フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★連敗の切り方で占えるその後★それにしても展開がすべて | トップページ | ★骨折り損のレース続出に対策を★鉄則は「出走させる側」の論理に立て »

2014年6月23日 (月)

★買い方、というよりは、オッズがこうなる背景★買ってムダの典型

とにかく函館の目の前のレースが当たることは決して悪い事じゃない。

ただ8Rに続く、9Rがあまりなレースだったことは記憶にとどめておきたい。

この部分を理解しない限りは函館競馬に太刀打ちするのは難しいだろう、というほどの極端な「設定」であった。

結果だけから言えば、単1-4-2人気決着。三連単16.2倍。単勝120円である。

10頭立てで7頭が連闘馬。この異常な事実は早朝の段階で「大下さん、このレースひどいよ」と予告済である。

ただし、高橋さんはその時点で気づいておらず、レース直前になって「このレース何なの?」。

注目すべきはこのわずかな差。結局、高橋さんは的中させることができなかった。(自分は馬単で的中)

自分は21連敗の流れを引きずりこのレースの予算は600円。にもかかわらず的中。

もちろん「買わない」選択肢もある。少なくとも目の前のレースは買いたい、単なる函館観光競馬派にJRAは

かくもむごいレースを用意したものだ。

繰り返そう。10頭立てで連闘が7頭とは「出たい馬がいない」ということだ。なぜか。

その単勝120円の馬が抜けて強いから。こういうレースで「ここが飛んだらおいしい」と発想するようでは

おめでたい。OPクラスならともかくも、500万下のダ1700の平場レースだ。抜けている馬は抜けているので

ある。しかも降級馬。ここでヤラズで勝たなかったら逆に同業者に顰蹙ものである。

だから高橋さんの「当たらなかった」に大きな問題が隠されている。

「絞りすぎちゃったよ」か「安すぎだよ」しか許されるコメントはないのだ。ほんとにこのオッズを見て見送った

馬券師が隣にいたのなら素直に尊敬する。

自分の資金600円の購入買い目は以下のとおりである。

140622hako09_2

やっぱり買わないほうがまし、かもしれない。(笑)

9を1着固定で相手を4頭に絞る。この時点でほぼ回収はきびしい。

普通に買えば三連単は12点。この半分を馬単に集約し、残りから安い

9-4-1、9-4-8を切る。これで12点中、10点押さえたのと同じことになる。

あとはこの馬単9-8を200円買うかどうか。自分にはそこまでの熱意はなかったもので。

« ★連敗の切り方で占えるその後★それにしても展開がすべて | トップページ | ★骨折り損のレース続出に対策を★鉄則は「出走させる側」の論理に立て »

馬券回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/59865269

この記事へのトラックバック一覧です: ★買い方、というよりは、オッズがこうなる背景★買ってムダの典型:

« ★連敗の切り方で占えるその後★それにしても展開がすべて | トップページ | ★骨折り損のレース続出に対策を★鉄則は「出走させる側」の論理に立て »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31