フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★今週で中京は終了★続いて冬の小倉へ。フグ食いに来る? | トップページ | ★そう不的中のレースのオッズの動きなんて無関心★でもそこに「真実」が… »

2014年1月25日 (土)

★明確にならないのは慢心と自信の境界線★それをつかんだら常勝?

ま、土曜日に記事を書くとろくなことがないわけだが、

「快勝!」ネタじゃないんでよし、とするか。

明日は刻みに刻んで、リードを守って逃げ切る!とここで宣言しておけば、

気も楽になる。それほど馬券収支って微妙なんだよね。

本日土曜の流れを説明すると、好スタートを切ったあとはしばらくギアがニュートラルに

入っていて、中京オンリーで着々当てていたんだが、だんだん失速気味に。

特別レースあたりから、中山も京都も的中できるようになり、ようやくチャラに持ち込み、

微差のリードで終わるか終らないか、という状況。

まあ、小さな当たりで、数で勝負という展開になると、とことんその流れ、というのがケイバの

不思議なところ。今日は全部で13レース。うち8レースは中京での的中だったんだが、

それで「最終の結果次第ではマイナス」というのはいただけない。

(記事でもっと的中率アップを!と言ったのは確かだが…)

結局60円プラスで終わり、5開催日連続プラスの記録は伸ばすことができたんだけど、

今まで6連続、というのはやったことがないんで、まあ、明日は負けを覚悟するのが

適切な予防線。

で、過去の記録を見てみたら13レース的中でマイナス、という日が13年以降で

2回もある。やっぱり、途中でこんなはずじゃない!と思うんだろうね。

5レースしか当たらなくてマイナスの日と比べれば、全然内容が違うんだけど、

違った意味であせりがでる。そこがとてもフシギ。

己が最大の敵、とするなら、修行のしどころはここでしょう。

買っても買っても当たるのは中京のみ、しかも小さい当たり、という状況の中で、

「午前中はもうプラスに転じない」「午後はあせらずゆっくり打とう」

「マイナスで終わってもいいからできるだけ小さく」

などとアプローチしてきて、最終を前に1000円ぐらいのプラス。

もちろん、馬券購入を終了するという選択肢はないわけではないが、

ポリシーに反する(笑)わけで。。。

まさに成長するポイントがここにある、と。

本日の坂本さん、ようやく的中した三連単(+馬単)の配当が76倍。

ここで、「そこそこの当たり」と言わねばならぬ状況と比較するなら、

やっぱり「動じない安定感」はまだまだ必要ってわけだねえ。

« ★今週で中京は終了★続いて冬の小倉へ。フグ食いに来る? | トップページ | ★そう不的中のレースのオッズの動きなんて無関心★でもそこに「真実」が… »

馬券回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/59007544

この記事へのトラックバック一覧です: ★明確にならないのは慢心と自信の境界線★それをつかんだら常勝?:

« ★今週で中京は終了★続いて冬の小倉へ。フグ食いに来る? | トップページ | ★そう不的中のレースのオッズの動きなんて無関心★でもそこに「真実」が… »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31