フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★雇用の問題もいろいろしがらみが★JRAのバイトはギャラがいいの? | トップページ | ★去る人来る人★徐々に解けていく人間模様 »

2012年3月 2日 (金)

★週末は楽しみだが…★期待過多も敗北への道

なかなか、これは!というネタが今週はなかったけど。。。

知人のとある競馬ファン?の言っていたことで、「毎週重賞はやる」というその人の

買い目の決め方はデータ、なのだそうだ。

過去どういう傾向のレースなのか、ということで、荒れそう、堅そうなどいろいろなファクターを

総合して買う馬券を決めるんだって。

まあ、リーズナブルといえばリーズナブル。

細かく突っ込むのはよしておこう。

で、例えばチューリップ賞。実力的には桜花賞最短距離であるところの阪神JF勝ち馬が、

本番前に一度使っておきたい、というレース。阪神のマイルで条件が阪神JFとも桜花賞本番

とも同じだから。

その馬が桜花賞を獲る器であれば、彼女の登場で、仕上げ度合いにかかわらず、チューリップ賞の1~3着に

与えられる桜花賞優先出走圏は自動的に残り2つとなる。

ジョワドヴィーヴルが今回それに当たる。

さて、ノーザンFの同僚馬、対抗する社台F陣営はそれをどうとらえているのだろうか。

想定でカギを握った1頭がハナズゴール。この馬にデムーロ弟が配された。

厩舎を見て、ここにひっかかって当然である。

ジェンティルドンナは岩田で。これもサンデーRでノーザンF。

すでに賞金を持っているエピセアローム(浜中)もノーザンF。

にもかかわらず、社台Fはデムーロ弟を押さえなかった。

これで荒れるレースを期待しろ、っていうほうが無理。

競馬なんでジョワドが飛べば、すごい馬券になるに決まっているが、総かぶり必至。

普通に考えれば儲けるレースじゃない。

20頭登録していた時点で、鞍上未定が多数。結局6頭が回避してそれでも14頭出走は

多いほう、とは思うが、せっかくのトライアルなのにフルゲート割れ。

またしても「うまく立ち回りたい」レースになってしまったようだ。

最近はこういうトライアル(使い分けが明白)が増えているように思う。

社台一極集中の背景を考えれば、これからそういうトライアルはもっと増えるでしょうな。

« ★雇用の問題もいろいろしがらみが★JRAのバイトはギャラがいいの? | トップページ | ★去る人来る人★徐々に解けていく人間模様 »

想定読み・気配読み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/54119948

この記事へのトラックバック一覧です: ★週末は楽しみだが…★期待過多も敗北への道:

« ★雇用の問題もいろいろしがらみが★JRAのバイトはギャラがいいの? | トップページ | ★去る人来る人★徐々に解けていく人間模様 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31