。やっぱりひとりで当たらないより、ふたりで当たらないほうが

楽しいらしい。病気が重い。お互いになじりあって最終まで。

そこでパドックビジョンの故障。

「あれ、おかしいな壊れたぞ」

それ、言わなくてもみんながそう思ってる。

モニターは突然ブラックアウト。再点灯したときには直っていた。

ほらリセットすれば直るんだよ。機械だから。

すると男たちは「あれえ、急に直ったぞ」

もう見るからに痛々しい負けそうな人たち。

こんなポンコツでもタブレットでオッズを見ながらマークカードを塗る時代。

恐ろしいです。

そしてもうひと組。

この2人連れの男性もアサイチから座っている。その片割れは開門前に

いつもの高田の御主人にJRAのポイントプログラムの話をしている。

JRAカード?

こないだ引き換えたら、「福島競馬場からカールレイモンが届いたんですよ」

知らない人がいるといけないので。

カールレイモンは函館で有名なハム・ソーセージ屋さん。福島競馬場とは関係なし。

その関係なしが面白かったのか、福島競馬場が発送主だったのがネタだったのか

それはわかりません。

すると、指定席を購入して遠征ケイバが大好きな高田の御主人…

真面目に「ポイントって交換したことないんだけど、交換したほうがいいんだろうか」

どうでもいいって。ポイント貯めてもそんなに驚くような商品は引き換えられないよ、

JRAだから。

面白いので言ってあげました。

まあね、ポイントも有効期間があるからね。失効したくなかったらテキトーに

交換したほうがいいかも」

すると先に話していた男「え?ホント?」

永久不滅なわけないじゃん。それにポイント交換の規定なんて、

事業者が予告なく変更する代物でしょう。

こうして彼は話題の外へ。

その彼が開門するなり、最前列に陣取っている。

するとほどなく最初のレースが始まる前に、こちらも友人登場。

その彼いわく「間違って三連単買ったのに、当たっちゃった! 間違って買って当たった」

70倍の馬券で大騒ぎ。それにしてもどんな券種を買おうとして三連単にしちゃったの?

そもそも点数が違うからわかるでしょうに。

その彼は午後遅くまで「間違って当たった」と引きずっていました。

一日中、きょうはツイるかもしれない、と喜んでいるってありえない。

もちろん退席するときには下を向いて静かに帰っていったようですが。

定点観測してる人物がいるなんて、想像できないんでしょう、ポンコツさんたちには。

一度、定点観測者に気づかれずに、定点観測し返してみればいいのにね。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年9月18日 (日)

競馬場の空気はヒトの感性を鈍らせるの法則

今週のスリーピーズはこんだけ。

Sleepys160917_2

でも、最前列で朝から生ビールを飲んで、そろそろ居眠りだな、

と観察されている時点でイタイよなあ。

こんなおっさんでもタブレット使い。意味なし。

おばはんのスリーピーズもみっともないけど、

最終が終わって見てみたら連れがいた。

隣には座りたくないんだね。

付き合いで来てるのに?

偶然ピンボケでめでたし。

Sleepys160918

きょうの出色ポンコツは30代の男性ふたり連れ。

こんだけ会話が聞かれていることを察しない時点でポンコツ。

何度も振り返ってガン見しているのに、その会話のせいで

振り向かれていることに気づかないのは、

空気が読めない以外のナニモノでもないわ。

よくその技量で競馬場に来て2列目に座るよね。

簡単に言えば、初心者が、超初心者にケイバを教える

サイアクのパターン。行く先には惨敗しか残されていない。

手っ取り早く言うと、後ろでくだらない会話すると気が散るのよ。そんだけ。

「びびってないでもっと買えよ」

「そんなウマ来るわけないじゃん。もっとも競馬に絶対はないけど、

全国投票でオッズが出ているんだぜ」

「三連単ボックスでそんなに選んで何点になると思ってるんだ」

「どうして言った通りにワイドにしないの?」

「この馬券が当たったら半々だからな」

「6-14-1か!よっしゃやった!  ん?6-4-1じゃなかったの?。なんだよクソッ」

もちろんこれは「教えてる」初心者のほうの発言。

超初心者は黙って従っている。どう見ても競馬に関心のない超初心者の後輩を

2列目に連れてきた時点で踏み外しているけどね。

●なぜワイドにすべきなのか

●なぜ騎手の帽子の色で枠順を見ながらレースを見ないのか

●馬券はそれぞれの財布で買うべきものでしょう。共同出資してどうすんの。

超初心者は買えと言われたり、買うなと言われたり困惑しきり。

まあ、阪神9Rの時点で1-2-7人気の100円ワイドBOXですから、

後輩の前でカッコつけたかっただけでしょう。貴重な人生の中の日曜日を

こんな過ごし方するとはね。

そうそう、この日、BB団坂本さんが馬単万馬券を2回仕留めましたが、

(わざと後ろに聞かせてますが)

「すげえな…」と初心者がひとこと。

これを聞こえるように言った時点で、

敗北宣言ですからね。どうしてそのすごい買い方ができるのか、

観察しようとは思わないからポンコツなんですけどね。

Ponkott160918

ポンコツは離席したあとも汚いの法則!

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年9月14日 (水)

夏ケイバが終わっても、老いも若きもポンコツロードまっしぐら

毎回毎回飽きないね、と思うことでしょう。

でも実は少しずつ飽きています。

その証拠にペースが落ちている。

相変わらずスリーピーズは定期的に釣れますが、

ケイバに関心のない「連れて来られ」スリーピーズや、

2場でレース間隔が空いてしまって「ついコックリ」は許しています。

目の前でファンファーレが鳴って、さあ走るぞ、という瞬間に

最前列で熟睡していて、その原因がアサイチからのビール2杯、

は不許可。です。当たり前でしょう。

Sleepys160904

160910sleepys

腕組みをしておいて、ついウトウト?

そんな言い訳は通用しませんよね。

おっと全部書き切らないうちにアップしてしまうところでした。

超絶のポンコツ2例。これを書かなくては。

ある日のアサイチ、見慣れない老夫婦の二人連れが最前列に。

地元の人間じゃないことがありあり。

朝の10時になるかならないかの間に旦那が弁当を食う。

まあ、それは許す。

「最前列って観にくいなあ、まああとで戻ってくるとしてこれを置いておこう」

席取りに置いていったのは弁当の食べかす。

弁当の食べかすの入ったコンビニ袋。

いわゆるゴミです。

レープロとか、シンブンとかそういう席取りはあるけど、

ゴミを置いて席取り。

もちろん何かの間違いだと思いましたので、

親切に片づけてあげました。午後になると違う人が座ってました。

競馬場はほんとうに面白い人が来ます。

次は若者、たぶん20代二人。メインに近づいたころ真後ろに着席して

見事なポンコツ会話。レースは中山メイン京成杯AHでした。

締め切りのベルが鳴りました。

「まだ、間に合うよ。行ってこい」

二人連れのほうの後輩は階段をかけ上って行きました。

1分後、その後輩は戻ってきて言いました。

「何かマークカードが塗り間違っているみたい」

パドックのモニターは発走係が旗を振るところです。

「間に合うな。行ってくる」

あのですね、いままさにレースが始まろうとするのに

「間に合うな」って???

画面見ろよ。レースが発走しても馬券は買えるのか???

先輩が、おいおいと大モニタを指さして「もう走るよ。ダメだ」

後輩は「マジか」とひとこと。

おまえがマジか、だよ!

案の定レースがゴールして、

「当たってたのにマジか」

必死で笑いをこらえてあげました。

いくら競馬場が初めてでもレースが発走時間が決められていることは

わかりそうなものですね。

こういう人たちに限って、振り返ってガン見されても、

「喧嘩売られてる」みたいにしか受け取らない。

それも面白い。

もちろん「マジか」は特に意味のない口癖ですので

誤解なきよう。彼の名誉のために。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年8月17日 (水)

久々のパパカツマタ馬券…50%?打法に揺らぎなし

最前列で見かけるの、

半年ぶりぐらいじゃね?

パパ・カツマタ君。

女房と子供を距離をおいた一人の時間を楽しみたくて、

久々にケイバ場へ来てしまいました。

そういう感じでしょうか?

160814kat1

なつかしいねえ。

160814kat2

このハズレ馬券の

160814kat3

束と、

160814katdesk

この離席後の、汚いテーブル。

いやいや見事に進歩がないのうを感心しようと思って、

念のため検証してみたのだが、

基本形を単勝4人気~12人気の単勝馬券9点と、

1人気アタマの馬単総流し、とした場合、そこそこ当たるんですよ、馬券。

どうですかね、的中率にして20%台かな。

もちろん1人気から馬単買ってトリガミオンパレードだったり、

単勝9点買いで20~30倍が釣れるのは1回あればいいほうなので、

回収率は50%には届かない。

でもでも?居場所探しだったらどうよ。回収率うんぬんが無関係だったら?

とりあえず午後3時には自宅に帰っていなければならないとしたら、

負けてお金がなくなって退散しているわけじゃないかも(笑)。

それより1人気アタマに総流しを徹底したら、プラスにならずとも

当たりはする。いっぽうで4~12人気の単勝なら、ほかのひとが獲れない

大荒れでも獲れたりする。回収しないけど、当たりはする両面打法なのでしょう。

表情も平穏に、悔しそうな顔一つせず、自動的中よろしく淡々と

午後2時すぎまで打って消える理由はそこかもね。

で、こういう結論で終わるはずだったんだけど

カツマタ打法解析で興味深い実例は発覚。

うーん幻率33%の気もするが、使えそうな気もする。

なぜなら理由があるから、SPECオッズとリンクするこの○秘カツマタ打法に

ついてはPW記事にて。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年8月16日 (火)

上手くなる気がないのならもっと謙虚がいいのでは?もしかして「丸出し」に気づかず?

ひとり一人のポンコツアピールを観察していると実に面白い。

こちらも観察を前面に押し出していても、まったく察しない時点で

ポンコツ。

バッカじぇねーの?オーラを受け止めない見事なポンコツ。

さすがに写真は撮らなかったが先々週の札幌遠征。

となりのおっさんにオレはちゃんと挨拶して着席したが、

向こうはガン無視。

それで1秒でポンコツ露見。

で、持っている新聞に馬券がハズレるごとに大きく×。

そんなに自分はヘタクソですアピールしなくても、

ヘタクソはわかっているのに、新聞は大きなバツだらけ。

別にいいけど。

こっちに対して、「そんなに当たってるアピールしなくても、

上手いのはわかっているから」

いやさ。嫌味なんだけど。

あなたの学習能力の欠落に対しての。

ホントに1日となりにいるだけで、かなりケイバうまくなると思うけどね。

もちろんタダでとは言わない。ホンネは横には来てほしくない。

自分はそういうヤツ嫌だけど、いつか勝って

ギャフンと言わせたい、って思いませんか?

「狙い・方針」ではかなり手の内をバラして、

読み切られているように思うけど、まあなかなか自動的中パターンは

深いので。

年間800~900本的中させている人間に、

単なる「運がいいヤツ」と評価するポンコツもいるわけで。

函館のメンバーもなかなか素晴らしい。

ほら珍しいタイプ、個性的なポンコツ3人。

160814shiner

↑まぶしいんだよ!何が?(視線の先の)レース画面が。

え?席に陽があたっているわけじゃないのに?

160813sleepys1b

↑全財産が入っただいじなバッグ。眠るからには抱きしめて、と。

160813sleepys1

↑あれ?だいじ、じゃなかったのね。席をとったつもりで、

どっかへ消えた。煙草にしては長すぎ。

160814sleepys2

↑居眠りしてると写真撮られるって聞いたからさ。

あらかじめ顔隠したからね。悪いかっての!

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年8月 9日 (火)

なぜ、それが負け組の特徴か、永遠にわからないというコトでね

今週は本館に無料系の記事を連発ですな。

日曜にたまたま坂本さんの知り合いがBB団の並びに座っていた。

これまで数回しか見かけない顔なので、

たぶん坂本さんの職場の先輩かなんかなのでしょう。

こういう外様が近くに来ると、俄然張り切っちゃうわけで、

それがいい面に出たのは、日曜の札幌1R。

この外様のおっちゃんが芝1500の二歳未勝利なのに、

タイムがどうとか展開がどうとか、言っているから

もう30分もかからないうちにポンコツ全開。

160807sap01

三連複97倍…でもこういう的中は怖いんだよね。

1日の最初のレースからギアを上げるのはどうかという

部分もあるんだが、思い切りも重要。

するとその外様のおっちゃんも三連複を当てたようで。

その喜び方の中途半端さを見ると、

どうケイバで勝つか、わかってないことが判明。

しかも、坂本さんに「あんた、全レース買っているの?忙しいねえ」

まったく知り合いのキモチがわかってない、ポンコツ親父。

まあ函館競馬開催中は一度も来なかった、ということからも、

レベルはわかるけどね。

で、札幌メインが終わるやいなや

「お先に失礼」

この日はどれだけこういう無知なおっちゃんに、毒気を

吹きかけるかだけがテーマになっちゃって、無駄無駄。

しかし札幌メイン、事前の宣言通りの狙いでこの力づく馬券。

理解できないんだろうなあ。こういう自動的中。

160807sap11

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年8月 8日 (月)

わかった!このポンコツ、きょうの予算4000円!

まあ確信が持てないのに無理してブログ公表することはないので。

それにしても常連さん…ってどこからそう言うんでしょうかね。

どう考えても「いつものうるさいオヤジ」と見られていることは

マチガイないはずだけど、近所でこう写真に撮られたがるスリーピーズ常連さん。

何が嫌われているか、そんなこたあカンケーないわけね。

160807sleepys_rr

前にも撮っている記憶があるんで、画像を探してみたけど、

ここでほら同一人物でしょ、とわかりやすく見せられないので、

きょうのところはやめとく。

確かこの人には若い連れがいて、そいつもスリーピーズだったと思うけどね。

問題は

ゆうべ飲みすぎちゃった、とか

あんまり当たらないから眠くなっちゃった、とか、

メシ食うと眠くなるよな、とか、

そのどれにも当てはまらない中途半端さ。

眠くないスリーピーズ。

ヒマなので寝たふりでもしてみる系の

理解不能なスリーピーズだから。

160807p

ご丁寧に馬券まで置いていく。

昼近くに現れてほとんど馬券は買っておらず、

新聞を眺めてはぼんやりして、ときどき寝たふり。

こっちが撮ろうとする殺気を感じて、ムクッと起きるも

やっぱり画面のレースには興味なし。

馬券を見ただけでポンコツぶりはわかるけどね。

これで「ケイバやってるつもりらしい」

合成オッズ2.05のワイド13点買いで

「儲けよう」という思考回路。

きょうは4000円しか持ってこなかったから、

これでどう増やそうか、1日悩んだあげくの沈没か。

こんな老人、どうしょうもないっす。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31