フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★2月の馬券探偵(7)2月22日後編★○年に一回の炎の大挽回を目撃! | トップページ | ★この不透明感こそがJRA競馬だよな(笑)★誰にも公平、は無理ってもんで。。。 »

2015年2月24日 (火)

★何も目指さないがポリシーって?★やっぱり娯楽欠乏症だからな。

ブログ主が事前の予習量を増やさなければ「いつもの席」に座っていたはずで、

新たな出会いはなかった。BB団のメンバーがこれまで通りに先に来て、席をとっておいて

くれたなら、オカルティックなミスター笠井の20万円コースを目撃することはなかった。

いろいろ条件が重なって、めったに見ないモノを見た、ということだ。

ブログ主の背後霊から抜け出たジョージ義行氏はレフトゾーンで楽しそうに、

「ヨシ」を連発していた。三連単100倍ちょっとでも嬉しければ幸せ、なのだろう。

たまにレフトサイドからの視点もありかもしれないな。(全然本気じゃないが)

そういえば、イイジマ夫妻(ブログは初登場)もレフトサイドを根城にしていて、

旦那はタブレット、奥さんはノートPCを持参して、オッズを見ながら、マークカードを塗っている。

最初に出会ったのは函館競馬場改装中のときだから、以来見事に進歩がないようだ。

まあ、レフトサイドはライトサイドと比較しても、「開門に遅れても席が埋まっていない」

ぐらいのメリットしかないと思うんがね。座席も無理なレイアウトになっているし。

笠井氏のようなリアルタイムで声を出さない(出せない)系のファイターは

どこに座っていても存在はアピールできないし。ましてやアスカのように、

コパノリッキーの単勝を500円(推測)買って、うっとりレースを見ているような

タイプとは呼吸のあわせようがない。

たぶん東京8Rでシニョリーナ騎乗の江田の激走に絶叫していた自分の声は、

ライトサイドまで届いていたんじゃないかと思うんだけど、

(センター席のジョニーの声はレフトでも聞こえているしね)

やっぱり皆さんは、他人に無関心、上達に無関心、なのが

函館競馬場のいいところですよね、ね、イイジマさん。

« ★2月の馬券探偵(7)2月22日後編★○年に一回の炎の大挽回を目撃! | トップページ | ★この不透明感こそがJRA競馬だよな(笑)★誰にも公平、は無理ってもんで。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/61190515

この記事へのトラックバック一覧です: ★何も目指さないがポリシーって?★やっぱり娯楽欠乏症だからな。:

« ★2月の馬券探偵(7)2月22日後編★○年に一回の炎の大挽回を目撃! | トップページ | ★この不透明感こそがJRA競馬だよな(笑)★誰にも公平、は無理ってもんで。。。 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31