フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★セルフ・ダメ出し馬券研究シリーズ(3)★試作品つづく | トップページ | ★熟成のためにいったん「まとめ」★次なるステップはどこに隠されているのか? »

2013年2月19日 (火)

★セルフ・ダメ出し馬券研究シリーズ(4)★最後は単に恥さらし

恥さらしすぎて、逆に自慢かも?な馬券。

フェブS。

これだけふざけた買い方ができる時点で「勝ち確定」の余裕だと思うのだけど、

余裕=無駄遣い=ぬるい買い目

となってしまっては、「けたぐり」の意味もない。

130217to11

これもそんな買い目で2400円も買うかよ、の一喝で終わり、なぐらい。

データ的に東京のダ1600は4枠、6枠、7枠、8枠なので、おちょくってみました。

結果的にどの枠も来ませんでしたね。

フェブS自体の見立てとしては、どの馬も一長一短すぎてわからん!

事前の狙いはシルクフォーチュンだったけど、昨年より人気だし、一本ではとてもいけず。

しかし、G1の直前三連単のオッズ変動は相当あてにならないすな。

で、おちょくりを決め込みすぎて、最後に浮上したエスポワールシチーを拾えず。

もっともっと柔軟に構えないといかんですわ。

グレープブランデーを切った理由? 1枠だから。そんだけですもん。

不利な1枠、来るときもある。

« ★セルフ・ダメ出し馬券研究シリーズ(3)★試作品つづく | トップページ | ★熟成のためにいったん「まとめ」★次なるステップはどこに隠されているのか? »

馬券回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/56796786

この記事へのトラックバック一覧です: ★セルフ・ダメ出し馬券研究シリーズ(4)★最後は単に恥さらし:

« ★セルフ・ダメ出し馬券研究シリーズ(3)★試作品つづく | トップページ | ★熟成のためにいったん「まとめ」★次なるステップはどこに隠されているのか? »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31