フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

ギャンブル

2011年7月 2日 (土)

★声にならない悲鳴★最終障害で落馬→メジロラフィキ

うーん、あんまり真剣に買う気はなかったんだけど、中山グランドジャンプ。

オッズ的にはメジロラフィキがぐいっと入っていたので、とりあえずここの複勝を500円。

で、相手も1頭とっとこうと流れが向いている柴田大知のマイネルネオスへワイド200円。

おちょくり馬券にしては豪華すぎ。

で、直線を向いて最終障害、

メジロラフィキなんとか持ちこたえて先頭をキープ、マイネスネオスが4番手から3番手に。

間にベテラン、メルシーエイタイム。

さあ、この障害だけクリアすれば、この馬券が2点とも外れるはずがない!

と思ったが、名手五十嵐をして、メジロラフィキ、最終障害飛越後の無事着地できる

体力が残っておらず、豪快に転倒、落馬。

なんか言っては申し訳ないけど「メジロ牧場」悲しすぎ。

結局柴田大知、障害G1制覇!なわけだけど、勝負に行かないにしろ、

馬と騎手は断然勝負に行っていた。あまりに残酷な結末。どこからここまで狂ってしまったのだろうか。

不的中はいいけど、ほんとに見ていてつらいレースになってしまいました。

2011年5月15日 (日)

★競馬場での集中力★ラジオ、どう活用します?

競馬開催場で馬券を買う場合、実況が聞こえる範囲は限定されている。

特に主場での指定席の場合、裏開催はせいぜいデスク上の小さいモニターの画面しかない。

まずはこれにイヤホンジャックがついていればいいのにね。

で、よく短波ラジオを持ち歩いている競馬ファンを見かけるが、自分はPC派なので

昨今ラジコのサイトでインターネットラジオが聴けるため、短波ラジオ購入の必要性は

とりあえずない。

ただ中継画像が入手できないときはラジオ(音声)があることにこしたことはない。

しかし、常に音声を傍らにおいているとその場の空気を遮断してしまうことになるような

気がする。特に自分の場合、オッズの動き(チェック作業)に神経を集中しているので、

どうも音声に気をとられるとよくない。慣れ、なのか?

グリーンCHもパドック解説をされるとついそれに引っ張られるので、そういうのに

知らず知らず頼ってしまう弊害もある。

とりあえず自分にとって(インターネット)ラジオは緊急用程度の存在。

馬券購入のための情報が少ない人、レースを肉眼でよく見れない人はラジオで

補足してもらうのもあり、かもしれないが。。。

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31