フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★くれ!勇気をくれ!★「負ける」勇気をくれ!…の巻 | トップページ | ★「人間」軸でレースを見ると…★最近あんまりにひどい人たち »

2014年1月27日 (月)

★情報の不均衡が判断の格差を生む★それを利用するのも「馬券術」?

今週、書き残しておきたいことは、あと2つ。

以下がそのうちのひとつ。

JRAの意向と、さまざまな変化、ウラ事情である。

まずは降着事例。中京10R、武豊が記念すべき3600勝を達成したレースで、

ルール改正以降初の馬券圏内における、着順変更が発生した。

これ自体は、酒井学騎乗のタガノリバレンスが福永祐一騎乗のダイナミックウオ-に

進路を塞がれたというもので、酒井が事象発生後もあきらめずに追ったため、

3着入線したものの、2着という着順で最終的に決着した。

枠連、馬連、馬単、三連単を買っていた人は影響が出たことでしょう。

これ自体は確率的にこういうことも起こりうる、という話。

その前日、京都5Rで4着入線のティーエスネオ(幸英明騎乗)が直線において

右に斜行し、2度も複数の馬の馬の進路を妨害。幸騎手は6日間の騎乗停止と

なった。事象からいえば被害馬も多いし3週間はありかもしれないと思ったが、

無事ホッコータルマエに騎乗する。

交流G1の川崎記念は対象期間として除外されたのである。

そして、続く中京6Rで幸騎手は単5人気のテイエムチカラで見事に逃げ切り、

単勝1710円、馬単4930円を演出した。押さえるべきポイントはここである。

ただ続く日曜の中京での騎乗もマークしていたが、1人気3着1回だけで、7回中6回は

馬券に絡まず。つまり川崎記念のホッコータルマエは堅いはずだ。

ほかにも日曜は川田将雅が京都2Rのマコトグロズヌイ(1着)の騎乗に対して、

ゴール板手前で緩めたことを見とがめられ、次週2日間の騎乗停止。

すると奮起した川田騎手は以降、4-1-2-1で1日5勝、11回の騎乗で馬券圏内

10回の猛爆。ただでさえ中京のG2に有力騎手が集まり、京都は手薄だったせいもあり、

「川田、きょうは乗れてるな」と見ていたが、裏にこんな事情があったのだ。

ほかにも障害レースで中村将之騎手の騎乗馬が外へ斜行して、いちばん外の馬を

コース外に弾き飛ばしてしまい、4日間の騎乗停止。

都合4人が制裁を食らうというドタバタな1日だった。

問題はその制裁がファンに知らされないことである。

明らかに制裁によって騎手のメンタルに変化が生じていることは想像に難くない。

馬券に直結する事象を、レースを見ている側が勝手に「たぶんあれは騎乗停止」と

想像するしかない。

ケイバの心理戦の側面も面白さのひとつだと思うのだが、馬券を買わない。

売上しか気にしないJRAのシステムは。そんなことは考慮しないらしい。

« ★くれ!勇気をくれ!★「負ける」勇気をくれ!…の巻 | トップページ | ★「人間」軸でレースを見ると…★最近あんまりにひどい人たち »

JRAにモノ申す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/59020821

この記事へのトラックバック一覧です: ★情報の不均衡が判断の格差を生む★それを利用するのも「馬券術」?:

« ★くれ!勇気をくれ!★「負ける」勇気をくれ!…の巻 | トップページ | ★「人間」軸でレースを見ると…★最近あんまりにひどい人たち »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31