フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★ナンセンスに気づかないということで★一応?の77000人? | トップページ | ★またまた検索力の話題になっちまう?★なぜ、その「一歩」が踏み出せないのか? »

2013年7月 3日 (水)

★何回かに1回でも、その日は貴重★回収馬券の構造を考えないと

せっかくなので「勝ちパターン」について、もう少しだけ自己主張。

6/30日曜の函館1レース。

こういう的中。

130630hako1

複勝、ワイド、枠連が的中。

馬券を4種類買って、3種類的中。

プラスになった土曜日を受けて、三連複、三連単を無視して当てにいったところがポイント。

三連複狙いで2400円なら200円以上買ってないと。

三連単で1・2着がズバリでも、そのあと何点買いますかね?

7100円の配当を運よく決めるのに12点以上は買っちゃうのでは?

じゃ、1・2着がズバリ読み切れなかったら、どうリスクをとるのかな?

以下が結果着順。

130630hako1b

お分かりのように、狙いは10番、丹内の騎乗したナデシコノハナ。

単勝8人気。この馬が3着内に来るか来ないかが、この馬券のほぼすべて。

ほぼ、というのは

来なくても単勝1-2人気の枠連(結果として馬連と同額。直前まで枠>馬)

を押さえてリスクを意識しているところがミソ。

1レースから、こういう当たりがくると相当に気分はup

そしてこの気分upはせいぜい午前中いっぱいしか持たないのが常。

うすーく伸ばして伸ばして、この流れをどれだけ引っ張るか、ダメになったな、

と自覚したところで、さっぱり気分を切り替える。

うまく切り替えられれば、後半戦にまたヤマがくるってわけ。

もちろん来ない時もある。

これとは逆に午前中が「なんでこうなるの?」な日もあるわけで、

6/29の土曜などは午前中13レース中、当たったのは馬連950円のみ。

でも、開き直ってじっくり構えていれば、大魚がかかることもあるわけだ。

少なくとも、不調を自覚した時点で万馬券狙いで振り回すのがサイアクだって

わかっていても、やってしまうのなら、やっぱり「自分に勝てていない」とするべき。

« ★ナンセンスに気づかないということで★一応?の77000人? | トップページ | ★またまた検索力の話題になっちまう?★なぜ、その「一歩」が踏み出せないのか? »

馬券回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/57718370

この記事へのトラックバック一覧です: ★何回かに1回でも、その日は貴重★回収馬券の構造を考えないと:

« ★ナンセンスに気づかないということで★一応?の77000人? | トップページ | ★またまた検索力の話題になっちまう?★なぜ、その「一歩」が踏み出せないのか? »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31