フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★コインメーカーでさえ教訓にできる★最弱地からの下剋上作戦 | トップページ | ★結局はこれ以上の深堀りは無意味★単なる枠順+騎手、枠順+種牡馬 »

2014年10月28日 (火)

★歴代菊花賞馬はこのタイム★ラップ比較+上り比較82頭

「済んだことは忘れる」も大事だけど、ちゃんと復習してから

忘れてみますか。

トーホウジャッカルの勝った菊花賞のラップです。

ソングオブウィンドのときの菊花賞(従来のレコード)と比べます。

Kiku_lap

途中、ハロン13秒が一度もないわけですな、今回は。

06年は最初が速すぎて、緩む前に前の馬はバテていた。

ところが今回はラスト5Fが58.8秒で、4Fが46.6秒。

だいたい京都の外回りは坂を下り始めたラスト4Fから加速ラップになる

わけですが、前半がよどみのないペースで、後半は普通に京都コースの

ラス4Fですから。これを押し切るのはスタミナの前にスピード能力です。

いくら馬場状態があるからって、能力の裏付けがないとこのタイム、ラップには

ならない。

ちなみにJRA-VANが拾っている限りの京都芝3000mのラスト3F、34.5秒

以下、トータルタイム上位20傑を拾い出してみました。

当然菊花賞馬が並びますが、

Kyoto3000m2

この並びの上にくる、トーホウジャッカルとサウンドオブアース。

もちろん前後半のラップバランスはこの2頭がいちばん平均に近い。

上りだけなら34.5秒以下を記録した馬は82頭もいますから。

前半スローなら33秒台だって可能なわけで。

ま、この強烈な並びをご堪能ください、って感じかな。

« ★コインメーカーでさえ教訓にできる★最弱地からの下剋上作戦 | トップページ | ★結局はこれ以上の深堀りは無意味★単なる枠順+騎手、枠順+種牡馬 »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/60559083

この記事へのトラックバック一覧です: ★歴代菊花賞馬はこのタイム★ラップ比較+上り比較82頭:

« ★コインメーカーでさえ教訓にできる★最弱地からの下剋上作戦 | トップページ | ★結局はこれ以上の深堀りは無意味★単なる枠順+騎手、枠順+種牡馬 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31