フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★さあ、「停滞」に乗じて馬券探偵大活躍★それにしても網にかかりすぎ。 | トップページ | ★遠くでイラナイうんちく★KDSヒライにライバル現る! »

2014年8月25日 (月)

★イタイ二人連れ、こんなに多いの?★ほとんど「あなたはだあれ」状態

そういえば日曜は最前列に見かけないカップルがいた。

見かけない=非常連なので、名づける必要もないかと思うが、またしても

男性のほうがイタイ。KDSヒライに匹敵する痛さ。

いくつか彼の名言を拾ってみよう。

「そうかダートはやっぱりミスプロ系だな。そういう方針で買おう」(札幌2Rの結果を受けて)

「複勝260円ついたんだ。60円プラスだな」

「単勝450円なら、元がとれそうだ」

「札幌記念はハープスターを3着にして買うぞ」

「オレっていつも3月は馬券成績がよくないから3月は休めばいいんだな」

「ここまでちょいプラスで順調だ」(新潟6レース終了ぐらいのタイミング)

「(メインレースが終わった時点で)だいたい1万円のマイナスだな」

「こないだなんて1万円ちょっと使って、1万円マイナスだったけど、今日はその半分だから

だいぶましだ」

そして最後は

「複勝1.0倍かと思った。1.1倍でよかった」

何が言いたいのか、も含めて「自分はこんなにトンチンカンですよ」と相方に主張しているかのよう。

ただし、相方も突っ込みは皆無なので、そのトンチンカンがわかっておらず、

パドックシートの特大ビジョンが珍しいと見えて、写メを撮り出す始末。

3月は成績が悪いというのは少なくとも3年のキャリアがあり、収支をつけているということ。

にもかかわらず、1万円負けている状態で110円の複勝を買いに行く。

その発想をあえて理解しにいくなら、

「ケイバは必ず負けるから、最少額しか賭けないのが最優先の戦略。そうすれば被害も最小限。

ただし、重賞は三連単で買って大きく儲けてみたい」

意外とこういう間違った?堅実派って多いんだよね。論理が矛盾しているけど。

モヒ女アスカの系統も買い方が似ている。

先日、後楽園ウインズ時代の昔話をしてみたが、当時は三連複が始まったばかりで、

馬連→馬単を手中に収めていないのに、その新馬券にどう対応するか苦慮していた時代。

現在は、すでに三連単ありきで、そこに固執する派と、単複、ワイドにしがみつく派の両極端

に分かれてしまい、的中と回収のバランスという発想がどこかに行ってしまったんだろうね。

つまり有無を言わさず回収してしまう三連単の破壊力を過信する派も、ひたすら三連馬券を

リスキーと毛嫌いする派も、イメージだけで柔軟性を欠く買い目になっている。

それがある意味「(人間の)限界を超えた」という表現になるわけだ。

結果として馬券の達人はどこにもいない、全員負け組、という場外売り場になってしまうんだな。

重苦しい理由はソコじゃないかな。

« ★さあ、「停滞」に乗じて馬券探偵大活躍★それにしても網にかかりすぎ。 | トップページ | ★遠くでイラナイうんちく★KDSヒライにライバル現る! »

競馬場のダメ人間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/60209499

この記事へのトラックバック一覧です: ★イタイ二人連れ、こんなに多いの?★ほとんど「あなたはだあれ」状態:

« ★さあ、「停滞」に乗じて馬券探偵大活躍★それにしても網にかかりすぎ。 | トップページ | ★遠くでイラナイうんちく★KDSヒライにライバル現る! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31