フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★だって1・2着馬を両方失格はできないから★間に入った津村の責任に | トップページ | ★重賞10連続不的中!!!★そして4週連続万馬券ゲット!!! »

2013年10月17日 (木)

★真実を見抜けなければ同じ★弱者の馬券術、強者の馬券術

そういえば彼らが表舞台から消えてから、あっという間に半年が経った。

しかるべき順序で見ていけば、隠された激走馬はおのずから見破れるようになる、という理論。

確かに、そういう手順をふんだレースへのアプローチ。ミスをしたあとは騎手も陣営も

挽回を図って攻めてくる的なリーズナブルな考え方。理にかなった馬券術でしたが、

問題は、それをマスターして勝ち組になれる「会員さん」の確率。

「買っちゃいけないレースはしっかり見送って、ここぞというレースに万単位で、

しかもオッズに合わせ資金配分して勝負をかける」

これ、コーチング主だからこそできる技術なんじゃないか?と思って見ていた。

それだけ見極める、勝負レースを絞ることは難しい。

昨今の、重賞だけ買う。どうにかして当てさせてほしい、というわがままに

正面から対応できる馬券術は果たして存在するだろうかね?

「可能なフリ」だけなら簡単なこと。

たくさん買って、たくさん当てる馬券術ほど、気が楽なものはないと思うのは

自分だけだろうか。

10万買って回収率250%。的中率4割でチャラなわけでしょう。

資金配分をしっかりして、おいしいのは低配当が来たとき。

低配当を大きな予算で獲りに行く、のは金持の馬券術だと思うんだけどね。

貧者の馬券術のほうがウケるのではないかと思うんだけど。

さて、彼らはどこへ隠れたんでしょうかね。

どうでもいいですな。

« ★だって1・2着馬を両方失格はできないから★間に入った津村の責任に | トップページ | ★重賞10連続不的中!!!★そして4週連続万馬券ゲット!!! »

馬券術、的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/58404380

この記事へのトラックバック一覧です: ★真実を見抜けなければ同じ★弱者の馬券術、強者の馬券術:

« ★だって1・2着馬を両方失格はできないから★間に入った津村の責任に | トップページ | ★重賞10連続不的中!!!★そして4週連続万馬券ゲット!!! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31