フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★その人にとってケイバはその程度★そして周りのことは… | トップページ | ★負け組体感!★財布のお金は来週にとっておく?(どうせ負けるのに?) »

2015年6月 9日 (火)

★深化続くオッズ理論★期待値を測って、リスクを直感せよ

知っているのと知らないのとで違うのだけど、

そこで大きな差がつくか、と言えばそこは何とも言えないみたいだ。

特定オッズ。

上位で堅いオッズ分布。

問題は上位何頭で堅いか。だ。

上位4、5頭で堅いときに、三連複か馬単2着づけで「拾う」のがオイシイ。

これが特定オッズ理論。

上位3頭で堅いときは馬連、馬単となり3着が荒れる可能性を残すから、

3連馬券はきついのだ。

上位2頭で堅いときはもっと取りづらい。

さすがにこれは素人でもわかるからね。

このオイシイ上位4頭、5頭の特定オッズ。

そのなかでも1人気にそれなりに人気が集中していることが望ましい。

そうすれば来ても来なくても的中率は確保されるから。

で、何が問題かというと、

「特定オッズになってほしい」→そうすると自動的に馬券が当たる

という願望が発生するから。

そもそも、特定オッズの発見は「6人気以下に使える穴馬が見当たらない」

というケースから。

また、1人気で堅そうなのに単勝4、5人気で、どんどん売れている馬がいる、

というケースからの発覚。

願望の特定オッズ、という観点でいくと、

30分前オッズですでにそのカタチになっているケースはレアだが、

10分前にもそうなってなくて、「もしかしたらそうなる?」と見守っていると

徐々にそう近づいていくケース。

「じゃあ、最終確定ではきっとそうなってるハズ!」

ついつい願望で買ってしまう。

オッズの特質としてギャップ直下は狙われやすい。

上位4頭の5番目、上位5頭の6番目。

この位置に狙いが立ちやすい。

人呼んで「特定くずし」

不的中量産の罠はここなんじゃないかと思う。

特定であることと、おいしい位置に穴馬が出現することは、どうやら別々で

a.「特定オッズ」×「穴馬出現」

b.「特定オッズ」×「穴馬出現せず」

c.「特定オッズでない」×「穴馬出現」

d.「特定オッズでない」×「穴馬出現せず」

この4パターンが当然存在するのだ。

特定オッズ20%:特定オッズでない80%

ぐらいの比率だから、この20%のなかでb.だけを待ち続けるのは

待ちくたびれ、ということになる。

これが失敗の根源。

しかも、特定オッズは「16頭(以上の)フルゲート」で確度が上がる。

条件が揃わないのに、狙ってハズれるのは自分のせいだよね(笑)

それでも知らないより、知っていたほうがましだという話。

統計データなんて、この程度の積み重ね。

この「いまいち使えない特定オッズ」に種牡馬データと馬番データを重ねて

回収率の高い買い目を抽出する、が今夏の課題ですな。

« ★その人にとってケイバはその程度★そして周りのことは… | トップページ | ★負け組体感!★財布のお金は来週にとっておく?(どうせ負けるのに?) »

馬券術、的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/61716888

この記事へのトラックバック一覧です: ★深化続くオッズ理論★期待値を測って、リスクを直感せよ:

« ★その人にとってケイバはその程度★そして周りのことは… | トップページ | ★負け組体感!★財布のお金は来週にとっておく?(どうせ負けるのに?) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31