フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★「血統」は深いよ★馬券に活かすのも「深いよ」(1) | トップページ | ★「血統」は深いよ★馬券に活かすのも「深いよ」(3) »

2015年5月19日 (火)

★「血統」は深いよ★馬券に活かすのも「深いよ」(2)

サラブレッドは遺伝のロマンでもあるわけで、

走る馬と走る馬を掛け合わせて、もっと走る馬を生産しよう、というのが基本にある。

でも、予算にも限りがある。生き物だし、うまく育つかどうかは万全じゃないし、さまざまな

事故もある。またビジネスとしての側面もあるよな。

で、遺伝は父方・母方から五分五分ともいえない。どっちかの特徴が強く出るかもしれない。

一般的にSS(サンデーサイレンス)の凄さは、母方の長所を「強調して」仔馬に伝える、

種牡馬能力だったと言われている。その証拠にSSの息子たちが何十頭も種牡馬として

活躍していて、またSS牝馬に種付けできる非SSの優秀な種牡馬(キンカメ、クロフネ他)

も大活躍しているのは周知の事実。

母系が重要というのは、優秀な種牡馬が引き出す、引き出しがあってこそ、の配合だから

と言える。

さて、ここからが重要。

ここ最近、種牡馬データは世代ごとにとっている。

しかも<芝・ダート>×<牡馬・牝馬>ごとにとっている。

2012年産で4パターン。これを3歳未勝利が終わる時期までずっと参照していく。

まあ、見事に年によって走る世代、走らない世代がはっきりしているもんだ。

ごくごく一部の例外はあるけれど。

これはひとつに「そのとき売り出したい種牡馬」が存在するから。

基本的には新人さん。その期待大の新人さんにいい牝馬が集まる。

種牡馬生活が長くなればなるほど、いいお嫁さんは来なくなる。

それでも数字を落とさない、というのはほぼ無理だ。

当然、ビジネス的にはクラシックに向けて馬を生産していくわけだから、

芝の中・長距離適性を重視して配合していく。すると年配種牡馬は優秀であるほど

ダート適性が上昇していく。だって芝適性の高いエリート牝馬はごく一部だしね。

それでもダート適性がない種牡馬がいる。

キャリアを積み過ぎて活力が落ちている種牡馬もいる。

ダート不適はやっぱりパワーの関係から、牝馬に出やすい。

走らない牝馬の大部分はダート不適・パワー不足という要素が大きい。

つまり芝でスピード不足で、ダートに替わったらもっとダメ、というような。

ダートで消しの牡馬より、ダートで消しの牝馬がもっとも馬券に直結するわけだ。

そしてもっとややこしいのは

「芝で優秀な種牡馬はダートでも走る」事実。

でも芝でロマンを追いたいから、ダート出走数が少ない。でもそっちのほうが回収値が高い。

逆もあるよね。ダート種牡馬と見ていたのにけっこう芝で穴を開けるタイプもいる。

自分はちなみに実運用では複勝率10%未満。単回複回ともに50円以下を消し種牡馬に

認定している。

ディープインパクトが芝でもダートでも走るのは誰でも知っているよ。

種付料が高いってことは、いい牝馬の子供なんだから、走らないと困るもの。

« ★「血統」は深いよ★馬券に活かすのも「深いよ」(1) | トップページ | ★「血統」は深いよ★馬券に活かすのも「深いよ」(3) »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/61612014

この記事へのトラックバック一覧です: ★「血統」は深いよ★馬券に活かすのも「深いよ」(2) :

« ★「血統」は深いよ★馬券に活かすのも「深いよ」(1) | トップページ | ★「血統」は深いよ★馬券に活かすのも「深いよ」(3) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31