フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★定期系告知★2012.6.19 | トップページ | ★解決しない諸問題★発想を変えると希望の光が »

2012年6月19日 (火)

★それで釣れるのなら甘い世の中★そこへ進むと自分も蟻地獄

馬券術、と呼ばれるものには実にいろいろなものがある。

考案した人はそれなりの手応えがあって、それが第三者に伝わって確立されていく

ケースが多いが、ぱっと見て「ここがアヤシイ」は見抜けるだろうか。

「目の付けどころ」的な馬券術は、どんなものでも参考になる。

少なくともある程度、実際の回収率の裏づけがあれば。

ただし「情報系」の馬券術は旬の情報が常に変化しているために、「必勝パターン」が

定位しないことも多い。

馬券術のどこが危うい、を見抜けないようでは、手を出さないのが得策だろう。

笑ったのは「乗り替わり」をメインに穴馬を打ち落とす馬券術の人のブログに、

オッズ系のバナーが張られていたこと。

示唆に富んでいる。

「乗り替わり」から穴を打ち落とす馬券術の肝はやはりオッズだし、回収できる穴馬を

狙うのがスジ。それを事前に公表してしまい、最終オッズは「馬に聞いてください」。

ホントに出走側の意図があれば、直前で票が入って、思ったよりおいしくなくなるでしょう。

原理的には、他人が狙わないような馬に目をつけるので、それなりに回収率が高い、

というオチで、別に乗り替わりの理屈が合ってなくても、結果が残れば立派な馬券術。

ちゃんと結果も公表したいところだね。

で、バナーの「オッズ系」のほうは、オッズ分析で買い目を配信だと。

あのなー、オッズ分析が「終了」するのは、締切時刻なんすよ。

最終オッズ以外は正しいものは何もない。その正しいオッズにもっとも近いのが1分前の

オッズ。そんなの小学生にでもわかるだろう。

で、現実的にその1分前で分析して買い目を配信して間に合うのか?

本当のインサイダー情報を持っている関係者が、真剣に「儲け倒したい」と思ったときに、

オッズを動かした形跡を長時間晒しておくと思うのか。

本人が「せっかくの情報をムダにしたくないが、買いそびれたら元も子もない」と

考える数分のギャップに、オッズの動きを読み取るからこそ、他人が気づかない穴馬が

つれるんだから、オッズ系で買い目を配信の情報が精度が高いわけがない。

…というようなことを「そこが限界だな」と見抜けないのだとしたら…

というよりも、「普通アナログではできない」を可能にする方法があるのだとしたら

おいしくないか?

いずれにしろ、考えるクセをつけましょう。馬券は「運」20%、「実力」80%。

的中買い目にたどりつくロジックは存在する。

最初からケイバなんて儲かるわけがない、と思いながらやめられないのはただの

ギャンブル中毒でしょう。「ただの」ギャンブル中毒だけは勘弁だね。

« ★定期系告知★2012.6.19 | トップページ | ★解決しない諸問題★発想を変えると希望の光が »

馬券術、的な」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/55001288

この記事へのトラックバック一覧です: ★それで釣れるのなら甘い世の中★そこへ進むと自分も蟻地獄:

« ★定期系告知★2012.6.19 | トップページ | ★解決しない諸問題★発想を変えると希望の光が »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31