フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★暑いけど、トレセンで鋭意練習中★ワタシに夏休みはないんですか?の巻 | トップページ | ★手伝える場合と手伝えない場合★その結果、自慢話?に終始するわけだな »

2013年7月24日 (水)

★理解できないのは「記事」読まないから★それは救いようがない

いやあ、相変わらず検索がヘタな人が多いねえ。

予測力が足りてない、というよりも、自分の知りたいことがわからないのに検索してる。

まあ、偶然このブログに行き当っても、「これは?」と思うこともなく、

記事単体で「役に立つ」「役に立たない」を判断しているようだから、学習しないんだろうね。

昨日、一昨日はひとりで大量の記事を読み漁って、アクセス数のみに貢献してくれた

人がいたようだけど(アクセス人数は多くなかった)、そういうパターンは例外。

いわゆる「いくら(こっちが)書いても接点がない」タイプ。

そんな中から「突っ込める」検索ワードを探してみたわけなんだけど。

「複勝オッズで軸馬を決める」

ってのがあった。再三言うけど、なんで「軸馬」必要なの?

始めに軸馬ありきの馬券を買っているようでは、的中の何割かは逃すと思うんだけど。

大切なポイントは、

いちばん「走りそう」と思う馬に、どの程度の確信があるかってことだろう。

確信があって「必ず1着」とか「少なくとも2着には来る」とか「3着以内は堅い」とか

確信の強さにもいろいろある。ただし、それすら明確に区分するのは難しくないか?

買う側の主観だろうし、主観はハズれるもんだ。

しかも、それをオッズで測ることは無理。

それをオッズという客観数値で測れるようなら、オッズそのものが成立しない。

まったく論理的じゃないよ。

そんなことがわからないほど競馬経験が浅いのか、と感動しちゃうよ。

競馬経験じゃなく学習能力?

「必ず1着」なら単勝を買うし、「少なくとも2着」なら馬連だし、「3着以内」なら三連複?

最初の以外は軸馬という発想は不要。

で、その確信とは相対的なもので、たとえば可能性が、

80%、30%、20%の3頭が並べば、80%の馬が軸でいいだろう、となるかもしれないけど、

50%、40%、30%の3頭が並べば、50%の馬が軸で大丈夫か?となる。

可能性=オッズであれば、いちばん人気がある馬を軸に選べ、となるけど、

ケイバっていうのは人気がある馬が来ないから配当がつく。

そんなことも知らないのか?と思うわけだ。すごい。

だから複勝シェア1位、2位、3位がいれば、「世間」がいちばん来る、と思っているのが

1位の馬で、それが4着以下に敗れるから配当がつく。

じゃあ、複勝シェア4位を軸馬に取ろう、って、それ根拠はどこにあるの?

だからこそ集中投票に注目するわけじゃんよ。

いずれにしろ、常に最初に1頭を決める馬券術が成立するのは、それが世間の一番人気

じゃなく、その1頭を軸に買い続けると収支がプラスになるから成立する馬券術。

よって、複勝であれ何であれ、「オッズ」によって軸馬を決めるはナンセンス。

ただ言葉足らずで、「オッズが直前で極端に動いた馬に狙いを定めて買う」は全然あり。

この検索ワードではこの「差」がまったく理解できていないと見る。

三連単しか買えない人=頭の固い(融通の利かない)人とするなら、

せっかくの軸があっているのに、馬券が外れる事態を歓迎しているように思える。

落とし穴に落ちに行く。

まさに函館2歳Sで三連単でしか買えなくて1番の馬を買えているのに

「13万馬券惜しくもハズレ」を獲りに行った某氏と同じ発想になってる。

« ★暑いけど、トレセンで鋭意練習中★ワタシに夏休みはないんですか?の巻 | トップページ | ★手伝える場合と手伝えない場合★その結果、自慢話?に終始するわけだな »

検索ちゃんにリアクション!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/57853410

この記事へのトラックバック一覧です: ★理解できないのは「記事」読まないから★それは救いようがない:

« ★暑いけど、トレセンで鋭意練習中★ワタシに夏休みはないんですか?の巻 | トップページ | ★手伝える場合と手伝えない場合★その結果、自慢話?に終始するわけだな »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31