フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★どうしても馬券ネタに進まない★盛り上がらないものはしゃあないか。 | トップページ | ★定期的毒吐き★低い精度で安心する体質に、こっちは安心 »

2014年7月 2日 (水)

★誰もしなかったアプローチがどう出るか?★中京競馬場の特色分析

今回はちょっとだけまじめに。

枠順の有利不利、というものがある。

基本的にはコース形態に沿って、内が有利か、外が有利か。

ポイントは有利不利の度合いはコースによって違い、差のないコースもある。

また開催初期の良馬場では内有利とか、仮柵を外した場所にグリーンベルトとか、

開催終盤で内が荒れ放題で外伸び馬場とか。

まあまあいろいろある。肝心なのはそれが知っておくべきデータかどうか。

そこで土曜から開幕する中京競馬場をコース別に解析してみた。

2012年後のリニューアル後のデータも3年近くたまってきたからね。

ただ、枠順だけでそれを語ると、10頭立ての8枠と、18頭フルゲートの8枠を

同列に語ってしまうことがある。そこで枠順別データではなく馬番別データとしてみた。

非常に興味深い。

まずはダート。

Chukyo_dirt140703

濃いピンクがすごく数字がいい。ピンクは数字がいい。色なし○はいい。

濃いブルーは非常に悪い。薄いブルーはけっこう悪い。色なし×はやや悪い。

そう思ってくれればいいだろう。

単勝1~3人気の場合、単勝4人気以下の場合、総合成績にわけて集計をとってみた。

かなり入り組んでいるが、ダ1200、ダ1800は決定的にどのあたりが有利不利が

明確になっていない。ダ1200の2枠、8枠あたりがいいようにも思えるが、さほどではない。

ダ1800がもっとも施行数が多いが、人気薄の激走はまんべんなく散っている。

これに対してダ1400だけが、真ん中から外よりがよさそうだ。ただこれも大外はよくない。

次に芝。芝のほうが偏りが顕著。

Chukyo_turf_140703

芝1200も1400もはっきり外有利。距離が延びるにつれてその傾向が薄まっている。

注目すべきは芝1600の馬番1の3着内ゼロ。芝2000になるとバラバラなので、

マイル以下に役立つ傾向と言えるだろう。

特に人気でも穴でも「よい」「悪い」が同じ傾向で出ている場合は、たまたまではなさそう

である。さすがに9開催分のデータなんで多少の有意性はあるだろう。

次に今作業をしているのは騎手偏差値だ。

中京芝1200で好成績なジョッキーは?で検索してそのままうのみにしていては浅い。

そうやって好成績なジョッキーを集計すると常にリーディング上位の騎手が並んだりする。

種牡馬でもなんでもかんでもディープインパクト産駒が走るんで、

「ディープインパクト産駒がもっとも苦手な条件」をあぶりださないと

意味がない。

同じ意味で中京競馬場の平均値よりもコースごとに、プラスの成績かマイナスの成績かを

出してみると面白いと思う。

ちなみにダート1800でプラスな騎手は、高倉、藤懸、鮫島、武豊、古川、杉原、池添

と出た。まあ使えるかどうか実践してみることにする。

当然サンプル数の少ないレースでは通用しないから、注意が必要だけどね。

これで1人気がもっとも絡みづらい、芝2000の得意ジョッキーがあぶりだされたら

おなぐさみ、だね。

« ★どうしても馬券ネタに進まない★盛り上がらないものはしゃあないか。 | トップページ | ★定期的毒吐き★低い精度で安心する体質に、こっちは安心 »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/59917658

この記事へのトラックバック一覧です: ★誰もしなかったアプローチがどう出るか?★中京競馬場の特色分析:

« ★どうしても馬券ネタに進まない★盛り上がらないものはしゃあないか。 | トップページ | ★定期的毒吐き★低い精度で安心する体質に、こっちは安心 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31