フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★自然に素直に…で、こうなるわけか★データの不整合が面白い! | トップページ | ★予想の「楽しみ」は認めますが★だから馬券は獲ってナンボ »

2015年3月19日 (木)

★まあ氷山の一角…★仮説→はじめに結論ありき、なんですわ

もう少しデータの不思議を。

先々週だったか、予想TVで水上氏がディープ産駒の阪神成績を出し、

1回開催のほうが2回開催より圧倒的に数字がいい、を示して、ディープ産駒を押していた。

「どうしてだろう?」という声が出演者から上がったが、

「クラシックを目指す有力馬が1回開催で頑張るせい」

で片づけられてしまった。違和感があったね。

常日頃、氏は「他人の目をつけないところに目をつけ、データが収束しないうちに

根拠を示し切るのが自分の仕事」と言い切っていたからね。

でも、これよく考えると「予想としての完成度」の高さであって、実際の結末とは

リンクする保証がないことは誰でもわかる。

「そんな、予想なんて、好結果を保証するもののはずがなく、え?と思わせたもん勝ち」

というスタンスが見て取れる。それもあり。

ただ視聴者はバカだから、鵜呑みにするんだよね。

基本、データは自分で確かめなさい、だ。鵜呑みにすると痛い目にある。

仮説・検証は自力で。

せっかくなのでディープ産駒の阪神芝実績、調べてみた。

全トータルでの複勝率ベースで平均36.2%。

じゃあ、1回開催と2回開催を年別に書き出してみよう。

12年=1回44.2%、2回37.3%

13年=1回43.2%、2回35.7%

14年=1回41.0%、2回39.0%

ほほう、水上氏の言う通りで3年連続で1回開催のほうが走ってる。

ところが。

ところがこれを月別で見ると、

Deep_hanshinkaisai_turf

あれれ、3月より4月のほうが成績よくないですか?なぜ?

そうなんです。1回開催は2月スタートで2月の成績がもっとも高いんですな。

つまり3年連続?でディープ産駒は2月の(1回)阪神で激走している。(もう終わってるけど)

他人のデータを鵜呑みにするのがどれだけ怖いか。

開催ベースと月ベースでこれだけギャップが生じるのが現実。

季節馬券と称して、気温の上昇下降を生物としての競走馬に当てはめて、季節的な

得意不得意に結びつける馬券術があるけど、JRA-VANのデータに

当日の競馬場の気温はありません。

他人の主張に言いくるめられるのがオチ。検証不能だろうが(笑)

« ★自然に素直に…で、こうなるわけか★データの不整合が面白い! | トップページ | ★予想の「楽しみ」は認めますが★だから馬券は獲ってナンボ »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/61304224

この記事へのトラックバック一覧です: ★まあ氷山の一角…★仮説→はじめに結論ありき、なんですわ:

« ★自然に素直に…で、こうなるわけか★データの不整合が面白い! | トップページ | ★予想の「楽しみ」は認めますが★だから馬券は獲ってナンボ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31