フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★オークス2014回顧★ちょっとしたアヤで不的中はつくられる | トップページ | ★日頃の感覚をデータで検証★逃げ有利だからって、そればっかじゃダメ »

2014年5月27日 (火)

★頼れるデータと頼れないデータ★引用する側の都合に振り回されない

先週の競馬予想TV。メインのオークスはなんと全員不的中、という失態。

その割にはいろいろ考えさせてもらった。

「ねらいめ」の井内氏の予想、市丸氏の予想についてはからんだ記事を書いたけど

もう1点、血統水上氏のハーツクライ牝馬に関する言及を取り上げさせていただく。

名だたるSS系種牡馬でもなかには牡馬牝馬で成績に大きな差がある馬がいる。

いろいろな背景があるだろうが、平均的に牝馬は牡馬よりも3~4%は複勝率が落ちる。

牝馬限定戦があるのに、トータルの数字では「牝馬は走らない」

「牝馬が走る」種牡馬は、ほんの一握りであって、さほど差がない=牝馬も走る

といっていいだろう。

で、ハーツクライ牝馬。芝の2000m以上の重賞成績が0-2-0-18

ヌーヴォレコルトが勝ったオークス後に1-2-0-19、単回44円、複回56円

になった。

賞金順に見て、ハーツクライ産駒トップ20に入っている牝馬は、

今回のヌーヴォレコルト、コウエイオトメ、キョウワジャンヌの3頭で、残りの17頭は牡馬。

「ハーツクライ牝馬に大物なし」

ここに死角があったかなあ。

重賞に限定しない場合の芝2000m以上のハーツクライ牝馬成績は

25-31-16-253で複勝率28.5%。

単回68円、複回92円。

全然苦手な数字じゃない。人気サイドに寄って回収しやすいとは言えないが、

ゼッタイ切ってはいけない数字だろう。

にもかかわらず、「大舞台では実力を発揮しない」とどうして断定できるのか。

番組中で水上氏は「切るとは言わない。買うんだけど、ここまで勝てないというを

知っておいて」と発言していたが、

早い話が「そろそろ来るよ」ということでもあるわけだ。

(実際「番組で言ったから終わるかも」と言ってた気がする)

これがステイゴールド牝馬にも言えたりするんじゃないか?と来週に向けて思う。

芝2000m以上の全重賞成績で牡馬とは10%以上の複勝率の開きがあるけれど、

単回は143円。G3で4勝、G2で1勝、G1は0勝。

G1は母父クロフネが出ているアイスフォーリスのみだから、完全にローカル重賞G3で

穴のキャラがステイゴールド牝馬。

だから逆にここまで徹底していると、ステイゴールド牝馬消し、の結論は血統からは

導けないね。

« ★オークス2014回顧★ちょっとしたアヤで不的中はつくられる | トップページ | ★日頃の感覚をデータで検証★逃げ有利だからって、そればっかじゃダメ »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/59713118

この記事へのトラックバック一覧です: ★頼れるデータと頼れないデータ★引用する側の都合に振り回されない:

« ★オークス2014回顧★ちょっとしたアヤで不的中はつくられる | トップページ | ★日頃の感覚をデータで検証★逃げ有利だからって、そればっかじゃダメ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31