フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★頼れるデータと頼れないデータ★引用する側の都合に振り回されない | トップページ | ★騎手のうまいヘタ★数字で解析するとこうなる(1) »

2014年5月28日 (水)

★日頃の感覚をデータで検証★逃げ有利だからって、そればっかじゃダメ

相変わらずヘタレな検索ご苦労様。

昔の記事をピンポイントで検索して、即離脱、と。

ま、たくさんの人がそれをしてくれればPVは確かに伸びます(笑)。

さてと、本題。

火曜日、まだ元気があるので、アノ、ペヤング騎手の実態を調べてみました。

宝塚記念までにもっともっと有力馬が依頼されるようですよ???

ここまでのノーザンファーム生産馬での成績は1-1-1-17。

ありえないっしょ。

この騎手、なんでもかんでも先行する、という悪評があるんで、ちょっと他の騎手と

騎乗を比べてみました。

全騎乗のうち、上り3Fが出走頭数6位以下の割合。

つまり、その馬のよい脚を使わせていない比率。

ただ、この場合、逃げが巧みであれば、上り3Fが5位以内じゃなくても成績は上がる。

なんで、上り3Fが6位以下の比率が多く、なおかつ逃げない騎手。

現在のリーディング上位10名+内田、三浦、横山、中館の15名での順位。

ペヤング騎手はいい脚=14位、逃げない順位=4位。

つまり好位置を獲りに行くために脚を使い差される騎乗、ですな。

戸崎騎手は逃げない順位1位、いい脚順位4位。

横山騎手は逃げない順位6位、いい脚順位1位。

横山騎手はいい脚を使うためにわざと逃げない、とまで極端ではありませんね。

逃げない順位最下位はやっぱり中館騎手。いい脚の順位も最下位。

逃げない順位ブービーは内田騎手。いい脚の順位は12位。

ここ大事。

浜中騎手は逃げない順位13位、いい脚の順位8位。

武豊騎手は逃げない順位12位、いい脚の順位6位。

この二人がバランスとれているんじゃないかな。

福永騎手は逃げない順位5位、いい脚の順位3位。

岩田騎手は逃げない順位10位、いい脚の順位5位。

浜中、武豊の次に岩田は逃げるし、いい脚も使う。

福永は逃げないぶん、いい脚を使うので戸崎にキャラが近いね。

自分としては逃げて、いい脚が使えない中館より、その外国人騎手のほうが、

逃げないのに、いい脚を使えないわけだから性質が悪いと思うよ。

馬の人気は中館とは雲泥だしね。

« ★頼れるデータと頼れないデータ★引用する側の都合に振り回されない | トップページ | ★騎手のうまいヘタ★数字で解析するとこうなる(1) »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/59716670

この記事へのトラックバック一覧です: ★日頃の感覚をデータで検証★逃げ有利だからって、そればっかじゃダメ:

« ★頼れるデータと頼れないデータ★引用する側の都合に振り回されない | トップページ | ★騎手のうまいヘタ★数字で解析するとこうなる(1) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31