フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★画期的な馬券術…★競馬はそんなに華麗に勝てないがでも… | トップページ | ★ほんとうの馬券術は「アプローチ」★アプローチとはつまり思考法、発想法 »

2013年10月28日 (月)

★初の試み★当たる、当たらないのイメージをビジュアル化!

昨日の馬券をビジュアル化してみました。

黄色が的中部分。

ピンクが不的中部分。

グレーの帯は3着までに買った馬が1頭も来ていないレース。

131027_36

右側の赤字が的中馬券種、薄赤のオビは不的中馬券種。

そして的中欄の赤地白抜き文字は単6人気以下の的中。

ピンク地の白抜き文字は単6人気以下で買った馬が3着内に来るも不的中。

買った単勝6人気以下の馬は12頭3着以内に走り、そのうち8頭を馬券にまとめる

ことができた、ということになります。(この数字がまあまあ多い、好調ということ)

こう見ると、すごいようですごくない。

新潟6Rの馬連万馬券以外は、当たったりハズレたり。

残りで負けない、ことで、万馬券のリードを守る、という考え方。

買った馬が3頭とも馬券になっているレースは3レースしかなく、

逆に言うなら3頭とも来なくても回収できる買い方。

それでも三連単でイッパツ大勝負をしてはじける方々が多いからなあ。

ははは。

理解しに行く前向きな気持ちがなければわかりませんねえ、ここんとこ。

(机上の計算でピンクの部分も複勝1点で買っていればもっとプラス。でも自信がないから、

2番手以下としか見ていないから、ハズレ馬券に分類されちゃう、そんだけのこと。

背景にこれがあってのワイド的中ですね。)

« ★画期的な馬券術…★競馬はそんなに華麗に勝てないがでも… | トップページ | ★ほんとうの馬券術は「アプローチ」★アプローチとはつまり思考法、発想法 »

馬券術、的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/58471642

この記事へのトラックバック一覧です: ★初の試み★当たる、当たらないのイメージをビジュアル化!:

« ★画期的な馬券術…★競馬はそんなに華麗に勝てないがでも… | トップページ | ★ほんとうの馬券術は「アプローチ」★アプローチとはつまり思考法、発想法 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31