フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★あくまで実践を伴ってこそ★競馬で予想を楽しむ愚 | トップページ | ★「考える」競馬を実践する手順とは★それも考えたらわかります。 »

2013年11月17日 (日)

★何が不的中を生むか★実に簡単なのに気づかないの?

ということで、「予想」をキーワードに、CSフジの「競馬予想TV」の方向へ舵を切る。

先週のエリ女に続いて、今週のマイルCSも不的中。5人も「予想家」が出演しているのに

単勝2-3-1人気の組み合わせがナイ?

理由を「考えて」みてくださいね。

それとも、その前に番組としてのエンターテイメントが成り立っているから、楽しく見させて

もらいました、って?

先週のエリ女でひっかかったのは某氏の「世代間比較は意味ない」発言。

ひっかかったといっても否定的に、じゃないんだよね。

さあ、エリ女の結果を思い出してみて。

出走していた3歳馬7頭が、5着以内に4頭来ていた。

しかも、メイショウマンボは2冠馬だけど、ラキシスもトーセンアルニカも重賞好走歴なし。

じゃあ、ことしの3歳世代は強いんだ。

違うと思うんだよね。2キロの斤量差が効いているんだと思うけど。

それだけ、古馬牝馬の成長度は微量だということじゃないだろうか。

10回走ったら10回違う結果が出たかもよ。

たられば話はいいとして、既成概念を疑ってかかること、を言いたいわけだ。

エリ女は1~3着馬をまったく買っていないので、えらそうなことは何も言えないが、

マイルCSは4頭ボックスの4頭が1-2-5-7着だった。

今度は内枠有利、外枠不利のバイアス。

昨晩の放送で同じ某氏は「外枠が来ないなんて言ってない」と発言。

2つともめっちゃ誤解されると思うんだよね。

「外枠が来ないなんて言ってない」

「外枠を軸馬にするのは無謀」

何が違うのか。

それを受けて別の某氏が、

「だって、毎年3頭のうち少なくとも1頭は外枠が来ているよ」

だから愚だっていうんだ。

三連複の組み合わせに外枠を2頭入れては的中率が下がる、というだけの話

じゃないか。

考える競馬、というのはまさにそこ。

もちろん「競馬予想」TVだから、予想の結果が当たっていれば、みんな喜ぶんだろうが、

本質を見落とす癖をつけてしまうと、なかなか治らない。

馬連+ワイド4頭ボックスを選択した自分に、7・8枠の馬はいらなかった、というだけの

話なのである。

« ★あくまで実践を伴ってこそ★競馬で予想を楽しむ愚 | トップページ | ★「考える」競馬を実践する手順とは★それも考えたらわかります。 »

馬券術、的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/58593402

この記事へのトラックバック一覧です: ★何が不的中を生むか★実に簡単なのに気づかないの?:

« ★あくまで実践を伴ってこそ★競馬で予想を楽しむ愚 | トップページ | ★「考える」競馬を実践する手順とは★それも考えたらわかります。 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31