フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★セレクトセール2012★総括らしきもの | トップページ | ★無知って恐い★データ競馬を実践しない人の使えないデータの件 »

2012年7月11日 (水)

★セレクトセール2012★大盛況でも疑問はあるでしょう。

一度「総括らしきもの」でまとめたつもりだったけど、再度。

上場馬の順番にも作戦があるはず。

高く売れそうな目玉馬をどのへんの順番に置くか。

早すぎても遅すぎてもいけない、真ん中くらい?

なおかつ、各人気種牡馬が分散するように。

1歳セールは最後のほうで、時間は押すし、目玉馬はいないし、オークショニアも

だいぶバタバタした感じでしたね。

最後のほうにスペシャルウィークやクロフネは「牝馬が活躍!」とかコメントしちゃって、

前半に上場されていたそれらの牡馬のときには触れないわけで。

もうそのあとに当該種牡馬の牡馬がいないのを確認した上で。

台本がありますもん。

それでもネタがない馬もいるわけで、近親(母系)に活躍馬がいないと、父馬を褒める。

いやいや上場馬すべてがそれなりの父の仔なんだから、父を褒めても。

逆に言えば、母系に実績がない、ことが強調されているだけ。

あとは1歳、当歳を同時上場するケース。ラヴアンドバブルズは結果的にかなわなかった

わけだけど、ブリランテがダービー馬になった直後に2頭売ろうとしたパカパカファームは

潔い。

ただ、1歳は欠場しちゃったので、高額で庭先取引されちゃったんじゃないの?

当歳牝馬で1億超えですから4億ぐらいいったかもしれない。

それにしても外野は仔馬に億の大金!とはやし立てるけど、

冷静に見て、過去のセレクトセール、落札価格上位、2億50百万以上の落札馬で

重賞勝ち馬はいないんですよ。最高でもフサイチジャンクの4勝。

今朝のサンスポなんてカームが30戦14勝なんて書いてあるけど、岩手競馬ですから!

獲得賞金も併記しましょうよ、冷めるから(笑)

そういう意味での年中行事で、見事躍ってくれました、ということだと思いますね。

躍らせた側がプロ。つい躍ってしまった側は…いやいや逆らえませんから、わかってて

躍るわけです。

« ★セレクトセール2012★総括らしきもの | トップページ | ★無知って恐い★データ競馬を実践しない人の使えないデータの件 »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/55169837

この記事へのトラックバック一覧です: ★セレクトセール2012★大盛況でも疑問はあるでしょう。:

« ★セレクトセール2012★総括らしきもの | トップページ | ★無知って恐い★データ競馬を実践しない人の使えないデータの件 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31