フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★見極めと味付け…(2)★先週の成功例をまず紹介 | トップページ | ★馬券探偵の企画意図★とりあえず、もっと当たればケイバは楽しい »

2013年8月27日 (火)

★復活!馬券探偵…(1)★ひたすらに豪快。豪快あるのみ

自分の長い観察経験によれば、

競馬場指定席の「おひとり様」の中で、感情を表に出さない人は以下のパターンしかない。

1.的中は当然で何の感情もわいてこない

2.競馬の何たるかをさっぱり理解しておらず、ただ買って外れている。的中は偶然の産物

この2つ以外が超レアケースであるとすれば、

平均値を大きく外れた冷静沈着な人。でも冷静沈着は、鈍感でもないし、状況把握ができない

わけでもないので、まあこの例外タイプはまずいない。

感情を表に出さないおひとり様が全体の60%とすれば、1.は10%で、2.は90%

となることでしょう。つまり半分が競馬とはナンノコッチャかわからずに1日過ごして、

運が良ければそういう1日を繰り返すために再び競馬場にやってくる。

さて、今回の久々復活「馬券探偵」。土曜日、右隣にインパクトの強い馬券を

残していったお方がいらしたので復活の決意なわけです。

まあ、紹介してみましょう。

しかし、ハズレ馬券を置いていく時点で「反省の意思なし」なわけだから感動します。

A130824_baken1_2

A130824_baken2a_2

A130824_baken3a_2

A130824_baken4_2

まあ、これらの馬券から受け取るメッセージは

オレの金なんだから、どう買おうとオマエにつべこべ言われる筋合いはない!

という敵対の精神、ですか。

平場から10万突っ込むか。

買い目をよく見ると単1~8人気の組み合わせで構成されている点が痛い。

網羅すれば勝てる!の発想?

ちなみにこの日の函館。三連単500倍以上は3レース。4桁配当は5レースありました。

まあ、4桁配当はしっかり網羅しているんでしょう。

でも10万も買ってる新潟新馬戦。7人気の1が抜けていて、配当は510倍でした。

とりあえず、金額は別にして「戦略がない」ことがよくわかるのではないでしょうか?

« ★見極めと味付け…(2)★先週の成功例をまず紹介 | トップページ | ★馬券探偵の企画意図★とりあえず、もっと当たればケイバは楽しい »

競馬場のダメ人間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/58073978

この記事へのトラックバック一覧です: ★復活!馬券探偵…(1)★ひたすらに豪快。豪快あるのみ:

« ★見極めと味付け…(2)★先週の成功例をまず紹介 | トップページ | ★馬券探偵の企画意図★とりあえず、もっと当たればケイバは楽しい »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31