フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★年度替わりネタは調教師だけじゃなく★環境の変化とキモチの変化 | トップページ | ★あっちもこっちも仕込み仕込まれ★こんなにバレバレで不的中の愚 »

2015年2月17日 (火)

★血統馬券師=種牡馬分類の時代は終わった!★これからは優性遺伝血統論?

今月の「最強」誌から。

まずは水上氏の巻頭コラム「直言居士」。今回のテーマ、

海外レースの馬券発売の件は、本ブログでの問題提起をまるまるなぞって

いただいたカタチ。批判的精神はもちろん向うが本家でこっちが倣っているような

もんだけど、同じ目線で非常に心強い。

こちらが見落としていた部分は「海外のケイバは枠順と馬番が一致しない」ぐらいか。

あと、「ファンのためにのJRA」じゃなく、税収の財源探しからスタートしている部分も
すうじw
こちらが思い至っていない部分だけど。

予想TVレギュラーの面々はいずれも素直じゃない人たち(笑)だけど、その素直でないところが

ケイバでは重要だ。

とはいえ、水上氏がフェアリーSで撃ち落とした◎ノットフォーマルの馬券は

ちょっとフックにしすぎかな。

大丈夫。こっちもそんなに素直じゃない。

さて、水上氏では先週のオンエアでひっかかったのは「母父エルコンドルパサーは黙って買い」

確かに土曜日は猛爆だったけど、なんでか?

そこでじっくり調べさせていただきました、母父論。

ブログ主のにわか研究ではエルコンのほかに買いの母父は2頭。

その毛色別成績を見たら、まあ見事に差がついた。

走る毛色、走らない毛色。ダビスタ的に言って父似か母似か。

なかなかここまで本格的な血統論は見かけないけど、まあ生産界では常識なんでしょ?

かつてテスコボーイの栗毛は走らない伝説があって、それをサクラユタカオーが打ち破った、

とネットにあったけど、栗毛って数字が悪いんだよね。

芦毛の母父クロフネもかなり走らない。

とかとかなんか新しい鉱脈を発見した気がしてる。

水上さん、母父エルコンネタありがとう。

それにしてもナンチャッテなタイトルだ(笑)

« ★年度替わりネタは調教師だけじゃなく★環境の変化とキモチの変化 | トップページ | ★あっちもこっちも仕込み仕込まれ★こんなにバレバレで不的中の愚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/61154058

この記事へのトラックバック一覧です: ★血統馬券師=種牡馬分類の時代は終わった!★これからは優性遺伝血統論?:

« ★年度替わりネタは調教師だけじゃなく★環境の変化とキモチの変化 | トップページ | ★あっちもこっちも仕込み仕込まれ★こんなにバレバレで不的中の愚 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31