フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

日記・コラム・つぶやき

2017年1月14日 (土)

やっぱり3場開催はお宝ザックザク!!

(いやあ久々の更新で失礼…)

お正月の2場開催が終わり、中京が始まりましたね。

雪が降って、レースしているほうはとても大変そうだけど、

予定の勝負はこなさなきゃなんないっつーか、

日曜が開催できるかどうかは確約できないので、

皆さん、やるからには必死…。

おかげで素敵な馬券がいろいろ当たりました。

中京だけでなく。

何もないときの過ごし方は課題だけど、

何かあればしっかり獲る、体制は重要だからねえ。

中京のオススメ騎手、田辺と北村友一。

今週の狙い・方針ズバリでした。

いやあ中京10Rはすごい競馬でしたよ。

まあ、くわしくは別館で。

それにしても明日のケイバ、大丈夫なんでしょうか。

 

2016年12月19日 (月)

デキレースもここまで来れば見事というしかないね!

それにしてもムダな馬券を買わされるようになっている…。

そこはわかっているのに、心配になって慎重になって、

違う買い目も押さえてしまう…。

まあ、それで当たらないよりはましなんだけどな…。

馬連54倍を獲るのにこんなに苦労してはいけないね。

それにしても、同系馬主4頭で逃げて差して、

勝たせたい馬を1着にする。

いわゆるレースの私物化だけど、これが成立するのがケイバ。

年に何回もないけどね。

これだけの大物だと、周囲はつい指をくわえて見てしまうということだ。

それにしても○調教師が、あと1勝できないのを

イラついていたのは自分だけではなかったというわけだ(笑)

でもって馬連54倍つくように仕込むのだから、

ヤリ、仕掛けも含めてオッズ形成も巧みだったということだよな。

あまりに鮮やかすぎてこの後のもう1本をついスルーしてしまい、

結局がっかり。

油断も隙もありゃしない。

この内容が「だよな」とならない人は、別館の有料コンテンツで

詳しく読んでくださいな。

今週も奮闘の割にはイマイチ感。

終わり方、だね。

2016年12月11日 (日)

必勝の極意は人それぞれ、かあ…ホントかね?

いやあ、更新しなくなりましたね。

まあ安定しているからその必要もないんですが。

一昨日知り合いに久々に「JCどうだった?」と聞かれました。

JC?前の前の週ですけど…。

競馬が好きなんですねえ。

キタサンブラック、有馬記念だよね?

そうですけど。

サブちゃん、G1をいくつも勝つね。

きっと競馬の話をする友人があまりいないのでしょう。

自分もそういう時期がありました。

「なに?全レース買うの?」

「お金がもたないじゃない?」

それは負ける前提です。

全レース買う「気」でいないと、プロじゃないから、

成績はよけい悪くなるんです。

投資というコトバは大嫌いですけど、

発想は似ているよねえ。

当てるだけのレースと、食い止めるレースと回収期待のレース。

それが最初から区別できたら、もっと回収率は上がるんだけど、

オッズを見てみないと確信が持てませんがね。

オッズ分布を見ないと攻め方は決まらない。

買う気になってオッズを見極め、全然買わない

がなかなか難しい。

徐々に買わないレース、増えてますけどねえ。

最近やっと気づいたのは

オッズがうごめくレースとシーンとしているレース。

そこそこに動いたほうが買いやすい。

これが勝負レースの見極めなんでしょうね。

買うときはできるだけしっかり。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

161210chukyo08

土曜12/10の中京8Rで確信をもって8人気ウマから買う。

惜しくも3着で複勝390円のみ。2着ならよかったのにね。

予期しているから狙えるんですが、毎回こうならないのがケイバだわね。

しかも1・2人気がやってきて三連複もつきません。

ワイドも買えるほど相手が見えていたら、また買い方も違うんですが、

攻めたから馬連となるのは展開のあやですな。

2016年11月13日 (日)

土曜のケイバと日曜のケイバ。

だいたいにおいて。

だいたいにおいてですね、土曜日に「調子よかった!」と

書いて、日曜日、いい終わり方はしないのですよ。

いちばん劇的なのは、

土曜にマイナスがあっても、日曜の最終で万馬券で大逆転!

これ以上減らすことなく土日を終われるから。

でも自分がもっとも理想的だと思うのが、

土曜にプラスを作っておいて、日曜はそのプラスを減らさずに何となく打っていく。

攻めるべきレースは攻め、そうでないレースはSPECオッズでお茶を濁して

的中を稼ぐ。おいでおいで打法。

日曜1日馬券を勝ってなんも増えてなくても、なんも減ってない。

これがいちばん気楽。先行逃げ切り。

最悪でも土曜のプラスの半分には減らさない。

ただ集中力と気合はその日その日で違うので。

特に土曜の朝、集中して準備したら、日曜の朝は緩んで始まるので。

特にきょうのように1R・2Rで福島→東京の5分間隔が2回もあると、

雑に買って、無意味に不的中というケースもある。

オッズ読み、決断、馬券購入のテンポとの戦い。

そして昨日は東京競馬場が9回的中。

きょうは京都ばっかり6回的中。

勝負は京都に仕込まれている確率が低いのに、

狙った競馬場は思うように当たらない。

まあまあすべては慣れ。

めげずに冷静に読むと、なんとかならないこともない。

わかっていて締め切りを忘れた東京2Rは無理せず、ケン。

最終的には日曜も10レース的中で土日で購入69レースの23レース的中。

土曜のプラスは2000円ほど減らして来週へ。

これが勝ちパターン以外の何物でもないということです。

ただし、土曜にプラスが作れない週もある。

土日揃ってマイナスの週もある。

そこでどう力むか力まないか。

勝負をしている関係者にどうノルかノらないか。

川須騎手のパフォーマンスをよく見極めましょう。

黛騎手の、津村騎手の「惜しい」騎乗をしっかり

見ましょうよ。

それはそれ。

この野郎、ヘタクソ!を熱くなっても何もいいことはないということです。

え?そもそもそんな騎手狙ってない?

じゃあ、おいしい的中にはありつけないからご安心を。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年10月16日 (日)

当たるって何がどう当たっているかが肝心。誰?1人気から買う人…

気持ちは裏腹。

読み通り当たるのは面白いに決まってる。

問題は的中数じゃなく収支。買い方の改善、でしょう。

困ったもんで。

1分前投票が済んで、最終の1回前のオッズの合成値が下がったときの

うれしさ!

合成オッズ2.0が1.8になってもそうでもないが、

もし合成オッズ12.0で買っていてこれが10.5になったりしたら、

どんな凄い馬券が当たるのだろう?とワクワク。

たまりません。

それにしてもきょうの新潟最終みたいに、

馬連BOXの合成オッズがぐっと下がって、

いちばん肝心なウマの複勝が当たって(1着)

相手を拾いそこなう=つまり複勝だけ的中…

せっかくヤリを見抜いたのに。

そういうこともまああるあるなわけか。

究極の「ヤリをオッズで見抜くための想定マップ」が、

あの「狙い目・方針」だって気づいていた人は何人いるでしょうか?

ってね。

まあそのヤリが想像を超えていて、自分でも拾えないのはつらいとこだが、

そういう「悪徳」グループを知ることは、いざというときに頼りになるんです。

言っていることはきっとわからないと思うけど、

「仕込む人たち」をあらかじめ予想しているわけですわ、「狙い目・方針」って。

で、仕込みそうに見えて善良な方々もいらっしゃるし、

そのつもりだったのにしくじる人たちもいらっしゃる。

ケイバってそこを見るんですよ。

ひたすら見る目を養うのみ。

あとは獲らなくていいレースでいかに無理をしないか。

秋華賞、みたいにね。

押したり引いたり、3場のほうが機微がよく見えるというのは確かです。

くわしくはあっちのブログで。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

当たっても当たっても儲からないのではなんもおもろない

だいたいにおいて2場開催から3場開催の変わり目は、

多少は戸惑うものだけど、回を重ねるたびにアジャストは早くなってる。

ここんとこ「準備」は最低限しかしないんだが、結果はそんなに変わらない。

準備が足りないからミスを誘発した、と動揺するから準備を丁寧にするだけで…。

これって、激走馬の見破りと馬券術がそこそこリンクしているから、

大ごとになってないのだと思うわけで。

それにしても馬券上も「脚を余す」ってあるんだね。

単に2着に来てほしいウマが3着どまりとか、3着に来てほしいウマが4着どまりとか、

そういうケースばかりを言っているわけじゃない。

わかっていてハズしている=ハズしてもしょうがないと割り切って買っている

もちろんハズしてもかまわない→もし来たらでかい

なんて考えて三連単を買っているわけじゃあないからね。

きょうの秋華賞の馬券なんて、「自分、何やってんの?」ぐらいのくだらない買い目。

そりゃあ当たるけど、なんも儲からない買い方。

でも大事なのは「そこ」を見切ることなんだよね。

見切ってさらに欲張ってリターンをゼロにすることはない。

その微妙な「当たらなくてもいい」「とりあえず当たってほしい」「ここで回収する」

そのバランスの上で収支が成り立っている。

つまり、裏目が続いて崩れない買い方。

わかっていて狙ったり狙わなかったりの道を外さない買い方。

でも、これうまく立ち回らないと結局微妙に資金が減るんだよね。

控除率があるから。

まあ、大局観として読み通りかどうかが重要だけど。

そういえば今朝、久々にKドライバーに道で出会った。

秋華賞は?と聞くので、「まだわからない」」といつものように答えた。

オッズ見ないとさ。

で言ったのは「ディープインパクト産駒が勝つんだからそれだけは言える」と断言。

ま、自分の本線はディープ産駒馬単?BOXだったので、

勝ち馬の単勝で元返し。

でも、世の流れはそうなんだわな。

菊花賞の面白い?情報は別館のPW記事でね。

今週こそ、次のクールへ進むつもり。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年10月10日 (月)

【今週の狙い・方針】日曜も13本的中!土日で複勝率48%キープ

遠巻きに見ている人、いるんでしょ?(笑)

3日間開催で何が違うのか。

いろいろありますが○○○○ジョッキー馬券術が

あまり利かない。

そこで狙い目は減る。それで複勝率がアップする。

いいことです。

日曜はルメールから5鞍ピックアップして、3-2-0-0

でも正直なところ、数字稼ぎですよ(笑)。

思ったほど馬券に利かない。

でも知っているとやたらに人気に逆らうことをしなくてもすむ、

とも言います。

狙い目だけじゃなく方針でもあるので、

どう馬券に活かすかは多彩です。

というわけで土日いい率できていますが、

日曜は「効き」が少々よくありませんでした。

レースの有利不利、組み合わせ…

でも平均値を上げることを意識しておくことが重要です。

3日目はどうなることやら。

でも目標は常に複勝率30%!

5人気以下の穴激走6本。

多くを望むことは必要ないと思います。

72レースで40本当てたことはないので、

まあそこに迫りたいとは思うのですが。

土日で27本なので…無理でしょうね(笑)

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年10月 3日 (月)

【凱旋門賞売上】予想以上かもしれないし、これが限界かもしれない

とりあえず、速報するか。

凱旋門賞の馬券発売、自分が思ったよりは売上ありましたね。

41億円。

函館競馬場に開門前から並んでいるお父さんたちには関係ありませんが。

PAT馬券師の威力、現状はこのぐらい。

阪神JFの半分ぐらいの売り上げ。

マカヒキが出てこれ、ということはシステム投資に対して

今後見合う結果になるかは、まだわからんね。

日本から有力馬が出る海外G1だけ、売るか。

年に何回ありますかね。

最初がいちばん売り上げがあった…。

みたいなことになりませんよう。

まあ、いろんなことで勉強になった週末。

また来週も頑張ります。

あ、馬券を頑張るのはやめたんだった。

ブログは頑張ります。

できるだけ。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年9月26日 (月)

施設そのものもポンコツ度を増す?函館競馬場…

最近気になる函館競馬場のささいな事。

この事業所ってサービスレベルが向上することってないのね。

ひとつは夏スパイの件。

誰も気づいていないとでも思っているのかね。

私服で場内に係員を忍ばせているのは、

悪い奴をとっつかまえるためでしょう。

未成年の補導対策?

耳にイヤホン突っ込んでケイバしているふり。

もうねfishlightsぐらいになると、こいつギャンブルしてない挙動不審だな、って

わかります。

夏スパイの業務が終われば、どこかに秋スパイがいるはずなので、

機会を見て捜索しましょう。

それと場内アナウンス。

かつて武士沢と読めなくて「ふじさわ」と読んでいたバイトの場内アナウンスが、

パートで途中で帰るらしく午後3時過ぎになると、やけにテンションの低い声に

変わります。

これさ、売り上げに響くと思うよ。まさにこの声にせかされたら、

馬券が当たらないレベルの聞いたことのないテンションの低いアナウンス。

まもなく締め切りです。

こんな些末な部分に予算をけちる(予算をかける)そんな日本一、

ホスピタリティの低い競馬場が函館競馬場です。

そう、ポンコツの巣窟なので、観光のついでにお寄りの際は、

心して毒を食らわぬようご注意召されよ。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年9月25日 (日)

オッズ読みというよりはオッズ予測だったりしてね。もう究極…

最近別館のほうでは

SPECオッズ馬券術の話ばっかりしているけど、

いちばん大事なのはオッズの動きだからね。

函館場外の現場を見ていると、ポンコツレベルがひどすぎて、

自分がここで書いている内容があまりにかけ離れているので、

きっと言いたいことが伝わってないのでは?

と思うんだけど。

ブログの読者は、現場のポンコツお爺ちゃんズとはレベル差があると

信じているんだけど、どうも最近PVも枯れてきていて、話の中心を

どこに置けばいいのか、困惑している。

結局、書くほうも読むほうも何がわからないのかわからない状態が最悪なので。

お互いつまんないし。

強調しておきたいのは

オッズ打法がちゃんとハマったとき、

馬たちがゴールする前に、安心できるってこと。

これは実際にリアルタイムでやってないと実感しないと

思うけど、レースがスタートして向こう正面あたりで

「まあ正解だったな、獲ったな」と確信できるのが

快感!

だから以前より、となりのBB団坂本さんに「○○買った? 来るみたいよ」

と言葉責め、楽しんでます。

いぢめだ(笑)

だいたいまあそうやって5~10人気のウマの名前をあげて3割以上は

来てるからね。

あとはそのオッズ判別が間に合って、自分の馬券に反映したかどうか。

ま、その前にオッズが読めてることが重要なんで、

締め切り1分を切って「ヤリ馬券」を仕込む関係者がいるなら、

そっちのほうが上手だから。

でも、それを何回もヤられると、事前に、オッズが動く前に「読む」わけね。

まあまあ楽しいイタチごっこ。

皆さんもスキルみがいてぜひどうぞ。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31