フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

馬券術、的な

2016年10月16日 (日)

レースの結果はあらかじめ決まってないと自動的中なんてするもんか!

JRAもいつまでくだらないキャンペーンをやっているのかと思うけど。

「ケイバの結果はあらかじめ決まっている」という業者にダマされないでください…。

何割かのレースはあらかじめ決まっているよ。

ただ、このあらかじめがいつか。ということでしょう。

どのレースがどう決まっているか、ということでしょう。

何日も前から決まっているわけがないし、

馬券の発売を締めきってから決まっても、買う側は手のほどこしようはない。

激走馬が決まっていれば総流し?

人気馬がその枠に入った時点で飛ぶ、という決まり方もあるしね。

逆に、誰にもわからない、情報がない…そんなレースもある。

完全に出たとこ勝負のレース、プロでもわからんレースを買わされてる

場合もあるよ。

日々、オッズとにらめっこしていると、

・この人気ウマはないな

・上位3頭で手堅い決着

・あまりにオッズが割れすぎて逆においしくない

・何かが起こると買う側が期待しすぎてオッズ動きすぎ。大山鳴動ねずみ一匹

なんていろんなパターンがあるんだよね。

まあ、SPECオッズを使えば、ある程度は攻略できますが。

レースはゴールするまで決まっていないとでもJRAは言いたいのか

わからないけれど、あらかじめ何がどう決まっているかを

考えるのがケイバの馬券の楽しさでしょうよ。

平気で嘘をつくかJRA。

まあ、そうは言えないからってだけの理由でした、とさ。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年8月15日 (月)

「万馬券」は当たればウレシイ。それ以上それ以下でも???

万馬券が当たったのにきょうはプラスになってない。

このフレーズもポンコツの一角であることに、最近気づいたね。

万馬券=勝利

でもなんでもないから。

もちろん飛距離は大切で、長打は収支に貢献する。

でも万馬券100倍と300倍では同じじゃないしね。

土曜は万馬券1本を含む8レースの的中でトータルはちょいマイナス

日曜は万馬券1本を含む13レースの的中で、土曜のマイナス以上にプラス

積み重ねたくだらない的中のヤマが、万馬券の長打をイカすことは明白でしょう。

だから3頭立ても必要。

そりゃ「なんだ、ど安目かよ」とは言っては見るものの、

1日のトータル、週のトータルのことを考えれば10円でも多く

配当をものにしておきたい。

馬連と枠連のオッズの動きもしっかり見極めておきたい。

あくまでもトータルの収支。

それを胴元は知っているから、大多数のその日、

負けている人たちに「大逆転できそうな直線千メートル18頭立て」を

用意している。

それを知って大振りするなんて、なんともめでたい頭脳構造、

ということになるよね。

実例は昨日新潟最終。土日プラス確定をさせた局面。

穴馬の複勝でプラスを増やす、がテーマ。

160814ngt12

人間だから微妙に特定3のニオイに反応しちゃっているところが

カワイイ買い目。

もうひとりの自分が「だからあ、ボンクラたちが堅いほうへ

気持ちが傾いている弱気がオッズに出ているだけだってば。

だからこその人気薄狙いでしょ?」

気持ちの余裕は、さらなる成功体験を生む好循環ね。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年5月25日 (水)

★特定オッズ打法・12週間のガチ結果★25%的中の目標値、大幅超え

別館で展開している

「特定オッズ=自動的中」

ここ12週間の集計が整いました。

全840レース中、特定オッズ判定は37.9%の318レース。

このうち実際に特定オッズ打法で軸馬があっていれば的中できた

レース数は65.5%の208レース。

実際に自分が軸馬判定があっていて的中した実際のレース数は98レース。

12週で98レース、30.9%という数字になりました。

なんでも特定オッズと見て買う、と

違うパターンの狙いを立てる、のバランスは確かに難しいのですが、

30.9%の的中率ということは340%の合成オッズになるように

買い目構築しておけば、負けない、ということです。

回収率全体の底上げを考えるためには、

自分にとってまさに最適の「結論」となっていると思います。

連敗しない、ドツボにはまらない、中穴以上にならないからといって、

嘆き節を吐かない…ために

知っているといないとでは雲泥だと思ってます。

BB団、坂本さん、大下さんのように聞く耳を持たない人たちにも

ぜひ教えてあげて、幸せになってほしいのですが、

価値観の違う人には受け入れてもらえません。

これは人柄とは別問題。

ザンネンですね。

でも、そこまでのプラスがあるから、こんな奔放な馬券が買える、

とも言います。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年1月25日 (月)

★素晴らしすぎる不的中という問題★ギャンブル脳を拒否!

非難するいっぽうじゃなくて、

ちゃんとアンサーも書くから。

1日36レースやるとしても、気にしなきゃいけないのは自分のポジション。

可ばかりがいいに決まっているが、

不可を減らすことにも注意を払うべし。

あせってドツボにハマらないように、ミスを悔いてどんどん消極的にならぬように

意識すべし。

ポジションの自覚失くして、的中不的中のゼロサムでは夜が明けない。

これ、京都の5R。

どれだけ真剣に買っているでしょうか。

というより、大きくマイナスな状況で、こんな馬券を買って(獲って)どうする?

と思うのが普通。

160124kyo05

しかも、馬連、馬単1着3着。1人気→2人気を買って不的中。

いいんですよ、高田夫妻打法だから。

単に高田夫妻打法なのではなく、このレース、無理に穴狙いしてもムダなので

3分の2の確率に賭けただけ。残りの3分の1が出た。それだけ。

これが立ち位置の確認。

とにかくこの日曜は諦めねばならぬレースが多すぎた。

それなら全部諦めて買えばいい。

的中だけ拾えばいい。回収はほぼ捨て。

160124nak08

これだって完璧だ。中山8R。ただ15に来てほしくなかっただけ。

ワイドを押さえない代わりにいさぎよく馬連で。

だから複勝が押さえ馬券。もっともっと確実に、とリスクを背負って

11が来なかったらどうするかね。

3、4着馬があまりに完璧なので復調の予感。

まだ油断はできないが、ここで15が来たことを覚えておいて、

中山最終は、

160124nak12

こうやって断念。5は切っちゃダメ、ということになる。

学習してるから。

160124kyo10

京都10R。ここもそう。軸が3着になってしまうときのために

ワイドでなく三連複へシフト。なぜなら10は切れると見たから。

間違いだったけど、何でも手広くいけないときのふんぎり。

誰でも早くゴールしたいし、走ってでもしたいけど、

急ぐあまり道に迷って到着時間が読めなくなっては元も子もない。

東京駅から田端へ行くのに、急ぐからって東北新幹線に乗る奴はいないでしょう。

方角は合っているけど、停車駅は誰だって確認する。

2016年1月24日 (日)

★すべてにおいて単一の公式では読み解けません★例外を知る…

残念ながら、勝手に進むのであしからず。

言いたいことは、どんなメソッドでも、現状に対してのアジャストの検証が

必要、ということです。

リフレッシュ・フィルター…命名してからまだ半月程度ですが、

やっぱり進化が求められています。

日曜、中山5R、典型的な「炸裂」でした。

リフレッシュ・フィルターにも相対的な順位があること。

この傾向に逆行する厩舎もあるということ。

この2点は重要です。

中山5Rは馬連的中。

優先出走権を持っていて、前走のタイムもしっかりあって、

上位人気になっていて、飛ぶのがケイバなわけです。

何事も意識して「不適応」なパターンを見抜くことですな。

京都10Rでは、そこを読み誤って三連複41倍を取り逃がし。

2着馬はリフレッシュ度合いが低いので消し。

違いましたね。

あの名伯楽の系譜はハンドメイド重視ですもんね。

だから、最大勢力と多少距離をとっているわけです。

★こんな重要な「馬券術」なのに…★読み取れるのはほんのひと握り

久々にBB団の話だけど、

坂本さんも大下さんもちゃんとしたオトナなので、

全部は理解していないにしても、となりで同じ空気を吸っている時間のぶんだけ、

それなりに自分(ブログ主)のことを理解しているように見える。

きょうも高倉の16人気(単勝万馬券)のウマが1着で入ったとき、

「オッズに出ていなくはない」とオッズを書きこんだ優馬を見せたら、

大下さんは本当だ、と返してきた。

でも高倉のウマは自分が買いたい穴馬の6頭め。

しかも穴馬だけの5頭BOXは嫌なので、1頭だけ人気サイド(2人気ウマ、結果は2着)

を入れたので、オッズに出ようがどうしようが、高倉のウマを狙う発想は

発生しない。

でも、自分が言いたいのは「激走馬を見つけようとする努力の積み重ね」

実際激走しない激走期待馬を買っているから、その6番目まで手が届かないだけ、と

知れば、今後の可能性はゼロじゃない。

大下さんの言う、「ここで来ちゃったら、次では来ないかも」

これも大切なバランス感覚なんだけど、その前にその騎手、そのウマが来るべき流れか

どうか。

3つ続けて来るケースだってあるし。

ちなみに1月に入っての競馬、A馬主(グループ)とB騎手、C騎手に注目、と

言い続けている。そしてきょうもその方針で馬券をいくつも獲った、

言い続けている相手は大下さんだし、坂本さんだし9時20分開場のの列を待っている

常連さんたち。

「ほんとうだ、あんたの言う通りだ」と誰も言わないのは、やっぱりポンコツだから

なんでしょうな。

継続して俯瞰し続けると何が見えるか。

そのサマリーを誰も聞いていなくても、9時15分ぐらいに開場の列の中で

語っているんだよね。そのうち有料にするか(笑)

★油断している自分にすら気づかないのは…★次のレベルへ早く来ましょうか

実は。

実は、「あ、そうか」と合点してから、

完全にその論理を自分のモノにするまでのスピードがその人の能力。

たぶん20歳前後ではそのテクニックは備わっていない。

もちろんベテランでもポンコツは大勢いるから、年齢の問題でもないんだけど。

いま、背後で一生懸命、仕事をしている彼。

ここで「なかなかセンスがいい」と書いたあとに、

「キミのこと、ブログにもう書いたから、読んでごらん」と告げたら

「ほんとうですね」と返事が返ってきた。

でも、そこまで。

金曜の夜に「これから予習があるんだ」と言ったら

「何か明日、大きいレースありましたっけ?」

うん。ブログを読んでいないに等しい。

一瞬でそれがバレる。

だって、こんなマニアックな競馬ブログ、ついていけないもの。

って、ことは必要じゃないのに、出合っている人も多いんでしょう。

全部全部一段一段の積み重ね。

例えば100段あるとしたら、積んだ側は、そこは29段めで、そこは56段めあたり、

とカウントできるんだけど、

受け取る側は100段も実感しないし、どのあたりかも皆目わからないと来る。

個人個人で積むしかないし、ブログ主が積んだものと比較することも

必要ないと思う。

ときどき、その高さから見える風景を比較し合う程度で、休まなければ

十分進めると思うけど。

★自動的中様様の1日13的中★それが最終の長打に直結!

もうきょうはわかりやすさを排除して、

理解不能でも気にせず、書いていきたい。

これを「意味不明」と感じつつも、感覚として捉える頭脳がある人だけ

伝わればいい。もしもそれがゼロでも全然OK。

さて、自動的中。

特定のオッズ(特定オッズ)の場合の的中手法のこと。

どの部分のオッズを見て判断するかは、ヒミツだけど、

すでに概念はここに書いているので、賢明ならわかる。

特定オッズの自動的中は一定の確率で、存在している。

問題はその的中で回収できるか、だ。

たとえば今日1/24の馬券も23レースで11的中。トリガミはなし。

それでも最後の12レースで2的中しかできず、その内容が悪いと、前半の貯金を

きれいに使い果たす。

その前に、切り上げとけ、ということ。

前半の未勝利戦はほんとうに簡単で安い配当が多い。

けさの中京1Rのように「あってはいけないアクシデント」が起こるのもケイバだけど、

浜中の乗り替わりはまあ、相当走ってくれたじゃない?

でも後半もその調子で買っていると、当たってこない。

そういう「設定」になっているもの。

ポンコツさんたちは、「的中しにくい」レースを必死に考え、

「的中しやすい」レースで大振り。

終いには「枠連にしよう」とか言って、最低限あるはずの回収額さえ

放棄するわけだ。

当たるべくして当たるレースを着々当てることで、購入者のメンタルは安定して

いくと思うんだけど、その経験値もない方々はそこもわからない。

どこからわからないのか、すらわからない。

だから、自分のように中京最終で万馬券で大逆転!とか喜ぶと

確実に引く。

遠いよなあ。

とにかくきょうは窮地に陥っていたので、馬単のS4、S5打法すら実行できず。

馬単+単勝が実行できないということは馬連で回収率200~300%のラインで

買っているということ。3レースに1レースの的中では資金が目減りするということね。

でもさ。

これもかなり前に書いたけど、

高田夫妻打法で回収率100%切りを確信して買い続けていくと、

1レース当たりの購入単価を回復することができるんですな。

馬連100円を4点で11倍でも、メンタルの足しにはなるんですな。

それにしても1レース購入単価が300円を切った段階から、の回復は

クセになる。

おっとそれはダメだ。回復が必要な状況になっていては

いけないんだからね。

2015年12月24日 (木)

★普段から心掛けてたら読めるはず★ま、オッズ見ない奴が大半か

きのう書いた、中山の集中的中を、

マジか、嘘だろ、と思った人がいたら。

オッズパターンを解析すれば、そこへたどりつくってだけの話。

とにかく何度も言うけど、このパターンが続いた(成立した)ことが問題。

パターンが出てもその何割かしか来ないものだよ、ケイバは。

概念図はこうなる。大サービス。

Odds_p

Aパターンのように人気が均等にバラけていることはないんだわ。

見たことがない。そんで、どこにギャップが出ているか。

S5(V4)というのは、ほぼDのパターンを指す。

中山4レースのボウマンは発走5分までにはブルーの位置、単4人気に

いたんだわ。その後、単勝オッズはイッキに固まって、結果ボウマンのウマ、

古賀厩舎は6.何倍で2人気で終了。古賀厩舎でノーザンだからね。

そりゃ今のポジションならやってくるでしょう。ほかに美浦は木村厩舎とか?

Dパターンで5人気→4人気で決まると馬単はでかくなる。わかるでしょ。

でも1人気→4人気で決まると軸が当たっていてもショボン。

しっかり回収するには厳密な資金配分が必要。

たとえばBパターンで1人気→2人気で決まっても安い。

じゃあ、と三連馬券にしたときに3人気以下のドレが来ても驚けない。

このオッズパターンで過剰に期待されるのが3人気ウマ。

Dパターンのように見えてFパターンのように第二グループができている場合もある。

その場合は

1→(2、3、4)→(5、6、7)てな三連複フォーメーションにするのが、ありがち。

もちろんパターンはこれだけでなく臨機応変に対応が迫られる。

イメージとして、これを単勝オッズで書いたけど?

複勝、馬連、三連単でくっつき離れが違うし、時間の経過によって、

位置は動く。

それがいわゆる集中投票、時系列なわけよ。

集中投票だけで判明しない「勝負ウマ」を見抜かないと的中がおぼつかないので、

ここ1年でだいぶシェイプアップしてきた。

ところが1日4回Dパターンが出て、そのうち2回が成立、で

全体の収支をプラスにするのは難しいということ。

これらのパターンに属さない、きょう一番のハイライト!なオッズが

いちばんおいしいんだよね。

ま、なかなかそれは出ませんわ。

出てもその通り成立するかはわからない。

オツウのときのように、その激走馬が人気サイドを連れてくるか、

穴馬を連れてくるかで全然買い方は違う。

もちろんお金持ちは総流しで済む。

貧乏人はそうはいかん、ちゅうことね。

わかりましたでしょうか。

先週日曜の中山はワンパターンすぎて異常だった、と言えますな。

冬の中山はわりとコレが出やすいし、

優秀な勝負厩舎が想定を読み切れていればいるほど、こんなオッズが

出現するんだけどね。

★この記事があんまり人気になりすぎたら不利益をこうむるので後日削除します★

2015年11月24日 (火)

★結局はJRA&出走側の意図読み★決め手は短期放牧!

録画しつつ、さほど真剣には予想を聞いていないけど、

やっぱりCSフジ「競馬予想TV」はありがたい存在。

こういう利用のしかたしてるってレア、かもね。

そういえば、今週は市丸氏のこういうフレーズがひっかかった。

これまでもたびたび聞いたフレーズだけど、

「1人気が本命なので、そこまで相手を広げられない」

Targetユーザーで合成オッズを熟知している彼がこの発言は実に奇怪。

番組的にかっこよく当てる、は目指すところだろうが、

回収率の低いレースは、金額を多く張るしかないでしょう。

じゃあリスクは?

その前に、回収率がどのへんか「読まないと」

いや、読んでいても番組で言わない、だけだよね、そこが重要なところ。

これって予想記者がありふれた◎じゃ目立たないから、わざと1人気を○にして、

ほかに◎を打つ、テクといっしょだもん。

どうでもいいよ、◎も○も。あとから見栄に利用するだけで、シルシがなくても、その

買い目が押さえられていれば、競馬は勝てる。

もはや、この領域を攻めないと、馬券成績は上がっていかない。

ヒントは高田夫妻の高的中率馬券(結局は間違いなくマイナス)。

本当に回収率を考えるなら、打ち分けないとだめでしょう。

だから今週のマイルCSは当てても自慢にならない。したいけど。

ということで、最近買い目の合成オッズがかなり低いブログ主なのでした。

その代わり、適切に的中を拾って、3日間で25レース的中なのだとね。

というわけで、

ムーアのエイシンアロンジーを軽視できたことは自信になった。マジで。

少頭数でこそ。古馬戦はね。

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31