フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★最初の函館メインイベント★そもそもその意識が負けの始まり? | トップページ | ★買い方、というよりは、オッズがこうなる背景★買ってムダの典型 »

2014年6月23日 (月)

★連敗の切り方で占えるその後★それにしても展開がすべて

さて、日曜日の馬券。なんと函館1Rから東京7Rまで21連続の不的中。年に何回もない低空飛行が続いた。

購入資金の配分は計算済なので、途中で馬券が買えなくなることはないのだが、折り返しの7Rまで来て、

クズな当たりのひとつもないと、やはり大なり小なり動揺が高まってくる。

(的中率25%でもこういう日が存在するのがケイバ…でも終わってみたら36分の7)

この日、最初の当たりは函館8Rで複勝1000円。負傷の勝浦から、長岡へと乗り替わったリュウツバメ。

この馬で獲らせていただいたのは2012年10月20日の秋の新潟未勝利戦・芝1400m。

中央競馬では、この日曜の8Rを含めて2回しか馬券に絡んでいない馬だから、よほど相性がいいのだろう。

20か月前の激走を記憶していて、ここで馬券を獲った人間は皆無ではないだろうか。

ただ問題は、当たった結果にあるのではない。B級騎手からC級騎手への乗り替わりで、オッズが動いた事実にある。

逃げを指示された馬なら、経験値の高い騎手よりも、信じて逃げることだけを考える若手のほうが結果を

残すことがあるからだ。

そして、信じて行っただけで、結果が残る、この競馬に大いに問題がある。

記録には残らないが、このレース、ハナを切ったのは地元馬主のシシャモオージ。リュウツバメの出はさほど

じゃなかった。これを3角までになかば強引に長岡は交わしていった。シシャモオージも無理なく流れ4着だから、

函館の馬場(芝コース)がいかに内に偏っているかわかる。

21連敗のおかげでいかにも余裕のない買い目だったが、1着馬は例の○○系で、ワイドで30倍、馬連で70倍以上

ついた。オッズ偏重と旬の○○系を理解しない人にはなにやらさっぱりだろう。

もちろん、あらためての解説はしない。

少額ながら初当たりの内容としては上出来の部類であると思う。

そこから9R、10Rと函館のレースを連続的中。

8レース以降は15レースで7レース的中となった。それでも前半の負けは挽回不能だったのは悔しい限り。

140622hako08

いかにも、なジリ貧の買い方。それでもイッパツを秘めているあたりがポイント。

全額複勝にしておけよ、は結果論です。

« ★最初の函館メインイベント★そもそもその意識が負けの始まり? | トップページ | ★買い方、というよりは、オッズがこうなる背景★買ってムダの典型 »

馬券回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/59865222

この記事へのトラックバック一覧です: ★連敗の切り方で占えるその後★それにしても展開がすべて:

« ★最初の函館メインイベント★そもそもその意識が負けの始まり? | トップページ | ★買い方、というよりは、オッズがこうなる背景★買ってムダの典型 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31