フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★ほんとうの馬券術は「アプローチ」★アプローチとはつまり思考法、発想法 | トップページ | ★人ある限り、人いる限りいつまでも★不変の真理だったらイイネ! »

2013年10月29日 (火)

★すりあわせ、バランス…★経験と精度アップに限るでしょう

これも門外不出系だけど、突発的に書いておくか。

直前オッズ。複勝の動きと三連単の動き。

これは必ずしも一致しない。

一致したときは確率が高い。

なぜか三連単は「怪しい」馬はほぼパターン化されて買いが入る。

だから、買いが入らない馬は激走率が低い。

で、複勝と三連単の動きが真逆だったとき、信じるのは人。

勝負してくる組み合わせか、良さそうに見せて4着以下に敗れる常連か。

こういうフィルターをかけてオッズを見ると、

単3~5人気のイマイチおいしくないケースで、ドンと入れてくる人たちがいる。

場合によっては、断然じゃない1、2人気が、競い合って集中投票が入るケースがある。

期待できないね。

それより単6人気以下で、最後のひと伸びこそが効率がいい。的中率が低くても、

回収する。そういうパターンの常連さんは、反射的に食いついてしまうほど。

1分前に動いてなくても、最後は動くんでしょ?と信用買い(笑)。

で、この数値、確率を上げるのが「荒れない」レースの判定。「飛ばない」1人気馬の判定。

単勝を買っておけば回収率100%は切らないレースの判断。

オッズのどこを見てどう買い目構築するかのフローチャートはほぼ完成している。

あとは心理的なブレをいかに排除して運用するか、だけ。

でも、この最後の「心理的ブレ」が大敵なんだよなあ。

だってきょうの1日は過去の1日とまったく違うわけだから。

いつも何が起こるかわからないのが楽しいところだけどねえ。

« ★ほんとうの馬券術は「アプローチ」★アプローチとはつまり思考法、発想法 | トップページ | ★人ある限り、人いる限りいつまでも★不変の真理だったらイイネ! »

馬券術、的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/58474523

この記事へのトラックバック一覧です: ★すりあわせ、バランス…★経験と精度アップに限るでしょう:

« ★ほんとうの馬券術は「アプローチ」★アプローチとはつまり思考法、発想法 | トップページ | ★人ある限り、人いる限りいつまでも★不変の真理だったらイイネ! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31