フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★データはだいじ、継続もだいじ★そしてメンタルがすごくだいじ | トップページ | ★覚えるのがニガテなら無理な戦法★隙をみせた時点で撃ちとられるわけだ »

2013年3月25日 (月)

★時間とともに対策が立てられる★ほんの数%のバンクが接戦をプロデュース

具体的なデータは各自で確認してみるといいんだけど、

中京競馬場の開催もすでに2回終わり。3~4角に数%つけられているバンクが

効いていて多頭数でも外枠が不利じゃない、という定説はずいぶん広まったんじゃないかな。

とはいえ、乗り方次第なんで外が有利だと思いすぎると意外にハマらないし、

脚を長く使うことにもレース距離によっては限界があるから。

日曜のレースでも外に出したはいいが外過ぎて力尽きた馬や、

インコースで距離ロスを防いだはいいけれど、出す場所がなくインで詰まった馬が

けっこう目立った。レースだから、多くの騎手が意識すれば、その逆をつくインサイドワーク

が効いてくるわけで。

ただ、こういうタイプのコースはいままでの日本の競馬場になく、最内枠も有利だけど、

外もなかなか、という枠順適性というキャラが芝・ダートのほぼすべてのレース距離に

共通している、というのは特徴的。

当初は小回りの良さもあるのに直線長くしてスロー、瞬発力のケイバを助長することに

異論も多かったんだけど、JRAの設計者は読めていた、ということか。

高松宮記念も1200で直線が長いことを意識する競馬が発生するなんて、なかなかに

意外だわな。

まあ、逃げ馬には厳しいコースという部分だけ取り上げると、「直線の攻防」だけが

焦点のように思うけど、慣れるとけっこう読み甲斐のあるコースかもしれないね、

中京競馬場。

« ★データはだいじ、継続もだいじ★そしてメンタルがすごくだいじ | トップページ | ★覚えるのがニガテなら無理な戦法★隙をみせた時点で撃ちとられるわけだ »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/57028858

この記事へのトラックバック一覧です: ★時間とともに対策が立てられる★ほんの数%のバンクが接戦をプロデュース:

« ★データはだいじ、継続もだいじ★そしてメンタルがすごくだいじ | トップページ | ★覚えるのがニガテなら無理な戦法★隙をみせた時点で撃ちとられるわけだ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31