フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★12月2週、連敗せず、やや上昇★安定と言えば安定か | トップページ | ★いつもこうならラクですがね★まあ、攻めもあうんの呼吸です »

2013年12月 8日 (日)

★大局はそこに★そのうえで朝日杯FSの登録馬を見ると?

今日の阪神JFを振り返って、これだけ書いておきますね。

昨年の今頃、こんな記事を書きました。

(12/11)【★朝日杯FS、今週の確信は?★2013年を見据えて、そろそろ構図をイメージ】

http://fishlights-hracing.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/fs-7f13.html

朝日杯FSを前に2013年のクラシックがコディーノvsエピファネイアで決まると

考えるのは安直と言いたかった記事でした。

結果、皐月賞はロゴタイプ、ダービーはキズナ、そして菊花賞はエピファネイアが制しました。

未来のスターホースが、近い将来、どうなりそうか。

さまざまな要因を総合して推測するのは、競馬の醍醐味のひとつでしょう。

今回俎上に挙げたいのは、

クリスマスとホウライアキコ。

今日のオッズとレースぶりを総合して見えてくることがあるはずです。

各競走馬のベースとなる資質(血統背景含む)と厩舎(陣営)の調教力。

ある程度距離がもつスプリンターと単なるスピード馬。

ロードカナロアとイメージしたらわかるのではないでしょうか。

サイレンススズカ、リーチザクラウン、トウケイヘイロー、シルポート。

それぞれの違いはどこなのか。

1200mのG1を制した、キングヘイローやアドマイヤマックスとかとか。

「一介のスピード馬ではない」というのは、ある程度スピードを小出しにできること。

これと瞬発力の有無は別問題。

基本的なスピードがない馬は芝で好成績は残せませんが、

中距離以上を走破するためには、スタミナの裏付け(調教というよりは、こっちは血統背景)

が必要です。

でもって、京都のマイルと阪神のマイルを考えないと、ホウライアキコの今日の人気は

かぶりすぎ。直前だいぶ落ち着いたとはいえ、「お客さん」だったのではないでしょうか。

そしてそのレースぶり。同じくクリスマスもお客さんと見ていましたが、全く対照的な

レースをしました。上り最速。

こういう素質馬をどう育てたいかのビジョンが問われる一戦でしたね。

最後にホウライアキコ、母父SSがなせるわざだと自分は思ってます。

(クリスマスも母系にSS入ってますけどね)

これが普通にケイバで血統がわかるということだと思います。

実際の買い目ではビビるので、18は切りきれませんでしたが、

レース結果を見ると「慎重すぎたわ」と思うわけで。

(そういえば、この話、エリカ賞圧勝のバンドワゴンへとつながるのでした。

スピードは真似できないが、制御が効かないと宝の持ち腐れ。アンカツのツイッターで

絶妙な示唆がありましたよ。乗り手としてはそう見るのか。)

« ★12月2週、連敗せず、やや上昇★安定と言えば安定か | トップページ | ★いつもこうならラクですがね★まあ、攻めもあうんの呼吸です »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/58720560

この記事へのトラックバック一覧です: ★大局はそこに★そのうえで朝日杯FSの登録馬を見ると?:

« ★12月2週、連敗せず、やや上昇★安定と言えば安定か | トップページ | ★いつもこうならラクですがね★まあ、攻めもあうんの呼吸です »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31