フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★オフセンターは逆にふれても当然★すっと消える「18万男」 | トップページ | ★迷わなくなるまでの膨大な日々…★でも今でもたまに迷います »

2014年10月21日 (火)

★馬券探偵の捜査ファイル・10/19★無名馬券師の墓標(3)

今週の馬券探偵はこの記事で終了。

せっかく拾得しても解説不能なパターンもあります。

これ、かな。

14時の「クリーンキャンペーン」でゴミ回収後の残留。

確か、この人、朝イチから最前列にいたと思います。

141019mumei3

欠けているレースは的中馬券、1-2人気で決着したもの。

東京10Rは1-3人気決着の配当980円でした。

最終の購入額が上昇しているあたり、「イッパツ大逆転」を狙った

大振りでしょうか。人気サイドを削って、無茶に穴馬を追加して「抜け」を

創出していますね。

まあ、分析としてはその程度。新聞+ヒラメキという最悪のパターン。

ここで注目したのはこのレース。京都9R。

141019mumei31

7頭立て。トーセンバジルのリベンジをティルナノーグが横綱相撲で

退けたレース。今後のクラシックを占う意味でもとても重要なレースでした。

オッズを見ているとわかりますが、はっきり言ってこの2頭のためのレース。

そうでなければ、7頭立てにはならないし、回避した陣営が単なるボンクラ、

ということになります。ただしケイバなんで何か起こるのかもしれない。

そうだとしても1と7の1着はありません。そして4と5が揃って消える可能性は

極端に低い。ということは4と5の1・2着、1・3着だけで当たるレース。

でもって、そんな買い方をしても儲からないレース。

結果は4-5-6で960円。これを24点買う時点で、超戦略的か、

ただのボンクラということですね。特殊な役割のレースだもん。

この買い方だけを見て、全体をなんとなく雰囲気で買っている人、なのだと

思います。荒れそうだから手広く狙う、堅そうだから絞る、というカタチに

すらなっていない金額です。ま、これだけ馬連にこだわっている時点で

「ほんとうは三連単がいいけど、当たらないから馬連」という偉大な勘違い、

というわけです。当てたくて馬連なら買い方をもっと工夫、です。

« ★オフセンターは逆にふれても当然★すっと消える「18万男」 | トップページ | ★迷わなくなるまでの膨大な日々…★でも今でもたまに迷います »

シリーズ「馬券」探偵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/60520686

この記事へのトラックバック一覧です: ★馬券探偵の捜査ファイル・10/19★無名馬券師の墓標(3):

« ★オフセンターは逆にふれても当然★すっと消える「18万男」 | トップページ | ★迷わなくなるまでの膨大な日々…★でも今でもたまに迷います »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31