フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★脅威でも万能ではない★何をしたくてどこまで… | トップページ | ★ますます現実は厳しい★当てて、当てて、最後はマイナス »

2012年9月14日 (金)

★関係者なら誰でも知っている?★厳しい現実っていう奴

そういえば…トーセンホマレボシの繋養先はどこだっけ?

と調べていてブリーダーズSSへたどりついた。

ウィキペディアによれば、今年からダンスインザダーク、スペシャルウィークも

ここにいる。社台SSからの払い下げ、か。

SS系、多すぎるしね。

他にも何頭も社台SSから移動してきている。

その中に見つけた名前がグラスワンダー。彼は2007年に移動してきている。

ということは2007年生まれ以前の産駒は社台SS。

2008年以降はブリーダーズSSなんだ。

おい、待てよお。

忘れちゃいないぜ、今年の小倉2歳Sの不的中馬券。

「グラスワンダーは残念ながら種牡馬として終わっている。本人のせいじゃなく配合牝馬のせい」

を見事にくつがえされたレース。

じゃ、世代別成績を調べてやろうじゃないの?

産駒は9世代。最年長は今年10歳の2002年生まれ。

平均複勝率は19.2%

その数字に達していないのは初年度の2002年生まれとブリーダーズSS以降の

2008、2009年生まれ。2009年生まれにいたってはなんと4%!

こんな数字なら産駒全部消しだろうて。

16か月経過して馬券になった回数は8回。出走回数は202回。

「消し」に逆らったのはニンジャとタガノバベルの2頭のみ。(1着をとった馬…

3歳で1着がない他の馬は負け組)

たぶん、この数字を知らずに2010年生まれは配合されてきたんだろうけど、

複勝率21.2%と急に盛り返している。

勝ったのはまだ、そのクラウンレガーロ1頭なんで油断できませんが(笑)

そんな現実です。

ひきとられてよかったか、トーセンホマレボシ。

« ★脅威でも万能ではない★何をしたくてどこまで… | トップページ | ★ますます現実は厳しい★当てて、当てて、最後はマイナス »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/55653504

この記事へのトラックバック一覧です: ★関係者なら誰でも知っている?★厳しい現実っていう奴:

« ★脅威でも万能ではない★何をしたくてどこまで… | トップページ | ★ますます現実は厳しい★当てて、当てて、最後はマイナス »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31