フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★なんでそう言われるのかがわからない典型★噛みあうはずがない、か(笑) | トップページ | ★益々流れ読みにかかる比重★1レースは1レースだけど、その日暮らしでは必敗 »

2015年9月22日 (火)

★そのレースは買うな!★勝ち組を作らないためにJRAが考えた巧妙な戦略

まあ、ポンコツエンドレスの話はいいかげんにしておき、

9月の収穫から。

函館→札幌の開催替わり以降、ずっとチェックしていたのが短期放牧。

Targetで短期放牧の有無がわかるって知ってました?

知らない人がいるかな、と思って。

そもそも、北海道シリーズで連戦している馬が走ったり走らなかったり

バラバラなので、おかしいな、と思ったわけだ。

坂路もなく、短いウッドで負荷がかけられるのか、と。

現状維持が精いっぱいなんじゃないかと。

その証拠に前半戦は、鹿戸厩舎、矢作厩舎などのトレセン直入組が穴を

開けていて、ホントにできる厩舎は番組が読めると感心していた。

で、短期放牧の有無を調べていて気づいた。こまめに育成牧場でリフレッシュして

戻ってきて、きっちり結果を出している馬がなんと多いのか。

2、3週の放牧なんて馬柱に載らないからな。

この調子で秋ケイバも見ていくと、惰性で使っている組と、目標のレースに向かって

仕上げてきた組がわかる。

また、仕上げてきたのに飛ぶのはヘタクソ厩舎であることがわかる。

想定で好走確実な強力馬が複数いるから、ほんとにどうでもいい連闘や格下馬が

参加だけしたがるのがわかる。

フルゲートになっていないレースはなぜ、ならないのかがわかる。

これ、大きいんだ。

そのいっぽうで、JRAが意図的に「読めない」レースを設定していることもわかる。

典型が最終レースでしょう。

最終レースにむずかしいシチュエーションを意図的に持ってくる。

政治的にどの馬が勝たないとあとでマズイ、というようなレースは最終では

設定されないから。

その意味では最終はやらないで帰る、は正解。

新潟開催で直千が最終に組まれているなんて、単なるイヤがらせだからな。

3日間開催の3日目を見ていて、こりゃダメだ、と思ったわけ。

それまでの儲けを確実に吸い上げていくシステムが存在しているんだな、マジで。

とにかくそれを、

オッズ分布×馬番理論×想定読み

で確信してしまいました。

馬券ファンはそのテで簡単に転がせる。

2場開催だからどう、3場だからどう、ではないのでした。

「WN5、最高配当、的中はたったの一票」

「すごーい」

喜んでいるボンクラのギャンブル脳ではついていけないでしょうね。

売上5億を切って、「最高6億!」と叫んでいるJRAの陳腐さに

永久に気づかない人たちを意識してもしょうがないですよね。

« ★なんでそう言われるのかがわからない典型★噛みあうはずがない、か(笑) | トップページ | ★益々流れ読みにかかる比重★1レースは1レースだけど、その日暮らしでは必敗 »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/62331439

この記事へのトラックバック一覧です: ★そのレースは買うな!★勝ち組を作らないためにJRAが考えた巧妙な戦略:

« ★なんでそう言われるのかがわからない典型★噛みあうはずがない、か(笑) | トップページ | ★益々流れ読みにかかる比重★1レースは1レースだけど、その日暮らしでは必敗 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31