フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

★いかにミスを自覚してリセット&修正するか★それもハッピーエンドへの重要なカギ

さてと。

人間、いろんなミスをするわけである。

見落としや判断ミス。そのほか。

しないほうがいいけれど、する。絶対する!

自分がよくどういうミスをするのかの自覚がまずだいじ。

それでミスが減るか、と言えばわからないが、自覚しないよりましだろう。

穴馬発見についてのポイントは見落としをしないこと。

ただそれと表裏一体なものとして、心配しすぎて来ない馬をたくさん買う

という現象も起こる。

来る馬だけ買え。

怪しいと思ったら買え。

この両立がすべてと言ってもいい。

(しっかり決断せずに、来ると思ったてたのに…と言うだけの奴は真性ポンコツですよ)

で、この馬券。11/28の京都5R。

どうだ、参ったか!と思ったのだが。。。

151128kyo05

これ欠点が2か所。すぐわかるようだったら上級者だね。

って、簡単なことなんだけど、

1.来ない穴馬を買っている。

…でも、この狙い、JCへの伏線ですがいかがでしょうか?

2.資金配分間違い

…1.があって2.が起こっている。で、人気馬とのワイドを買い、来ないと

複勝がハネる、来たらワイド「も」当たるにしたつもり。

つもりだった。

事実複勝4.4倍は7.5倍へハネた。

でも、ルメールがヘタレだったのでワイドが外れた。

資金配分のミスにより、ワイド不的中のマイナス分が、ハネた分を上回った。

ここ、だよね!

やったと思ったのにね。

ワイド不的中分を想定したら、複勝購入額とワイドがこの比率ではダメでしょう。

複勝をもう400円ぐらい買ってないと。

最初に池添のショウナンが怪しいと気づいた時点で、こういうミスへと誘導されていく。

区分は資金配分のミス。

2例め。

これは単純。時間との戦いに負けたミス。

151129kyo01

特定S5で怪しいと思ったのが康太のウマ。同じく怪しいと思ったのが

アッゼニのウマ。じゃあこっちは特定V4の軸(にしたつもり)

どっちも伸びてきて藤岡弟が2着。これでS5の馬単36倍的中。

つづいて3着にも上位ゾーンのウマが差してきて三連複も当たっているはずだった。

40倍が当たっているはずだった。ナント7番じゃなく9番から買っていました。

朝イチで、まだ集中力がカンペキじゃないのかね?

く~っ。何のための二重の特定オッズ縛りやねん。

ダブル的中なのに。

でも、こういう単純ミスから、立ち直っていくのがこの日の課題。

すぐに切り替えられるかがポイント。ということで、京都2Rでも単勝的中で、

いつものペースに戻りましたけど、ヒヤっとしました、朝イチの「不注意」

★馬券をどう獲るか…★その模索は上級者も同じでしょ

的中馬券にも数多くの教訓がある。

ボンクラ&ギャンブル脳は

的中、不的中のいずれの馬券からも教訓を得ることができないので、

向上しない。

そんだけの話でしょ。

これが2週連続のG1的中となった、ジャパンカップの買い目。

確かマイルCSでがフィエロの1.5倍の複勝を4000円買って自己嫌悪だったんだが、

購入合計金額がさらに上昇していることに今回はまたも自己嫌悪。

151129tyo11

あっさり馬連万馬券なんだけど、単に「こういうこともあるさ」だよね。

注意深く見ると合成オッズは1.38で、レース回収率が304.8%だから、

厚めに配分した買い目でうまく的中したことがわかる。

早い話が馬連で的中を担保したために、合成オッズが下がった。

もしくは回収率を上げたくて三連複を乗っけたことで、合成オッズが下がった、ということ。

ショウナンパンドラの1軸マルチ三連単で都合よく高めを引くことだけ考えているのと

リスク差を考えるといい。

ねえみなさん、

考えないんだろうけど。

もちろん、ゴールドシップは1円もいらない、やっぱり外国馬は買わない、という

大きな方針もショウナン厚めの判断とともに正確でした。

だって秋天で複勝勝負で4着に泣いたわけだからね。

ここで、JCで勝負を意識している陣営と、ふだんどおりにやっている陣営を

直前の坂路調教で見極め。この微差も大きい。

ここで「ふだん通り系」の2頭がワンツーだから、これはオイシイ。

でも最大の問題はここで、つまり週末71レースの70レースめで

「行かなきゃいけない」状況だ。

JC買わなくてもプラス確定なら、どんな買い目になっていたろうか。

ちなみに直前オッズでゴールドシップの複勝が伸びていたのには「笑った」けど、

ショウナンの複勝もラスト数分で買いこまれていたね。

わかる人にはわかる。複勝1本220円じゃなく、304%回収をまとめられたことは

ヨシとしないと。

でも、ラブリーデイが差していたほうが、もっと回収できたのは配分の難しさ、

だよなあ…・。

★晩秋の京都遠征終了★京都だけで8レースも当たれば幸せ、か?

京都遠征終了。午後5時をもって観光モードに入っております(笑)

馬券成績は合格!とは胸を張って言えないけど、

2週連続でG1も仕留めたことだし、まだ伸びしろがある、と思ってないと

やってられんな。

それにしても「確信を持つ」ってことは怖いのね。

のちほどJCの買い目を公開しますが、これでどこまでレートを上げられるのか、と。

久々によく練った買い目だと思っていたけど、

それでこれか、と。

ハズさない、とカンペキを期するとこうなるのがケイバか。

そこはショウナンパンドラ複勝1点勝負と比較するわけだな。

京都競馬場自体には別に期待はなくて、

日本の競馬場どこへ行っても同じ、競馬ファンのレベルはこの程度、

という印象だったけど、いちおう証拠写真を出しておきましょう。

151129kyotorc4


151129kyoto_banners

90周年記念で思い出のレースのバナーが9枚。

ベストテン発表なのに9枚。

9位のライスシャワーと10位のテンポイントで1枚。

なんかなあ。中途半端や。

ベストレースなのにNo.1HORSEの表記とか。

ディープインパクトは菊花賞と春天の2回出てきますね。

151129kyotorc3

朝の9時10分到着時点で特Aの後列、DとEのみ売り切れ。

ネット予約席の自分は昨日と同じ席で、この日は右隣におっさんがいました。

左隣のご夫婦は土曜と同じ人たち。

これなかなか面白かった。でも、特Aの特Aたるゆえんは、

151129kyoto_tokua

とにかく席そのものはレースも見にくいし、狭いし。

だけど、その背後に広がるロビー部分が無駄に広い。

馬券が並ばずに買えるとか、そういう問題じゃなくスペースが広すぎ。

日本一じゃね?

スペースは席部分の正味の10倍ぐらいありそう。

午前中は直射日光のせいもあり、ずっとこの白テーブルを確保して、

京都のレースのみ、席で見ていた。

近くの人に言わせれば、発走の瞬間にPCを抱えて着席し、

「よっしゃあああ」と叫んですぐに去っていく、変な人、

に映ったことでしょう(笑)

裏のスペースが広すぎて、フラットベッド状態で熟睡する人がいても、

スリーピーズとは思わないよね。

そこまで「寝る」強い意志があれば、天晴。

なんとなく馬券を買って、当たらなくてつまらなくて眠くなるのが

スリーピーズの定義だからね。

2015年11月29日 (日)

★やっぱり京都競馬場・特Aは感動の場所★ン十年ぶりのシャカシャカ、です

函館で打っていると、

どんなにポンコツなんだ!って思うんだけど、

函館だけじゃないのが、ほんとうに日本の将来は危ういと思うんだよね(笑)

特に京都競馬場の緩み方はすごいね。

いちばん高い特A指定席だから余計に、ということも絶対ある。

土曜日はこんな席。

151128kyotorc1

すげえいい席。五段のいちばん後ろで、ほぼゴール地点ジャスト。

でも、となりは終日空席。

朝イチは直射日光が厳しいので、

ロビーへ出たら、テーブルが空いているので、しばらくはそこで作業。

京都競馬場、こんなに生レース見にくかったっけ?

151128kyotorc2

4角に視線を振ると、ガラスがこんなんだから、歪んでしまって、さっぱり

レースは面白くない。まあまあ叫べたけど。

で、ロビーのテーブルの視線の先の人物。

この人居眠り目的で競馬場に来ている? 視線の先でこれをされると

撮らずにはいられないでしょう。

3枚の時間は10時14分、12時29分、13時49分。

Sleepys151128_1014

Sleepys151128_1239

Sleepys151128_1349

ねえ、何しに来ているんでしょう。

午後イチの京都5Rが始まるころ、牛丼とビールを買ってきて、お食事。

最後の写真はその後のお昼寝タイムかな。

眼鏡をはずして寝る気満々。

どうやら京都のレースしか買っていないようだけど、でもほとんど買っていない。

午後2時を過ぎて自分が居場所を変えたので、撤収状況は不明だけど、

やっぱり自分にはスリーピーズを引き付ける何かが確実にあるね。

だって指定席エリアで1日ですれ違った来場者はせいぜい30、40人ぐらいだから

確率たるや驚異的。で、後ろで年配2人組がテーブルで楽しそうにしているかと

思ったら、90近いおじいさんがシャカシャカ音をさせてる。

シャカシャカって何の音?

151128kyoto_rc_pcl

なんと鉛筆をケズッておられました。カッターで。

そんで床、散らかしている。シャカシャカ。

しまいにゃ連れに

「カッターの刃、錆びとるやんけ」と言われ、

「そうなんよ、替えなきゃあかんのよ」とシャカシャカ。

いいなあ、こういうメンタルの鍛錬のために、京都に来たんだよ。

期待通りです、京都競馬場。

そういや、4年前にこのブログ初期で京都のことを書いたときも

その緩さに驚いていたっけね。

田舎か、ここは!

2015年11月27日 (金)

★今週は久々の京都競馬場だったり★用事があるから今週でなきゃダメなのだ

今週は、寒波で大荒れの北海道・函館を脱出、京都競馬場へ。

え?4年ぶり?

まあそこがメインではないんだけど、G1の週に、G1開催じゃない競馬場へ行くのが

ほんとうに好き。

とにかくこの週しかないんだよね(笑)

BB団はもちろん、K運転手や、函館の新聞売店のおばちゃんにも

「来週はいないから」とちゃんとお断り。

コミュニケーションは大事だよ。

この時期、京都近辺のホテルはエライ混みよう。

日本人だけじゃないので。

そっちの話は競馬じゃないので、ここには書かないけど、

久々の京都、楽しんできたいと思います。

細部に至るまでいつもと同じ、購入環境をしっかり整えて準備中。

★結果を残すためのプロの「努力」★そこを見て馬券を買う、は当然

だから今頃、ということでもあるんだが。

毎月の「最強」誌の購入。

あんまり期待していなくて、最近あんまり真剣に読んでいない。

もったいない。

ブログでも週明けに短期放牧ネタを書いた後で、

(嘘ついていないからな)

鶴田氏人間の条件馬券復活特集を読んでびっくり。

外厩の話。

まさにそこ、でしょう。

言ってるじゃん。JRA-VANの入退情報、月木の週2回じゃとろいって。

日々入退厩しているでしょう、競走馬。

ほんとうは外厩どこ使っているかじゃなく、

どういう人たちが結果を残すか、穴開けるかだからね!

まあおかげで予習時間が長くなって大変だけど。

2015年11月24日 (火)

★ここに気づいている馬券ファンは日本に何人?★ふつうそこまで知ろうとしない

このブログ、

最重要な核心的なことをいきなり言うから

始末に負えない。

毎日コンスタントに更新するのはもうやめたし(笑)

書き手のモチベーションにまかせて、

書きたいときだけ書く。

まあ、個人的なこと、ローカルなどうでもいい話もあるけど。

さて、夏以降ハマっているのが短期放牧読み。

すべてにおいて、事例を多数集めると、これまで見えていなかったものが

突然のように見えてくることがある。

統計っていうやつだな。

Targetに直接乗るデータじゃないので数値で表すことはできないけどね。

さて世にいう短期放牧。5日とか10日とか、単に馬の入れ替えのみの機能の

ものもあるけど、全出走頭数の何割が短期放牧馬だと思います?

あくまで感覚だけど4割近くはそうだね。中長期放牧も含めると4割は超えるんじゃないか。

これ北海道開催で競馬場に滞在して調教効果がないように見せかけて、

そうでないウマをあぶりだすのにだいぶ役だったけど、

この短期放牧馬含有率&分布は

そのレースの性格を読むのにとても役立つ。

人気の中心になっている馬が継続出走なのか、仕上げて狙い撃ちなのか。

実はこれ、2歳戦より古馬戦のほうが、短期放牧率が高い。

そこで狙って出せる陣営は力がある、ということになるね。

昨日で言えば、午後だいぶ疲れたので、東京9Rでこの狙いをしてみた。

151123tyo09

第一穴馬ゾーンの中で○○軍団の中で短期放牧組を軸に選んだ。

単6人気でした。いいレース。直前7人気じゃなかったっけ?

あとは機械的に上位人気へ流すだけ。馬連45倍的中でした。

(ちなみに先の笠井クンの馬券は1人気のムーアから。14着! あくまで結果だけど)

3着が紛れていれば複勝ももう少しついたでしょう。

こういう引き出しも困ったときには役立つ。

すでに紹介した11/22の京都1Rもまさにソレ。

悲しいほどにデキる陣営、ぐだぐだな陣営には差がある。

まあ、でも厩舎とオーナーが頑張って作ったのに、騎手が乗りへぐることも

あるけどね。ベテランのS騎手はもう潮時では???

調子がいいので前につけすぎて、仕掛けのタイミングで後手を踏む、は

ベテランらしからぬ失態。6人気でいいオッズも枠もいいポジションだったのにさ。

9Rのカレンと似たようなオッズポジション。

いずれにしろ、競馬は人。

ちょっと前は「休み明け激走型」「叩き良化型」なんて、厩舎の傾向を読む

馬券術があったけど、いかにいまどきそんなの使えないか、だ。

ちなみにプロディガルサンへの国枝師の思い入れ。放牧に出さないで厩舎で英才教育。

これはいかに特別にこの馬を思っているか、もこのチェックで明らかになるのね。

★結局はJRA&出走側の意図読み★決め手は短期放牧!

録画しつつ、さほど真剣には予想を聞いていないけど、

やっぱりCSフジ「競馬予想TV」はありがたい存在。

こういう利用のしかたしてるってレア、かもね。

そういえば、今週は市丸氏のこういうフレーズがひっかかった。

これまでもたびたび聞いたフレーズだけど、

「1人気が本命なので、そこまで相手を広げられない」

Targetユーザーで合成オッズを熟知している彼がこの発言は実に奇怪。

番組的にかっこよく当てる、は目指すところだろうが、

回収率の低いレースは、金額を多く張るしかないでしょう。

じゃあリスクは?

その前に、回収率がどのへんか「読まないと」

いや、読んでいても番組で言わない、だけだよね、そこが重要なところ。

これって予想記者がありふれた◎じゃ目立たないから、わざと1人気を○にして、

ほかに◎を打つ、テクといっしょだもん。

どうでもいいよ、◎も○も。あとから見栄に利用するだけで、シルシがなくても、その

買い目が押さえられていれば、競馬は勝てる。

もはや、この領域を攻めないと、馬券成績は上がっていかない。

ヒントは高田夫妻の高的中率馬券(結局は間違いなくマイナス)。

本当に回収率を考えるなら、打ち分けないとだめでしょう。

だから今週のマイルCSは当てても自慢にならない。したいけど。

ということで、最近買い目の合成オッズがかなり低いブログ主なのでした。

その代わり、適切に的中を拾って、3日間で25レース的中なのだとね。

というわけで、

ムーアのエイシンアロンジーを軽視できたことは自信になった。マジで。

少頭数でこそ。古馬戦はね。

2015年11月23日 (月)

★ということでうまく当てられても…★勝ち切るのは大変ってね。

そういうわけで本日の5本目にして、ようやく本格的な馬券の面白ネタ。

きょうの京都8レース楽しかったね!

151123kyo08

ちゃんと見抜いているのに、215%の当たりにしか、まとめられない。

マジで泣きたいぞ。まさかさすがに1着で来るとは思わないからさあ。

オッズ派への年末ボーナスがまだ11月だっていうのに出てしまいました。

昔はこういうの週に1回ぐらいはあったけど、最近はこんなわかりやすい激走は

めったに起こらない。背景を考えるとまたいい教訓が得られるよね。

でも、複勝700円しか当たらないとは、超落胆。

でもでも、こういう3日目の日曜日は仕込みやすいんだよね、仕込む側には。

これはどうだ、京都のメイン。ここもさすがに無視できず、

謙虚なつもりでけっこう振った。

151123kyo11

でもって、全然違うところが当たって239%ってすごくね?

10人気に入った午前11時の複勝206万は、スローペースで不発な代わり、

別の穴馬が前残り。

しかも、なぜか馬連まで当ててしまった。

穴馬1、穴馬2の順位を間違えているんだけど、

「どっちも買う」ことで惨敗は回避。

つまり、予想?がハズレてもプラスになるそういう自動的中理論なんだけど、

さあ、どうでしょう。東京のメインも

想定が狂って、

151123tyo11

自信を持って切った武に激走されても、くじけない見事な粘り腰。

東京最終も

151123tyo12

ポテンヒットみたいな、ワイドの押さえ。粘りが足りないから100円しか

買ってないの、か。200円買っておけ、か。

でも、ここでのオススメは1番だったんだけどね。せっかくの内枠生かせず。

10Rの芝の1400も内枠天国だったから、もっと徹底すべきかあ。

まあ、こんだけ結果が足りなければ、十分にポンコツの部類だと思うんだけど。

いかに自分のミスを未然にフォローするかも、技術だと思うのだけど?

★さらにブースト★ポンコツ環境に函館人はなすすべなし

実は昨日のポンコツいちい(お昼の丼屋さん)の話には続きがあって

きょうの500円カレーには肉がひとかけらも入っていなかった。

こんだけ常連的に利用していても、新米厨房係になったとたん、ちゃんと引き継ぎされて

いない。見事な函館レベル。まだコーヒー美鈴のほうがまし。

4年も?通っていてこのありさま。そこいらのポンコツ馬券師レベル。

それは甘んじて受け入れるしかないのは競馬場の出店は利権商売だから。

で、きのうの奥芝商店。

写真撮ってみました。どうでもいいけど。

151123okushiba

151123okushiba2

じゃあ、いつやってんだ、という話。自分が責任者なら、次回は○月○日です、

と開店日を書いておくね。

前回の話では年内は1週を除いて出ます、と言っていたけど。

その除いた1週はア共和国杯の週じゃなかったの?

G1のある週は1週を除いての1週が今週?

「すいません、競馬の日程に疎いもんで」???

温い函館は、誰もそんなことを気にしちゃいない。奥芝商店なんておっさんたちは

あてにしちゃいない。売り上げがあんまりで年内すでに撤退?

というわけで、普通に相手を思いやると

「細かい事言うなよ」と返ってくるのが函館、なわけでした。

そんじゃ来週頑張って!JCの週は行かないから。

★本当は「なに?こいつ」★とさえポンコツには思ってもらえないのが現実

3日間開催の月曜は、G1もないので、

函館場外はまたゆるーい雰囲気に戻っている。

「最前列」が何度も入れ替わる。

そして午後の「そんな」時間にやってくる熟年カップル、

「何しに来たの?」と視点を投げると、「え?」という驚いた表情。

面白いので意地悪をして「よし、また当たった」を連呼してあげる。

いや、本当に当たっているから。「よっしゃ」だから、一応。

すると特に女性のほうが「え~なに、この人」となる。

想定通り。

でも彼女いわく

「券売機にマークカードを入れたら式別を確認ください、って言うの。最初、式別って

なんのことかと思った」

最前列で馬券買うの、10年早いと思うんだよね。

アンドリエッタが消えた、京都のメイン。

「かわいそうだねアンドリエッタ、むちゃくちゃ厳しい包囲網だもん。来れないわ」

聞こえるように言ってあげました。

最後の複勝オッズの失速で確信したから、ねえ。

どうやら、お相手とは教え合いながら馬券を買っていて、さっぱり当たらず。

そんなぱっと来て適当に新聞見て、大儲けできると思っているほうがおめでたい、

というのは、毎週買っているからこそわかることなんだよね。

2場開催で、周囲をあおる余裕があるときが、いちばん幸せ。

あおりのネタすらない日は悲しいから(笑)

★ウルティマ笠井、連日の爆発★彼の「何かしなければ…」は依然不明

まさに「理解できないタイプ」の人間はけっこう多い。

自分もそう言われている?

それは、間違っているけどね。

コミュニケーションを拒否して、独特の行動を取っている人間が

競馬場に多い。

「なんで知らない奴と話さなきゃいけないんだ?」

いやはや、話さないから知らない奴なんですよ。

特におひとり様、はね。

何か自分の欠点をあぶりだして、向上しようとは思わないんだな。

他人との打ち筋の比較を研究しようとは思わない。

まあ、それは現場もネットもいっしょか。

ウルティマ笠井。

いまんところ彼の思考回路が面白くてしょうがない。

理論はぐだぐだでも馬券センスがいい奴っているもんだけど、

それは少しだけ馬券を買うから。

毎レース買って、センスを見せるには、直感じゃなく裏に理論がないと。

今日はその笠井クンが頼っているものが少しだけ見えた。

それは…

それはBB団坂本さんも、一部に隠し持っている弱点要素。

ちなみに自分のバアイはほぼその弱点は持ち合わせていない。

っていうか、その要素を拒否するところから理論がスタートしているからね。

いわゆる、水と油。

だから、自分の正しさをアピールするために頑張るんだけど。

ネタばらしは後回しにして今日の彼の馬券。

東スポ杯2歳Sを岩田から行くのは、かなりわかってないと思うんだよね。

なおかつ適切な情報も持っていない。

単なる3人気なら、2頭抜けのギャップ下狙いは可能なんだけど、牝馬だよ?

それも含めてやみくもに人気に逆らう「だけ」の馬券方針。

来たら大きい。でも、まあめったに来ない。

彼には来たことがある。だから夢を追い続けて現実が見えなくなっていく。

何やら昨日も今日も写メのカシャという音を席でさせていたので、

馬券を撮っていたらしい。

でも、ブログ主が回収している彼のハズレを撮るだけでも、大変だから、

きっと当たり馬券だけ撮っている。

でもって、これが1日5回聞こえたとしよう。それで残留証拠がコレだとしよう。

特定の推測が成り立つはずだ。

151123kasai0

151123kasai1

151123kasai2

まあまあ、1レースあたりの馬券の買い目が多いよね。

何をしたいかわからない。で、1人気を信じているときもあれば、

昨日のようにトウショウギフトとの心中馬券もある。

どういうポリシーなのか。

これね、貴重な彼の買い目構築メモが机に残されていたんだけど、

各紙(新聞など)のシルシを「総合して」判断しているらしいのだ。

おいおい、すべての世間の総合がオッズだろうて。

その通りにならないのがケイバだろうて。

え?ナニ?その世間の総合を「的中する方向にスライド」させる?

何を言っているんでしょうか。

それがわかれば簡単だ。

いろんな意見を総合して「判断」するのは馬券を買う自分。

いかに若干でも的中、もしくは回収に近い「情報」を拾いだすかでしょう。

月曜東京の10R、1人気チョコレートバインからワイド総流し17点中、購入額1700円を

回収できる回目は9通りで、もちろん他の馬券種も買うわけだから、

このワイド総流しが何の頼りになるのか、と。気休めにもならないわな。

そこんところの押さえ方、きょうのブログ主は異常に冴えていたので、

のちほど比較してみるといい。

当たっても大きくマイナス、の馬券を買っている自覚がない=オッズを見ていない

→収支をプラスにできない

でしょ?

たまたま、すごいのが当たったときだけ大勝ち、でしょ?

百歩譲って18頭立ての1人気チョコレードバインが信頼に足るのか?

これは9人気トウショウギフトに16000円突っ込む奴と同じ奴なのか?

はい、その答えはその当たりそうな「誰か」(予想者)に丸々寄りかかっているだけで、

自分のアタマで買い目を抽出していない、ということです。

まあ、彼独自の傾向ではないけど。

自分の立場でソレと言っちゃうと、笠井クン、きわめて哀れなのですが、

ことしの2/22には、すぐ左隣で実際を「見せていた」んだから。

そんなの彼は何も覚えていない。いるはずがない。

それはこうして2日続けてハズカシイ馬券をきれいに席に残してきたばかりか、

思考経過のメモまで置いてくる。

できる奴のノート、できない奴のノート論で言うなら、

できない奴は自分でとった授業ノートをあとで読み返して自分で何を書いたかわからない、

でしょ?

さらには、1レースからハイテンションで買うと、最後は酷い目にあうことを学んでいるので、

序盤は金額を押さえて真剣に獲ろうとして買わない。そして後半に本気を出しては、

どんどん深みにハマる。

こんな使える実例はなかなかないと思うよ。

本命サイドを買えば穴馬が突っ込み、穴馬を狙えば何事もなく人気サイドで決着

それは決して偶然じゃない、ということに永久に気付かずに

どこかの予想者のシルシを追う馬券生活。

現実は厳しく、起こりうる状況をいくら把握しても、なかなか完全に回収することは

難しいのに、うまくいかないのを自分の実力のなさではなくツキのせいにする

ギャンブル脳。

まさに、これがポンコツのカラクリ、そのもの。

★わかってきたか?内なるポンコツ★完全排除は無理、な場合の方策は?

やっぱり3日間開催の3日めはきついよね。

わかってはいるんだが。

今日は驚異的な粘り腰で自分でも驚いているんだが、

最後の72レースめで、予定外の事態で、土俵を割ってしまった。

最後のハプニングさえなければ、まあ異常に安定している最近の馬券。

3日間トータルで25レースの的中。

まあ、内容はいろいろだけどね。

これまた予定外のことで、ウルティマ笠井が蓮チャンで登場。

またまたポンコツについて、深く考えた次第。

内なるポンコツと、そのすぐ隣にあるポンコツについても、

しっかり考えた。

これを考えていない人がほとんどじゃないのか?

考えても誰にも言わない?

ちゃんとまとめて経過を把握しないと解決しないのにね。

じゃあ、きょうもいろいろ書くわ。

★当たってもハズレても…★ポンコツの影はすぐそばまで近づいている

京都のG1は

フィエロ単複、馬連2点+三連複で完全的中だったんだけど、

合成オッズ0.75、レース回収率194%で、感想は

「自信があるって怖いよね」と改めて実感。

フィエロの複勝にどれだけ張れる?ってその世界に入ってしまうと、滅亡もすぐそこ。

まあ、直前オッズを見ながら、

「4頭で堅い」ってレース、前にもこのマイルG1であったんじゃね?と思いました。

でもって、順番を間違って、撃沈。

そうそう藤原英厩舎の馬で、引き間違ったんだよね。4着馬の複勝でドカンと行っちまった。

嫌な思い出。

それにしても「モーリス軽視されすぎ」と思っていたのに、

最後まで4人気のまま。だからさ、堀厩舎はうまくボケ通したって気づけよ。

調教後の体重も教えないし、休み明け初戦は苦戦の雰囲気を作り切ったよ。

レース前コメント見て、何人が

「あれ、最近調教師本人がカメラの前に出るようになったんだな」と思ったか。

もはや、こそこそ結果だけ残せる立場じゃないでしょ?

こないだもCSフジで池江泰寿師が言ってました。

「堀厩舎の調教をパクってみました。丸々じゃないけど…」

番組の収録は7月だったのに、局のオンエアは10月末ってのも作為的だけど。

堀厩舎は京都実績がない、京都外回りマイルの18頭立ての16番は実績がない、

関係ないよ。ねえ。それより重要なのはこんなレース。

151122kyo09

この的中をどう評価すべきか。穴馬を2頭見たせいか。

買い方が薄いのか、弱気なのか。

これはこれ、というオチでいいのか。

ムーアまで起用してあまりに「ひどい」を印象づけ過ぎたんじゃないのか?

さらにはその前の8レースでの3番ミルコの買い忘れ。

やっぱり2場開催で、集中力が保てないのがポンコツの足音なんだろうな。

とっとと反省して、月曜頑張るべ。

2015年11月22日 (日)

★気が利かないポンコツ「いちい」★ふつう閑古鳥は逆手にとるだろ?

いたるところにあるポンコツの種。

先日のG1ウィークの特別出店「奥芝商店」。

G1ウィークだけど「こちら→」の先には閉まったシャッター。

そりゃそうだ、函館競馬場には客を誘導する気はないから、

せっかく来たキッチンカーその他も閑古鳥。

というわけで、日曜の昼食スタートを10分遅らせたら、ちょい出遅れ。

いつものいちいの丼コーナーに珍しく列が。

「カツ丼!」とオーダーすると、

「少々お時間をいただきます」というので、

まさか、10分後に取りに来るわ、とは言えないし…といったんカウンターを離れて

ふと気になった。

「俺のカツ丼、どのタイミング?」

「ご注文の順番です」

「じゃ、列を作ってないとだめなの?」

「はい、お願いします」

最初に言えよ。珍しく混んでいて戸惑い中?

6、7人でしょ、せいぜい。

並ぶ流れになんかなってない。お客は思い思いの場所で待ってる。

順番なんてありゃしない。

「お客様のカツ丼はカツ丼2つの後になります。わかってます大丈夫です」

あのさあ、混みあったらトラブル防止のために合番打ったほうがいいんでないの?

それをかたくなにしない、ポンコツいちい。年間30回は食べてますけど?

てか、待つ側の立場に立ってみないからさ。

ま、G1でもなければ厨房2人、カウンタ1人で全然まわるんだけど、

カツ揚げつつ、カツを卵でとじつつ、ビールのお客に対応しつつ、

となると厨房3人、カウンタ1人ではちとつらい。

自分の前のカツ丼の客が

「三つ葉入ってないよ」

これが理解できない、と来た。

「三つ葉が入っているのがほしいんだって…?」

おいおいあんたらのカツ丼に三つ葉はデフォルトだよ。

まあ、お客同様、売店もほぼポンコツ。

って、函館人がポンコツって話かい。勘弁しちくり。

★入りは慎重、測りつつ…★たられば自慢でいいんじゃないの???

ポンコツネタをナチュラルに続けると、ちょっと厳しいので、

こっちを一本挟みましょう。21日東京2R。

151121tyo02

この「馬連でいいや」の22.7倍的中の評価はどうでしょうか?

理論通りに買うなら、13番の馬単2着づけ4点+単勝。

700円買って32.7倍が的中している計算。レース回収率的には差はないね。

450%程度。

的中優先で問題なし、と考えるか、不要な弱気で良くない傾向ととるか。

「(理論に)自信を持って買うべき」と言えばシンプルだけどね。

151121tyo03

続く東京3R。直前で動いたので16番から。この位置からなら馬連で当然。

その代わり複勝でダメ押し。260円しかついていないのを見ても偏重が入った

ことがようわかる。これを2着づけで買っていると、馬単不的中で、

単勝16倍をいくら買えていたか。300円?

ならこの馬連のほうが回収している。この部分のあうんの呼吸。

だがしかし、「これであっている!」と思うと京都2Rで

151121kyo02

こんなミスを犯している。松若のビップフウマが第一希望だったけど、

ここが飛んでも拾えるように組んだつもりが見事に安めを引いてトリガミ。

もっと絞らなきゃいけない。

つまり、的中と回収のせめぎあいはオッズ判断だけじゃなく、自分との戦い。

シンプルに考えたほうがいいけど、雑に買ってはダメ、なのです。

では、翌22日の京都1Rを紹介してこの記事は終わります。

151122kyo01

京都でG1がある日の1R。ノーザンしがらきに短期放牧に出ていた6番が

10日前入厩で、減量騎手起用でここ狙い撃ち。短距離戦。

特定S5でセオリー通りに買うだけ。まさに自動的中。

G1の日のクラブ馬主サービスは見逃してはダメ。

ついでに、東京8Rも見切ってやった。

151122tyo08

でも、みなさんご存じで馬連30倍ちょっとしかつかないよ。

★ポンコツの輪の中で@函館(2)★きょうもウルティマは強かった。函館史上最凶馬券

あのねえ、こうなると馬券探偵マターじゃないのよ。

ウルティマ笠井氏、さっきの瀬川のおじさんの向こう側に座っているんだわ。

ことしの2月22日フェブラリーSの日に、衝撃の登場をした彼。

この解析不可能な馬券を見てほしい。

151122kasai1

151122kasai2

151122kasai3

3枚目の画像がマイルCSだよね。

(これしかないのは14時すぎのごみの回収のおばちゃんに渡したからだね。

朝イチから座ってたから、全購入買い目を想像すると頭痛がする)

これを「ケイバだから来るかもしれないだろ?」と言えば何でも成立するわ。

で、問題は「ハズしたくない」感がありあり。三連単マルチにワイド総流しは

組み合わせ不可でしょう。同じ100円レベルでワイドが押さえになるかって。

もしかしてそれが理解できずに、必死に買っている?

彼はいつもハズレてひきつっているのか、当たってひきつっているのか、

ちょっと外見は判別つかないんだけど、きっと論理性に問題があるんだよね?

何週間か前にポンコツをやらかしたブログ主は、数時間ぶん書き込んだケイバ新聞を

家に忘れてチャリで戻ったんだけど、

取りに戻る途中で競馬場に向かう彼とすれ違い、15分後に

競馬場に引き返す途中で、逆方向へコンビニへ向かって歩く彼と再びすれ違った。

つまり。

場所取りのために一度競馬場に入場してから、外に出たわけだよな。

朝の9時35分からのたった30分にそういう事象が発生するがフシギでならないね。

別に席がどこでもいいのなら、コンビニ行ってから競馬場へ行きゃいいのにさ。

きょうは京都10R単勝9人気のトウショウギフトから16200円買っている時点で

超絶です。どうしても当てたい人の馬券でしょうか?

結果はトウショウギフト16頭立ての14着。いやいや結果が問題じゃないと思うんだよね。

これ、徐々にハズレていって、どんどん振りが大きくなった結果を想像したら、

いかがでしょうか?

彼との初めての出会いはことし

2月22日の東京最終で三連複、馬連、ワイドで30万を超える払い戻しで

それまでの負けを一発逆転。15人気のナリタポセイドンが勝ったレース。

「やったじゃん!」「どうも」の会話があったんだけど?

9か月の間の進歩は「ワイドも買う」ようになったことみたいです。

無敵だな。

★ポンコツの輪の中で@函館(1)★まあ、それぞれが楽しいのがイチバンさね(笑)

それでは、いつもように、ポンコツレポートから。

え?まだ日曜の夜だって?

だって、明日まで待ってたらエライことになる。

(だいじないろいろが)記憶からあふれちゃう…(笑)。

こっちの記憶のキャパも徐々にポンコツ化しているからね。

ほんとうに他人のことをポンコツ呼ばわりしているうちに、自分も半歩半歩

近づいているようで怖い。

最後に自分のポンコツぶりも披露するけどさ。

きょうはケタ違いの強豪に出会ったので、すぐ書かないと。

実は初めてじゃないんだけど。

おっとまずは土曜日のレギュラーポンコツ「小3モリモト」からね。

「小3モリモト」ね。実年齢は25ぐらい?

ほんとうに俺の隣が好きなんだよな。

もちろんまったく自覚していない。

彼が好きな場所と、自分がいつもいる席が近いって、それは俺が好き、

ってことだろうがっ!

だって、先に座っているのはこっちだし。

11/21土曜日の彼はなんと15時04分に登場。

だって、登場時間メモられる存在だから。

どのレースから買うのか、メインからか。

すると京都10R衣笠特別をダントツ人気のマキシマムドパリを切って、

2人気→3人気、3人気→2人気の馬単のオモテウラを100円ずつ。

性格がよく出ている。

と思いきや、京都メインでアルバートドックとトーセンレーヴの単勝2点勝負。

500円ずつ。

初騎乗ボウマンで見事仕留めてどうしたかというと、LINEで

「馬券当たった!」

競馬場に居ない友人に単勝10倍ゲットを得意げに報告。

1人気の230円のほうだったら、どうすんだか。

これを「チキン」と呼べるのかどうか、じっくり考えてほしい。

身の丈に合った、馬券を買っている、と言えるか、言えないか。

次のエピソードと関連してくるんでね。

そして磁石のように寄ってくるスリーピーズ。

Sleepys151122

このおじさんは以前、コンビの遠山さん&黒木さんの黒木さんと間違えた男性。

やせ型で年恰好が似ているんで。

瀬川さんとしておくわ。いまんとこ。

この人のG1のためにいい席空いてた!と座るも、メインまでに散財しては

元も子もない、とばかりに「買わずに見ている」クチ。

だから眠くなるんだよね。

自分なんか買っていても眠くなる。2場開催ならなおさら。

それを眠くならずにただ座っている、は無理なのであって、

最終的には眠るためにパドックシートにやってきていて撮られる。

そういうこと。

楽しそうにしていればそれでもいいんだけど。。。ねえ。

まあ、飲み食いが主でないあたりがマシかも。

2015年11月20日 (金)

★今朝は単なるボヤキですけどね★いいなあ、みんな「ヒマ」で。

ふーん。

月アタマの意味不明のブレイクで瞬間的に通常の70倍のアクセスが嵐のように

やってきて。

で、一週間経ったら何ごともなかったかのように、静かになる。

想定済み、想定済み。

でも、よくみると8%ぐらいはアクセス増えているみたいですな。

もしこの数字があっていて、Yahoo!のせいで、少し読者が増えたのなら、

読者残留率は600分の8→1.3%ですね。

すごい数字だ。

でも100人中の1.3%と、10万人中の1.3%では全然意味が違うよな。

ということで、世間にはヒマな人がいるということで、

人生80年?しかないのに、

仕事以外の時間にコレをやりたい!

じゃなくて

何かやりたいことないかな~

と漠然と時間を過ごしていく。

対ケイバについてもそう。

休みになると馬券買うんだよね~

から一歩も先に出ない、先に出るつもりもない。

ハズレると、きょうはついてないなァ…。

いーぃ人生です。

良い人生じゃなく、いーぃ人生です。e人生!

まったり。

ふだん、ジェットコースターのように時間の荒波に乗っているもんね。

たまには息抜きしないとね。

それにしても、自分の存在感をアピールしようと、ワザを日々磨いている人も

たまにはいるようで。

でも、その人たちどうしはリアルではつながらない。

つながるとストレスを感じるからねー。

ま、わからなくもない。

そういう意味で実力派馬券師は何人もいるんでしょう。

日本に100人ぐらいはいるんでしょう。

その近辺にプロも含めてなんちゃっては900人ぐらいいて、

99000人のボンクラから、何かをかすめとろうと必死。

しかし、いくら目指しても100人枠は狭いわ、厳しいわ。

900人にはけっこう入れるのにね。

「なんちゃって」とみなされるのは嫌だけど、それが現実、しょうがない。

精進するしかないね。

このブログには

競馬場行ってみたい、

競馬場ってどんなとこ?

金子さんてすごいの?

お昼に何食べればいい?

そんな人たちもやってくるので。

馬券購入者以外もやってくるので。

ポンコツもスリーピーズもやってくるのでしょう。

それがネットだもんな。

と、本日はしばしため息。は~ぁ。

明日からまた3日連続だ。結局は72レースしかないけどね。

2015年11月17日 (火)

★想定読みのほうだった?★勝負は当週だけの話でなく。

どうもね、最近ケイバから遠ざかっているような「気がする」んだよね。

先週は72レース買って24レース的中していますが、全然不満。

不満だから、遠ざかっている?

ちゃうわ。

それは「逆らえないもの」を感じるから。

真の狙いは、真に「逆らっても無駄」を見抜くことなんだが、

まだ自分の力を過信している。

言っていることがわからない?

禅問答みたいなもんだから、わからなくて結構。

でも、きょうはその逆らっても無駄をわざわざ記事にしてみようかなと思ったんだよね。

きっかけは来週の東スポ杯2歳Sの馬柱(特別登録)。

わがPOG馬のレブランシュが無理してアイビーS使ってくるわけだよ。

高野厩舎の3番手じゃ、損な役回り。

さらには同じくPOG馬のレヴィンインパクトが黄菊賞を使ってきた。

なぜ2頭とも一発ツモを狙わないか。

ツモれないから。

勝ち馬(候補)は1頭じゃないけど、勝てないっぽい感じがわかるのが、

もしくは序列が存在するのがプロの側の理屈。

金子オーナーのとこも、国枝のテキが「万全を期している」感がありあり。

使わなくてもいいレースを7割で使って、「徐々にケイバを覚えさせる」とは、

余裕のない陣営にはできない芸当。

そこを読めるのがプロたちなんでしょう。

まあ、見るレースなのか。

でもさ、この2頭にサトノダイヤモンドが割ってくるんだぜ。

さもなくば、もう1頭ぐらいは割り込んでくるんでないの?

まあ、土日どっちかをやったりやらなかったりのBB団の方々には

わからない理屈、かな?

2015年11月16日 (月)

★Target様様ですかね?★期待値とリスクはオッズ解析で明解に判明しますけど?

ということで、久々に自己実現系のネタを

具体的にふってみました。

理論じゃなく運で勝とうとする人たちには関係のない話でした。

とにかく秋のG1シーズンは特に「当てていただきたい」レースと

「絶対に当てさせない」レースが両極端。JRAの設定がそうなっていることを

知らずに馬券を買い続けると、「あれれ、調子よかったはずなのに」と

なっちゃうようね。

残念ながらえぐい福島開催も終わってしまったので、オッズ解析派は中山開催(3場開催)

まで本気モードは押さえたほうが良さそう。

最後に、日曜福島2R(古馬500万ダ2400)のえぐーい設定をご紹介。

151115fuku02

単勝15人気も、三連単のオッズを解析すると、全然買えるゾーンだということが

よくわかる。ここまで激走ゾーンを広げるのがダ2400という設定、ということ。

そしてこのオーナー&トレーナーのコンビも常習犯だからさ。

それにしても2・3着が入れ替わっていたら、もっと楽しい1日だったのにね。く~っ!

2015年11月15日 (日)

★つまりは勝負!ってなんだ?ということ★これを期待値なしに考えるのが完全ギャンブル脳

よく、じゃあ次のレースで勝負だ!という。

一般的なギャンブル脳では普段より大量の資金を投下することを「勝負」と

言うらしい。

普段より確信があるのではなく、追い込まれているだけ、のように思うんだけど?

もしくは確信じゃなくて「希望的観測」なんでしょう。

そこをいかに客観的に解析するか、が「勝負か勝負じゃないか」だと思うけどね。

たぶん

「よし、勝負レースだ」と張り切ることがフォームを崩す原因であり、負けへの第一歩だと思うんだよね。

でも、思ったように馬券成果が得られないとイライラするのが人間の性。

そこをいかに自己コントロールするか、でしょう。

難しいけど。

今日はその好例を最後に2つ。

オッズを解析しながら重ね買いのパターンを編み出すことも重要だけど、

いっぽうで違和感を感じることも場数のたまもの。

日曜の東京9R。

151115tyo09

10番の複勝支持率を見て、4番から買えるかどうかは真骨頂でしょう。

でも、10番、3着はある、と思っているので三連複が押さえ馬券。

ところが実は世間の隠れた馬券ツウはここが読めているから、馬連が22倍しかつかない。

結果論では田辺の複勝も勝っておけ、だけどそれは横典が3着をはずしたせいなんだよね。

さらに重要なのは4番はこういうシーンで激走する馬主さんだ、ということです。

10番が3着に上がっていればダブル的中だけどね。

ほんとうに似たパターンが続くときは続く。

久々に「串刺し定食」でも行ってみようかと思ったのが福島最終。

まあ、この心境になるのはプラスになっていない証拠なんだけど。

151115fuku

結局串(=5番、12着)はどっか行ってしまい、

馬連+ワイド3点がベストの選択だったようですね。

でも最初からその発想なのもリスキー。

結局、三連複の破壊力にすら追いつかない。

京都の最終でも、

151115kyo12

似たような組み合わせに。こっちは串は便宜上で「飛ぶ」前提なんだけど、

2・3着が入れ替わるともっと高めで、3・4着が入れ替わるとダブル的中。

ほぼカンペキに読んでいるのに、もっともリターンの少ない結果になるのが

ケイバっちゅう話だけどさ。

まあ、現実問題として、こういう穴馬×穴馬のBOX思想を(串刺し定食はBOX思想)

発想できずに軸探しをするポンコツがほとんどでしょうけどね。

真の激走情報を知っていれば、それは可能ですけど、知らなくても

それをオッズで読もうとするから「馬券術」なんでないの?

★トリガミ同然!?の苦しい買い目★納得はしてるけど、あまりに多すぎ。

最近悩むのは、

堅いレースを真剣に買うべきかどうか。

現状の見解は、堅いレースは「当てておくだけ」。

合成オッズがたかが知れているからね。

実質的には「ケン」に等しい。

購入金額がゼロ円ならマイナスになる可能性はゼロだが、

高田式なんちゃって購入なら不的中の確率もある。

このレースは堅くて儲からない、を見抜いた自分へのご褒美は必要なのか。

ずっとそこに悩んでいるのである。

当てても無駄な馬券たちをいくつか紹介してみるか。

まずは究極の奴。11/8の京都4R。

151108kyo04

このレース、どうオッズを見ても単6人気以下は要らない5頭立て。

(カンタンに5人気も要らないと即断できない慎重さ?)

一度三連複5頭ボックスを組んでオッズを確認。これならほぼ的中100%。

でも、合成オッズはほぼ1倍で、

全点買っていてはプラスにするだけでも、金額が大きくなる。

そこで最初は10点のうち、安い2点を切る8点買いを発想。

ところがしっくりこない。抜けそうな気がする。

ということで、4人気からの馬連3点と、その安い2点への集中投下に変更。

つまり馬連は4人気→2、3、5人気の3点で

三連複は1-2-3人気、1-2-4人気の2点。

ダブル的中の可能性を残しての資金配分。

これを1人気固定のマルチで36点も買ったら、ハズレたときに痛すぎる。

同じく、きょうの東京7R。

こっちは16頭立てだが、実質6頭と見切れたレース(ただし、結果は見立て違い)

151115tyo07

16番軸で5頭BOX10点にはしたくない。合成オッズも低くなる。

(それに16が飛んだ時点で終了)

そこれいちばん「訳アリ」と見た13番を抜き出して複勝に変換。

事前オッズでは1.8倍なのでトリガミ覚悟。

結果は見立て違いで10人気馬が突っ込んで複勝240円。

そのまま16番軸を貫いていれば、完全にハズレだ。

きょうの東京6R。

151115tyo06

フルゲートなので本意ではないが、荒れないとみて最小限。

しかし、3着に人気薄が突っ込んで三連複は想定外。

でも、馬連で元返しにはなる資金配分で押さえている。

こういう買い方をせずに「ケン」が正解とも言えるんだが、その境目が難しいわけよ。

★11/15はウルトラマンショーの日★未就学児に馬券購入を強制する母親

ほんとうに、ポンコツの詳細は函館だから、という言い訳が発生しそうな内容だけど、

まあ、本質はどこでもいっしょだけどね。

最前列に朝イチから4人で座り込む親子連れ。

男の子2人は未就学児なので、長時間落ち着いて座っていられるはずがない。

結局は午後のウルトラマンショーまでの時間なのだが10時からカウントしても

ゆうに4時間だから、2人には苦痛だったでしょう。

しかも、なんと母親は息子たちに馬券購入を強制。

もちろん彼らが自分のお小遣いで買うのではなく、

「福島4レースは買ったの?」

「何番なの」

という会話があるだけ。たぶん複勝100円とか、馬券を買って持たせているんでしょう。

そうすると興味をもって実レースを見るとでも思っている?

すんげえ早期英才教育。

未就学児には無理だよ。

父子、母子写真撮りましたが、さすがに目線を入れてもここでも公開は

気がひける。

しかも集中力を欠いた次男(推定4歳)は、

「あんた京都6Rはもう終わったでしょ?次に買えるのは東京7Rでしょ」

とか言われている。どんな子に育つのでしょう。

でも、エリ女の参考レースVTRにミッキークイーンが出てきたら、

兄弟揃って「ミッキークイーンはオークス勝ったんだよ、強いよね」

幼稚園児の会話じゃないわ。

それもこれもウルトラマンショーのおかげ。JRAは日本の将来をどう考えているのかね?

保護者の自己責任?

子どもに罪はないでしょう。

★11/14のポンコツ★ワンカップは場内で売ってたっけ?

11/14土曜日はあまりにガラガラでポンコツ日記は中断かと思いきや、

午後3時近くになって、1名登場。

わざわざ自分のひとつおいて隣に座る。

70代男性。

今頃来て、なんでわざわざ最前列に座るんだ?というメッセージを込めて視線を送ると

「てめえ、なんでジロジロ見やがんでい」という敵対心満々のリアクション。

これって、「ガン飛ばしている」ってやつなの?

受け取るほうの気持ちひとつだよねえ。

面白いので何度も視線を送ったら、

おもむろに新聞を取り出して予想開始。

おいおい何の準備もなしにその時間かい。

で、カバンからワンカップを取り出してチビチビ。

あくまでもグビグビじゃなくて、チビチビ。

予想をしているのか、レースを見ているのか、非常に中途半端だったので、

引き続き視線を送ると、財布に馬券をしまい込み、メインレース発走前に退散、離席。

やっぱり最前列である必要はないんだよね。

それともジロジロ見られて落ち着かなかったのか。

ジロジロ見ない奴のとなりに座ればいいだけでしょう。

こういう無意図の酔っ払いもときどきいるから、別になんてことはないんだけど、

問題は「ジロジロ見るんじゃねえ」の精神。

あなたは見られる行動をとっているのですが、お気づきになりませんのね、

ということでした。

競馬場の人間観察はやめられません。

★先週(11/8)の三世代ポンコツ★もはや永遠なる戦い

久々の更新、だな。

先週のYahoo!ニュース事件で、逆に熱が冷めてしまって。

興味本位が99%はしょうがないんだけど、

これもポンコツ街道記録とリンクするでしょう。

ということで、日曜のケイバがやや先週よりマシだったので、少し元気が出て

いつものやつを続けていくことにします。

例によって集中更新。

11/8のポンコツ図鑑は、

お父さん30~40代、おじいさん60代、孫娘6歳の三世代ポンコツ。

おじいさんは「義理の」だよね、きっと。妻の父。

男同士の楽しみに孫娘がついてきちゃった形。

その日はBB団欠席で右隣に確か3人組が座っていたのだが、途中で離席。

その2列目にいたその3人が降りてきた。

正確に言うなら、3席空いてすぐさま自分が右隣を押さえたので、

空席は2つ。そこへおじいさんと孫が座る。

もう1席も「たぶん空いていると思うんだよなあ」といいつつ、何のリアクションも起こさず。

馬券は当てたいわ、孫のお守りもしなくちゃいけないわ、のはずなのにコレだ。

Sleepys151108

わざわざ「態勢」に入るじいちゃん。

連れの2人はどこへ行った?

(すぐに戻ってくるんだが)

でもって、丹内200勝の瞬間、

こっちの「行けっ!丹内!」の叫びに、

隣で孫娘がビクッ。

別に驚かすつもりはないけどさ、そういう場所でしょ、ここ。

「びっくりしちゃったよねえ」と慰めるじいちゃん。

こりゃもう、ほのぼのを通り越してポンコツでしょう。

3人並んで座りたいのか、そうじゃないのか。

ここ空いてますか、なんて怖くて聞けないポンコツが99%の函館場外なのでした。

いままで、聞かれたことは2回しかないもんね。

年間何回最前列に座ってます?

0.3%ぐらいの確率ですかね。

151108fuku09

せっかく叫んだのに単勝300円しか当たらず。く~っ。

2015年11月 6日 (金)

★はやくも年末仕様?★3場開催のうちに勝負ならG1のない今週なの?有力馬主さんよ。

何がって、わかったから勝てる、ってもんでもないけどね。

まあ継続は力なり、というから。

先週、珍しく坂本さんが土日とも隣にいて、

そろそろ餅つき競馬だから、勝ち鞍の少ない厩舎は必死になるよ、と言った。

自分は

「実力のない人たちが20回に1回まぐれを出すのを待っていたら疲れてしまうよ」

的な返しをしたっけ。

まあ、坂本さん的にはそのまぐれの1回を三連単のアタマで獲りたい、ということなんでしょう。

こないだの7万馬券のように。

といいつつ、今週の出馬表分析。ソレが来てるね。

いちいち全部付き合っちゃいられんけど、来てるよ、勝負がかり。

パターン分けしたら、福島がいちばん多かった。その怪しい出走パターンの40%。

いちおう84頭と具体的な数字も出しておこう。

このうち5人気以下で土日で6頭ぐらい来たら、

「実力のない人たちの悪あがき」的な見方は撤回しますわ。

さーて、どんなもんでしょう。しっかり見させていただきます、福島競馬場。

2015年11月 4日 (水)

★若くしてこのポンコツの素質…★晴れの?秋天に暗い未来か

なんちゅうか、忙しいんだよっ!(笑)

きょうも昨日の余波でPV炸裂中。勢いは昨日の4分の1程度だけど、

低く見積もっても1日平均値の10倍。

で、直帰率93%!

ざまあ見やがれ、ってんだ(笑)。

4年前の記事、ためになったか!

そんじょそこらのブロガーなら有頂天になるところだけど、

ま、そういうわけでテンション、だだ下がり。

では先週の残りのネタから。

20代前半のポンコツ兄弟馬券。

アルコールを飲んでいたから20代前半としたけど、未成年かも。

まず客観的な証拠から行きましょう。

151101ponkot

それにしても「ハッピーターン」にこんなビッグサイズあんのか!

で、男二人で食い散らかしたデスクの上。ビール飲みながらハッピーターン。

すげっ。

で、馬券その1

151101pon2

これ、おみくじ馬券じゃないだろう。中身はどーした!

袋だけ4つはなぜだ?

で、馬券その2

151101pon1

これはおみくじ馬券なんだろう。他人任せに自分の意思を掛け合わせて、

徹底不的中。なんどもいろんな馬券を買い足して、

どうしたいのかわからん、という。

この2人目の男が、朝イチの開門ダッシュで、自分を押しのけて最前列へ。

その後、観察すると「連れのための席」に荷物を置いて、そわそわうろうろ。

これが午後まで続く。

てっきり、今日のイベントゲスト「吉木りさ」目当てかと思ったぜ。

相棒が登場したのが13時45分。

そこから先に来て席をとったほうの男ががぜん元気になる。でも、馬券は…。

天皇賞までのほかのレースの馬券は買っていたんでしょうか?

もしかしてディサイファからの馬券は「りさちん」のオススメ馬券だったでしゅか?

トークの声が場内に聞こえないので、そこは知らないけどな。

若いうちにこんな競馬との出会いをして何になる。

ガタイの大きい相棒に

「お前、天皇賞の日、先行っていい席とっとけ」とでも命令されたか。

でもってハッピーターンにビール、チューハイ。

日本の未来は明るくない。

★これがネットの世界!★ラブリーデイの余波が11/3に!

Yahoo!JAPANも人が悪いよね!

って、本ブログがヤフーに取り上げられて、

昨日のアクセス数が日常の25倍!

ほぼひと月分!

でもって、大笑いバカ丸出しなのが

2011年7月の記事が取り上げられたわけ。

口あんぐり、ですよ。

言ってくれれば、最新版で金子オーナーの話、書いておくのに!(嘘、大嘘)

ン千人?が4年前の記事を読んで帰って行った。

気づくのが遅いよ。

もしかしてYahoo!も含めて世の中ポンコツばかりか。

こんな、どこにもリンクを貼っていないブログが紹介される交通事故も

人生長く生きているとあるんだね。

これをきっかけにこのブログを知ってくれた方には申し訳ないんだけど、

こうして世の中の競馬ファン?のポンコツぶりには飽き飽きしているので、

紹介されたからって張り切ったりはしないのに。

いちおうこうして、なるほどそうですか、のご挨拶だけね。

たぶん金子記事を読んだ10%もトップページに来ないわけでね。

ほんと、ネットの渡り方、気をつけたほうがいいよ。

競馬の本質を知るチャンスを90%以上が単純に逃す、わけだからさ。

これで基本読者がどんだけ増えるか要注目だな。

5%増えたら大拍手!

2015年11月 2日 (月)

★やるね!JRA…の域はとうに超えている★それは「函館」事業所だから、さ

モノ申す?

いや、申さない。

ていうか、ひどい仕打ちだと嘆くだけ。

こんだけベタに土日、長時間同じ空間を共有している自分が

「おや?」といまさら気づくんだからね。

スープカレーの奥芝商店が競馬場に出店していた。(フードコートの最奥)

秋華賞、菊花賞でこの日が3週め?

151101okushiba2

これが日曜の昼食、エビだしのチキン。700円也。

告知しているったって、こんだけだから。

151101okushiba1

1日4回ぐらいは場内アナウンスしてやればいいのに。

チラシとボードに書いてある、で気づくようないかした客は

函館にはいないのである。ポンコツばかりだって言ってるだろ?

さらに、この寒空、外(風の広場→寒風の広場?)のキッチンカーの各店舗は閑古鳥以前の状態。

写真を撮るのもはばかられる。

奥芝商店、ことしじゅうG1の日は頑張って出てくるそう。

まさか、今日の客、自分一人じゃあるまいが、

G1の日曜に20~30ではお話にならないだろう。

「トレイはお返しください」とせっかく言うので、

自席(パドックシート最前列)までわざわざ運んで、

見せびらかして食べてあげました。

この道すがら、150人は「あ、スープカレー」と気づいたはずなんだが、

ポンコツしかいないからな、函館は。

しかし、誰のためのG1感謝祭?

ちなみに昨日の「吉木りさ」は寒空の下、かわいそうだった。

吉木りさの聴衆、推定150人。閑散。誰狙い?

月末はJCの日にコロッケが屋外ライブ。

その週は自分、いないけどね。

★まずい!××地獄?★振り向けばポンコツ、右も左も???

まずい!

まずいよ!

本格的にポンコツの渦に飲み込まれそうだ。

もはや残されてるのは「裏の裏は表」作戦?

それじゃあ、ただのヤケクソ。ここまで積み重ねてきたのはなんなんだ?

はい、土曜日のスリーピーズ。

Sleepys1510311

Sleepys1510312

1分間で2名、捕獲ってありえねー。

確か、締め切りのベルがなって、1分前投票をして、スタートが始まる

その緊張感の中のわずかなタイミングでトイレに立っているつもりなんだが、

振り向いてコレ、は衝撃でしかない。

そして日曜日。

Sleepys1511011

こいつは最前列。秋天の日の最前列。

しかも6月14日に捕獲しているから「常習犯」。

6月14日といえば、G1もないエプソムCの日。常習な意味がわかんね!

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31