フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★秋のG1後半戦の展望?★それよか来年のクラシック戦線でしょ? | トップページ | ★昔だったらタイトルは「バラすな、どアホ」★でも見せネタだから許してよ »

2014年11月12日 (水)

★非日常を日常に取り入れることこそが早道★果てしなく深い○○道

先日、記事を書いていてふと気づいたのだが、多くの人にとってケイバとは

「非日常」なのだろう。

でもケイバを職業としている人たちにとっては当然ケイバは「日常」だ。

どうでもいいようでいて、この視点の差は大きい。

確かに日常のしがらみから解放されて、楽しめる時間ではある。

それは自分も同じ。ただ「非日常」としてテンションが上がるのは万馬券が連続した

ときぐらいだ。

最近は馬券探偵として、自分を見失った人々を観察することに嬉々としている(笑)。

あるとき知人に「函館競馬場・指定席」という検索ワードで何を知りたいんだろう?

と聞いてみた。JRAのHPにある情報では満足しないのか、と。

その知人は「ブログで指定席に座った感想を書いている人を探したいのでは?」と

返してきた。

感想だって?

それは指定席に座ったことのない人、競馬場に行ったことのない人しか興味のある

事柄じゃないでしょう、と答えかけてふと気づいたのだ。

ケイバというより「競馬場そのものが非日常」ということなんだよね。

つまり。

「慣れてない」

そりゃ不慣れで勝つのは無理でしょ?

まず慣れなさい。経験値であり、経験知。

自分の慣れと他人の慣れの比較。

どうすれば馬券は当たるんですか?

華厳の滝へ行く道順を教えてください

ではまったく質問の質が違うことに気づくべきだろう。

「1人気の馬は3着に来る確率はどのくらい?」

それは出走頭数によっても、1人気の内容によっても違うし、そもそも1人気って

単勝の人気順のこと? 数%しか売り上げシェアのない単勝の?

大半の人がデータ競馬の深さに気づかず、新聞のくだらない「傾向」にダマされるわけだ。

Owner_tm_jky20141111

ふと、ことしを振り返っていて馬主別のデータを見ていた。

これは明らかに新傾向。突出しているもんね。

去年の3月だったか、あのブログの主宰は消えた。自分の解釈では

このオーナーにレーマネとして雇われたんじゃないのか?と推測した。

真偽はともかく、1年経って結果が残ってきている。

適切な資金で適切にケイバを楽しめる環境がこのオーナーの周囲に整備されてきては

いないか?

シャレにならんデータがほかにもいくつかある。

競馬界にはメジャー路線の裏を行くのが好きな変わり者もいるからね。

« ★秋のG1後半戦の展望?★それよか来年のクラシック戦線でしょ? | トップページ | ★昔だったらタイトルは「バラすな、どアホ」★でも見せネタだから許してよ »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/60638384

この記事へのトラックバック一覧です: ★非日常を日常に取り入れることこそが早道★果てしなく深い○○道:

« ★秋のG1後半戦の展望?★それよか来年のクラシック戦線でしょ? | トップページ | ★昔だったらタイトルは「バラすな、どアホ」★でも見せネタだから許してよ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31