フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« 「有馬記念」の朝@函館競馬場(3) | トップページ | 「有馬記念」の一日@函館競馬場 »

2015年12月28日 (月)

「有馬記念」の朝@函館競馬場(4)

不当な取り調べを受ける心境が理解できた翌週のこの「有馬記念事件」

競馬場施設内でちゃんと職員が配置され、監視カメラで入場時の混乱を

客観的に判断し、開門前の人数が何人以上で規制入場もしくは整理券配布などの

対策を講じるつもりがあるのなら、順当な対応である。

これまでのところ、そのような気配は一切なく、

ポチ袋の開門10分前配布、プライドの高さを示す厳冬時のコート着用拒絶である。

どう考えても職員個々の判断ではないからね。スーツ組は。

仕事に対する姿勢が間接的によくわかる。

もちろんひとりひとりの目を見て「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」は

依然として言えない。(特定の個人客を意識しないことが公平と教えられているようです)

もちろんそんなことは期待していないけど。

警備担当は入場の安全を確保するよりも、意図のわからない誰かのクレームに対して

の対応に重きを置くのだ、と感じている。入場時の混乱回避と不愉快なシャッター音が

同列に解決すべき問題ならば、今後行動で示せばいいだけだ。

最終レースが終わり、その警備担当の姿があったので、わざわざ近寄って、

自分はこう告げた。

「入場時の混乱をちゃんと把握したほうがいいですよ。相変わらずとても危険です。対策を講じるように要望します」

彼は、ニコリともせずに「わかりました」と返答した。

個人攻撃をするつもりはないけれど、今回のコトをJRAの体質と断ずるのは簡単だ。

でも正確には組織の体質→そういった資質を備えた人間の配置、

であることを肝に銘じておかねばなるまい。

« 「有馬記念」の朝@函館競馬場(3) | トップページ | 「有馬記念」の一日@函館競馬場 »

JRAにモノ申す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/62955356

この記事へのトラックバック一覧です: 「有馬記念」の朝@函館競馬場(4):

« 「有馬記念」の朝@函館競馬場(3) | トップページ | 「有馬記念」の一日@函館競馬場 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31