フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★新潟代替もいろいろ罪なコトがある★それでもG2はG2だしね。 | トップページ | ★追い詰められない「余裕」は意外とだいじ★的中があなたを「待って」いるよ »

2014年9月16日 (火)

★コンピ指数の言いたいことは?★誰にでもできる=儲からない

本日、「最強」誌、最新号を購入。

あんま、これ!という記事は見当たらず。

知ってることが多いよな。

そんな中で、いちばんひっかかったのは

【コンピインサイド:2】という馬券理論の記事。

日刊スポーツのコンピ指数は一部に熱烈な信奉者がいるようだけど、

これはその「コンピ指数」を活用した最新の馬券術らしい。

ま、日刊スポーツを買っていない身としては、実際にこの馬券術が

すばらしい、すばらしくない、を論ずるつもりはなし。

ただ。

ただ、その場合分けの発想が「まさにそうでしょう」なのだ。

この夏、熟成を目指していた「特定オッズ」と非常に似通っている。

だろ?

という感じ。

だから7人気が買えるんだよ、の実例がズバリ掲載されていました。

でもって単勝3570円、複勝910円のウマでしたが、これは

単勝7人気でも複勝9人気、つまり単勝偏重のウマですから。

そりゃ破壊力はあったでしょう。これをオッズの動きを確認せずに

コンピ指数で獲ってしまおうというそういう戦法。

もしかしたらTargetを使えない一般読者でもできそうな気がする。

いやいや月刊誌だから「気がする」だけでじゅうぶんなわけです。

だって一番強烈な適用例を後出しするわけだから(笑)。

いずれにしろ、アンサーシートのパターンは48通り。

だいたいの奴がここでめげるんだろう。

今回公開されたのはわずかに8パターン。

単行本出版の際に全公開なんだろうな。

そこまで待てって。気の長いことで。

やっぱり「特定オッズ」×「偏重オッズ」がいちばん回収期待値が高い。

問題は「偏重だらけのとき」「偏重皆無のとき」の対処法だからね。

うん、この記事を見つけただけで安堵した。今月号は。

« ★新潟代替もいろいろ罪なコトがある★それでもG2はG2だしね。 | トップページ | ★追い詰められない「余裕」は意外とだいじ★的中があなたを「待って」いるよ »

馬券術、的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/60326246

この記事へのトラックバック一覧です: ★コンピ指数の言いたいことは?★誰にでもできる=儲からない:

« ★新潟代替もいろいろ罪なコトがある★それでもG2はG2だしね。 | トップページ | ★追い詰められない「余裕」は意外とだいじ★的中があなたを「待って」いるよ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31