フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★発想トレをケイバに持ち込む★高齢化時代のサバイバル術??? | トップページ | ★あまーいッ!騎手と馬券ファンの相性?★勝手な思い込み、ほどほどに »

2015年1月30日 (金)

★一部だけ?本邦初公開★「真逆系」騎手を切る!

またまた今日は超マニアックネタ。

題して騎乗の「質」。騎乗の質を数値化する試みは本邦初なのでは?(笑)

そもそも。

そもそも、スタート地点は枠順理論をフルゲート限定で掘り下げたところから。

そもそも、JRAのコースには内外で有利不利がはっきりしているコースと、

必ずしもそうではないコースが存在する。

さらにいうなら内外で有利不利がはっきりしているが、その差が大きいコースと

小さなコースも存在する。で。

不利な枠に入って好走する騎手と、有利な枠に入って凡走する騎手がいる。

もちろんたまたま実力のない馬に乗って凡走、というケースも考えられるが、

サンプル数を集めると、違った面が見えてくる。

内枠有利なコースなのに外枠で実績を残す騎手…。

あまのじゃく。

本人になんでそうなんですか?と聞いたら「マジ?自分でも気づいてないけど」

そんな答えが返ってきそう。

実力上位の騎手は不利枠でも不利にならないように心掛けて乗るだろう。

その騎手の枠別成績で最低値でも、全騎手の平均値をしっかり上回っている、とか。

傾向を見るのにどのぐらいのサンプルが必要かもある。

100でも足りないが、同じ騎手が5年間で特定コースのフルゲートを100回経験する

ケースはあんまり多くない。

東京ダ1600で2010年以降の5年で70回以上騎乗している騎手は24人。

これがほぼ最大値。

そこで。

そこでだ。

複数の内枠有利なコースを並べて特定の騎手を見たときに、やっぱりほかのコースでも

外枠で実績を残している…そんな騎手がいるようだ。そりゃ偶然なわけないよな。

なぜ、そんなことになるのか。

答えは騎乗の質にあるのでは?と思うんだよね。

「とにかく前に行く」(1)

「好位をとってがっちり押さえる」(2)

「馬まかせで先行する」(3)

「最短コースをとりつつ脚をためる」(4)

騎乗キャラはそれぞれに違うだろう。

(1)はある程度の位置にいれば力づくでなんとかできる自信

(2)は消耗を押さえつつ、最低限のスパートで極力上位へ

(3)は馬の気分をそこねないようにスムーズな騎乗

(4)は馬の気分をそこねないことと、勝ったときの美しさを意識した騎乗

こう思う。

どの騎手がどのキャラか、ぱっと思い浮かばないようじゃ、初心者・ど素人だな。

自分が思うに最高の騎手は、馬によって、相手によって、その他条件によって

(1)~(4)を使い分ける騎手、だけど。

さて、具体的に。

東京ダ1400、ダ1600は程度の差こそあれ、内より外が有利なコース。

複勝率で論じるなら、

1400は8-6-7-3-4-1枠の順に数字がいい。

1600は8-6-5-4-7の順に数字がいい。

ここで後藤騎手は1400なら2枠、1600なら1-3-4枠でいい数字を残している。

典型的な「真逆」騎手。

これ中山ダ1800でも発生しているんだよね。

馬の質は低いながら武士沢騎手も「真逆」騎手を超越したあまのじゃく騎手。

彼の数字の中では(いずれも騎手平均値より低いのだが)

1400で1枠、1600で1、3枠で結果が出ている。他の騎手が得意な枠ではさっぱり。

三浦騎手も、ほかの騎手が得意な外枠ではとてもフツーの数字。

ところが横山典騎手はそういうあまのじゃく的側面がありそうで、結果は逆。

そのコースの特徴を熟知した、有利な枠ではより高い数字、不利な枠では無理しない、

そんな騎乗特徴を持つ。いつか「真逆」係数を出しましょう(笑)。

ところで府中のマイルは枠順的にはかなりやっかいなコースで、傾向は微妙に

流動している。過去に調べたとき、有利は3、6枠という説明しがたい結果だったんだが

徐々に1枠の数字が上がってきて、2010-2014年で区切ると1枠が複勝率トップに。

フルゲート18頭のハナシだから、そこは忘れないで。

結局、有利不利のないフラットなコースのようでも多頭数になると外枠はきびしく

なるというわけだ。

そこでトップクラスの真逆騎手は田中勝春。1~4枠ではほとんど来ていない。

東京の他のコースでも実は真逆系で、ダ1600でも8枠の数字が悪く、1枠の数字が

良かったりする。あまり気にしすぎるとかえって馬券が当たらない気もするが、

そういうデータが残っているんだからしょうがない。

もうひとり府中の(芝)マイル戦で特注なのが戸崎騎手。

この騎手も8枠の数字がいい。しかし。

しかし、2014年は17回出走して、一度も馬券に絡んでいない。

東京の主要6コースの中で芝のマイル戦が唯一平均値以下の複勝率しか

残していないのがココ。横山父は主要6コースすべてで平均値を10%以上上回って

いて、芝1400に限っては平均値の2.5倍の驚異的な数字なんだけどね。

ということで、ことしの最初の東京開催は戸崎の芝1600は消し、この仮説から

入ってみることにしたい。いったん来始めたら数字が揃うところまでイッキに回復、

説もある気もするけど、最後に3枠6番から1人気のオメガハートロックを勝たせたのが

13年11月3日。そっから20連敗ですんで。うち3人気以内も9回。

さすがに本人もそれは知っているでしょう。

« ★発想トレをケイバに持ち込む★高齢化時代のサバイバル術??? | トップページ | ★あまーいッ!騎手と馬券ファンの相性?★勝手な思い込み、ほどほどに »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/61056780

この記事へのトラックバック一覧です: ★一部だけ?本邦初公開★「真逆系」騎手を切る!:

« ★発想トレをケイバに持ち込む★高齢化時代のサバイバル術??? | トップページ | ★あまーいッ!騎手と馬券ファンの相性?★勝手な思い込み、ほどほどに »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31