フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★桜花賞の結果にひそむひとつの真実★歴史は今年も繰り返された | トップページ | ★あ、これが三連単的中例なのか★意識するとできなくなるんでしょ?(笑) »

2014年4月14日 (月)

★データの裏付けなしの主観なんか、ただの思い込み★オレって実は三連単馬券師?

実は絶不調なのである。自己分析の結果そうなった。

1月は狙い通りの展開だった。ところが2月は降雪順延から力み、読み過ぎが

積み重なり馬券成績は急降下。3月後半は恒例の「多忙」のため、リアルタイム競馬

から遠ざかり挽回するどころかマイナスを積み重ねてしまった。

4月5日の6万馬券(三連複)で表面上は取り返して、ふさぎこんだ気分は一掃されたのだが、

昨日2014年の馬券種別成績を見て驚いた。

6万馬券を決めた三連複の数字がいいに決まっているにしても、ここ11週の

回収率を支えているのはたったの3.8%しか購入比率がない三連単なのである。

これが1、2、4月でプラス。自分でもちょっと驚いた。回収率257%!

複勝でも94%ちょっとしか回収できていないのに。

あくまで自分の思い描いていた馬券種イメージとはかけはなれているのだが、

ふと思い出したことがある。

複勝馬券を買い始めたきっかけはそこで大きく回収しようということではなく、

一定の安定、着実さのためだったじゃないか!

それがいつの間にか、複勝で勝てる方向にシフトしてしまっていたわけだが、

もしかして3.8%しか買わない三連単でプラスを作る、は以前のビジョンに戻ったか。

いずれにしろ、三連単を買うべきレースではプラスを計上している。

ということはそういうレースだけを買えばもっと収支が良くなるのである。

それもひとつの答え。

Targetで分析すると、自覚のないそんな自分の傾向が白日の下にさらされるんだよね。

そもそも、分析をしようと思った動機が「最近単勝イケてるじゃん?」

はい、プラスなのは4月だけで1~4月では70%しか回収していませんでしたとさ。

というわけで自分の主観的な手ごたえがいかに不正確か、という話でもあるのでした。

この三連単好調は通年でどうなるんだろうね。

« ★桜花賞の結果にひそむひとつの真実★歴史は今年も繰り返された | トップページ | ★あ、これが三連単的中例なのか★意識するとできなくなるんでしょ?(笑) »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/59466487

この記事へのトラックバック一覧です: ★データの裏付けなしの主観なんか、ただの思い込み★オレって実は三連単馬券師?:

« ★桜花賞の結果にひそむひとつの真実★歴史は今年も繰り返された | トップページ | ★あ、これが三連単的中例なのか★意識するとできなくなるんでしょ?(笑) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31