フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★「からくり」に対抗するには…★馬券を「買うな」かよ(笑) | トップページ | ★2010年生まれの傾向はいかに?★いつ走るんだ?ハーツクライ産駒 »

2012年8月15日 (水)

★札幌記念→簡単にはいかないが★たぶんオッズ的には硬直しそうで難解…

気をとりなおして。

札幌記念。

いや、重賞で「今回は面白い」となることがほとんどない。

なぜなら、「今回はこの馬を勝たせます」という意図がはっきりしているから。

とはいえ、30%以上の確率で「勝たせることに失敗」する。

もっと言えば、世間にそう思わせておいて「実は…だった、

というオチが用意されている場合も多い。

先週のドナウブルーもそう。

なぜここで本気?と疑ったが、見事な勝ちで。

そういう陣営の本気度をどう読むか。

でもって今回はトーセンジョーダン。

いやあ、本気うんぬんのレベルじゃないでしょう、G1馬だし。

ダークシャドウにヒルノダムール。

確かに秋を見据えて使っておきたい。ちゃんと秋には勝負になるのか。

ただし現時点で「秋には勝負になるには決まっているので、ここは参加するだけ」

というふうにも思えない。

そこで気になるのはハナズゴール。

チューリップ賞までは「どこまで行くんだ?ホントに強いのか!」

だったが、無理にG1を使ってすっかり不透明に。

3歳牝馬の52キロはおいしいし、北九州記念の栄進軍団を捨てて、田辺が来札。

ここでの要注意ポイントは血統。

血統が一流じゃないと、いったん崩れてから立ち直れない。

オレハマッテルゼ産駒の牝馬。突然変異系とも言えなくない。

デュランダル産駒のエリンコートのその後を思い出してほしいところ。

それでも一旦は頭角を現すのがSS後継種牡馬のすごいところ、だが。

実績上位3頭+3歳牝馬で満足できないとすれば…

もう少し穴馬を探さなくてはいけない、というのが札幌記念。

でも、フミノイマージンのような使い方は賛成できないね。

牝馬重賞(牝馬限定G1レベルも含)で勝ち負け必須の馬を牡牝混合重賞で

5着狙いさせるのは、オーナーの困窮なんだろうて。

<8.17>追加更新

はい、主役が回避でいなくなりましたので、各陣営盛り上がっていることでしょう。

とすると意外に「やっぱり実績馬」で収まったりするんだよね。主役がいるときは

「そんなの消し」って言ってても、いざ誰かがリーダーシップとらなきゃいけないはめになると

なるようになる、というか…。

本来はここを踏み台に伸びる馬、現時点で過小評価の馬…を狙えればいいんだが、

どうも「そのとき、そのとき」の勝負馬が多くって。

« ★「からくり」に対抗するには…★馬券を「買うな」かよ(笑) | トップページ | ★2010年生まれの傾向はいかに?★いつ走るんだ?ハーツクライ産駒 »

想定読み・気配読み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/55426820

この記事へのトラックバック一覧です: ★札幌記念→簡単にはいかないが★たぶんオッズ的には硬直しそうで難解…:

« ★「からくり」に対抗するには…★馬券を「買うな」かよ(笑) | トップページ | ★2010年生まれの傾向はいかに?★いつ走るんだ?ハーツクライ産駒 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31