フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★リアルなアリバイ…★クリスマスの季節ですな | トップページ | ★ほんのささいなことで動くメンタル★どうすれば乗り超えられるのか »

2012年12月 2日 (日)

★JCダート的中もポイントはそこではなく★確信の勝負のカッコ良さの裏に…

JCダートも無事終わりました。

事前に確信があったことがいくつかありましたが、

記事にしてしまうと、その記事にした事実に縛られてしまうので、

やっぱり後出しです。

それらもどの時点で確信があったかはさまざまで、だいたい馬券購入直前までに、

ということが多いので、記事にしにくい面もあります。

とりあえず事実だけ書くと、

JCダート直前15時20分の時点で、土曜日がプラス、日曜日がほんのわずかにプラス、

という状態だったので勢い込んだ勝負はなし、が結論でした。

買った馬券はワンダーアキュートの単勝馬券と、

ワンダーアキュート、ホッコータルマエ、グレープブランデー、ハタノヴァンクール、

ローマンレジェンドのワイド5頭BOX。

この中に27.9倍の的中があったので、一応プラスでした。

ワンダーアキュートはプラス体重が嫌われたようだったので、なおさらそこが

勝負ポイントとなりましたね。それに

かつての出来にない馬、G1レベルにはあっても、仕上げが完璧でないと思われる

馬が人気になっているので、堅く収まることはない、が結論でした。

そこで、考えたほうがいいのは、それだけ自信があるのなら、ワンダーアキュートの

複勝で万単位の勝負ができたか?という点。現時点では安易にそういう発想は

してはいけないと思いました。(ということは、馬体重増加が嫌われて動いたオッズを

信用している部分も少しはあったということでしょう)

あと悔しいのは、当初ニホンピロアワーズの取捨を真剣に考えていたのに、

オッズを見たあとは「買わなくちゃ」と思わなかったことかなあ。

ここまでわかっていれば、JCダートは恥ずかしい外し方はないと思います。

秋のG1でも、まったく予想外だったのはマイルCSだけでしたから、

あとはどう的中買い目に仕上げるか、という大きな問題が残るだけでしょう。

とにかくここ1か月で感じているのは「勝っているとき」の打ち方が、

さらなる的中を呼ぶ、という事実。もちろん逆もありますが。

この感覚は同じ方法論をとっていないと、なかなか共有できない部分なんでしょう。

にしても、好調は必ず終わるわけで、不調時のしのぎ方こそが技術なんだと痛感しています。

やっぱり例の方法は有効で、「人気サイドに偏ったオッズのレース」が多くても、

どんとこい、という気持ちなれつつあります。

« ★リアルなアリバイ…★クリスマスの季節ですな | トップページ | ★ほんのささいなことで動くメンタル★どうすれば乗り超えられるのか »

馬券回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/56237102

この記事へのトラックバック一覧です: ★JCダート的中もポイントはそこではなく★確信の勝負のカッコ良さの裏に…:

« ★リアルなアリバイ…★クリスマスの季節ですな | トップページ | ★ほんのささいなことで動くメンタル★どうすれば乗り超えられるのか »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31