フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★競馬女子という分類こそが失礼★はやくそんな時代来ないだろうか | トップページ | ★徹底抗戦はいいとして★大事なのはメンタル、大事なのはメンタル »

2012年7月18日 (水)

★2012.7.17→北海道市場★セレクションセール結果など

17日、先週のセレクトセールに続き、北海道市場でセレクションセール(1歳馬)が

行われた。落札総額は15億ほどでセレクトセール2日間の7分の1ほど。

セレクトセールが異常な熱気なので、比べちゃいけませんが。

平均落札価格は1167万で、セレクトセールの35~40%ぐらいでしょうか。

日高の生産者が中心なわけだけど、社台系もちょっとだけお付き合いしてますね。

ここで見たいのは、セレクトセールではなく、こちらを主力に馬を調達されている

オーナーさん。それと、そこで上手に売っている生産者、それでも売れない生産者。

セリを経由した馬と、経由しないで馬主の手に収まった馬の質の差、でしょうかね。

購買者別にみると、もっとも落としたのは何とJRA(日本中央競馬会)ですわ。

11頭を9120万で買ってます。これをJRAの育成に一旦入れて、来年のブリーズアップ

セールに上場し、もっと高く売るわけです。育成技術のノウハウを確立するのが

目的。馬産地振興の一策ですな。

続いて活躍したのはメイショウの松本オーナー。やっぱりこっちのセールが主力ですか。

5頭で8720万。

このほか高橋仁氏、山岸桂市氏、竹園正継氏が6000万オーバー。

永井啓弐氏が5000万オーバーで続きます。

やっぱりJRHAのセールと落札者のラインナップが微妙に違いますね。

販売者別では4000万オーバーは

シンボリ牧場、6頭6260万

グランド牧場、4頭5330万

酒井牧場、2頭4600万

千代田牧場5頭4300万

白老ファーム4頭4260万

だいたい2頭上場して、どっちかに2000万の値がついたら御の字、という展開。

なんで、問題は2頭上場して2頭とも売れなかった牧場ですな。

セリでの販売価格が牧場の年間収入の何割を占めるのか、悩みたくなってしまいます。

もちろん、競走賞金の中には生産者に届くものもありますが、やっぱり主力は仔馬の

販売ですから。

レースで仕込んで馬券で補填したくなる気持ちもイタイほどわかります(笑)

生産牧場→JRA調教師、調教助手、厩務員の親族、姻戚関係もごろごろありますから。

« ★競馬女子という分類こそが失礼★はやくそんな時代来ないだろうか | トップページ | ★徹底抗戦はいいとして★大事なのはメンタル、大事なのはメンタル »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/55221782

この記事へのトラックバック一覧です: ★2012.7.17→北海道市場★セレクションセール結果など:

« ★競馬女子という分類こそが失礼★はやくそんな時代来ないだろうか | トップページ | ★徹底抗戦はいいとして★大事なのはメンタル、大事なのはメンタル »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31