フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★場を読まずに決め打ちする無謀な勇気★これもまた一種の学習機能 | トップページ | ★騎手だって勝ちたいときに勝てれば簡単★あと1勝!の力みでリズムを崩す?K騎手、しっかり! »

2014年8月18日 (月)

★偏重オッズのキモのキモ★意外と忘れがちな基本中の基本

ときどきは確かめておかないと、つい忘れる、ケイバの重要な法則・数値を掘り返してみる

ところから始めるか。

単勝12点男の例もあるので。

2014年、8月17日の競馬まで、レースで勝利した馬の数は2231頭。

さて単勝何番人気の1着数が多いでしょうか?

まさかこれを答えられない奴はないだろう。だから、答えは書かない。

さて、この中で特定の人気の馬を買い続けてプラスになるのは何番人気でしょう?

これも常識だよなあ。

ちなみに17番人気、18番人気はことし未勝利だから、下半期ずっと買い続けるのは

ありかもよ。

もっとも単回が高いのは7人気で93円。

これがどういった限定条件で100円を超えていくのか、深堀りするのも面白そうだ。

とりあえず、条件をつけずに儲かる人気順位は存在しない。

ここまでで単勝12点男の戦法は特定の条件に限定しないと

勝てない戦法であることは証明できた。

(彼が条件付きでそう買っているかどうかはもちろん不明だ)

にもかかわらず、ちょっとした条件をつけると、1人気馬も2人気馬も3人気馬も4人気馬も

買い続けてプラスになる条件が存在している。

2014年のデータを取る限り。

あとはこのデータが永久不変かという点が焦点になる。

永久不変まではちょっと厳しいかもしれないな。

ただし、細かく場合分けをしていくと、1~3着に好走する確率が上昇する条件が

何パターンもある。もちろんその数字が2014年固有の偏りである可能性もあるわけ

だが、インサイダー的な意図も見え隠れするわけだから、知らないより知っていたほうが

いいのだろう。

「オッズ目詰まり理論」のひとつのスタート地点はここになる。

厩舎成績、厩舎×騎手、厩舎×馬主成績と一緒で、場合分けを始めると

膨大な区分になるわけだが、そういうのと同じ。網羅したパターンの片隅に

有意性のある偏りが存在しているようだ。

ま、Target様様ですかな。ヒライくん、データを調べるとはこういうことを言うのだよ。

じゃあ、最初のヒント。

単勝3人気複勝4人気、単勝4人気複勝3人気。

オッズ偏重は何がどう、でしょう?

実はこれ両方が犯人ってことはない。

どちらかが犯人で激走馬。だって単勝3人気複勝4人気馬が単勝4人気複勝3人気を

存在せしめるわけだし、その逆も言えるよね。

この2分の1の犯人がわかるだけでも、的中へのアプローチは進化する。

ほんとうに「マジか!」の集計結果が出ている。

これが永久不変かどうか、自分は早く知りたい。

その前に回収できる条件の深堀りをしてから適切に発表するからな。

言っておくけど、強烈な偏重ほどレアなわけです。

過ぎたるは及ばざるがごとしで、逆に成功率が怪しい、とも言える。

偏重を作る、インサイダーメーカーご本人も、1回ですべて獲り切ろうとは

思っていないから。連作で勝ちを重ねるが勝者の手法ですからね。

« ★場を読まずに決め打ちする無謀な勇気★これもまた一種の学習機能 | トップページ | ★騎手だって勝ちたいときに勝てれば簡単★あと1勝!の力みでリズムを崩す?K騎手、しっかり! »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/60171913

この記事へのトラックバック一覧です: ★偏重オッズのキモのキモ★意外と忘れがちな基本中の基本:

« ★場を読まずに決め打ちする無謀な勇気★これもまた一種の学習機能 | トップページ | ★騎手だって勝ちたいときに勝てれば簡単★あと1勝!の力みでリズムを崩す?K騎手、しっかり! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31