フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月 2日 (金)

★週末は楽しみだが…★期待過多も敗北への道

なかなか、これは!というネタが今週はなかったけど。。。

知人のとある競馬ファン?の言っていたことで、「毎週重賞はやる」というその人の

買い目の決め方はデータ、なのだそうだ。

過去どういう傾向のレースなのか、ということで、荒れそう、堅そうなどいろいろなファクターを

総合して買う馬券を決めるんだって。

まあ、リーズナブルといえばリーズナブル。

細かく突っ込むのはよしておこう。

で、例えばチューリップ賞。実力的には桜花賞最短距離であるところの阪神JF勝ち馬が、

本番前に一度使っておきたい、というレース。阪神のマイルで条件が阪神JFとも桜花賞本番

とも同じだから。

その馬が桜花賞を獲る器であれば、彼女の登場で、仕上げ度合いにかかわらず、チューリップ賞の1~3着に

与えられる桜花賞優先出走圏は自動的に残り2つとなる。

ジョワドヴィーヴルが今回それに当たる。

さて、ノーザンFの同僚馬、対抗する社台F陣営はそれをどうとらえているのだろうか。

想定でカギを握った1頭がハナズゴール。この馬にデムーロ弟が配された。

厩舎を見て、ここにひっかかって当然である。

ジェンティルドンナは岩田で。これもサンデーRでノーザンF。

すでに賞金を持っているエピセアローム(浜中)もノーザンF。

にもかかわらず、社台Fはデムーロ弟を押さえなかった。

これで荒れるレースを期待しろ、っていうほうが無理。

競馬なんでジョワドが飛べば、すごい馬券になるに決まっているが、総かぶり必至。

普通に考えれば儲けるレースじゃない。

20頭登録していた時点で、鞍上未定が多数。結局6頭が回避してそれでも14頭出走は

多いほう、とは思うが、せっかくのトライアルなのにフルゲート割れ。

またしても「うまく立ち回りたい」レースになってしまったようだ。

最近はこういうトライアル(使い分けが明白)が増えているように思う。

社台一極集中の背景を考えれば、これからそういうトライアルはもっと増えるでしょうな。

★去る人来る人★徐々に解けていく人間模様

3月に入って新人騎手もデビューするし、新しい厩舎も開業するわけだが、

まずは小島貞博調教師逝去に伴う湯窪厩舎への臨時貸付が終了した。

河野厩舎→藤原辰厩舎のときほどではなかったが、ひきついだ30頭は臨時貸付が終了した

時点で19頭になっていた。その19頭はほぼ散り散りになり、新人調教師に割り当てられたのは

わずかに2頭であった。

17頭には預託したい先がすでにあった、ということなのだろう。

で、新人調教師。栗東の吉村、今野両師は免許が下りてから開業までに、準備期間が

あった。

今野師は引退した鶴留師からジュエルトウショウをはじめとしたトウショウの有力馬をそっくり

引き継いだようだ。いくら引退月に鶴留師が勝負しまくったとはいえ、この財産は大きい。

在籍16頭でのスタート。

しかし吉村師はそれを上回る18頭のラインナップ。有力どころの馬主をバランスよく

揃えて、在厩12頭でスタンバイ。

それに引き換え美浦で開業の4師。

黒岩師が在籍12頭。高橋文師、蛯名利師が在籍10頭。金成師にいたっては在籍が8頭。

そりゃあ準備期間がほとんどなかったわけで非常に苦しいスタートだ。

美浦で注目は最年少31歳。たぶん最短で試験に合格した黒岩師の手腕だ。

即戦力としてマイネル系が活躍すれば、面白い存在になるかもしれない。

いずれにしろ、準備期間があった栗東の2師が有利。

新人調教師もさ、成績イマイチの解散厩舎をまるまる引き継ぐことだけは避けたいわけ、

だよな。

2012年3月 3日 (土)

★まずは土日の騎手分布★遠征の理由を読むのがはじめの一歩

レース前にちょっとだけ、つぶやいておこう。

出馬表が確定して事前の予習するにあたり、読みとることは、

まず誰がどこで乗っているか。

ふだんと違う競馬場で乗っている騎手がいれば、

「何に乗りに行っているか」を考える。

その馬が勝負にかからない馬であれば、他の騎乗馬に注目する。

そして誰がその騎手をサポートし、その騎手がどの関係者の信頼を得ようとしているか、

を考えてみる。

今日の土曜日はK騎手とK騎手が中山に登場。

さて、結果を残せるか???

★新中京の直線は「長い」のか?★収支的にはイマイチのスタート

自信があるときに限って、というのも競馬の法則ですな。

新中京も含め、今日の感想。

3つ予告したうち、「ほらな」と胸をはれたのはオーシャンSの1つだけ、か。

ワンカラットの複勝580円を200円だけ押さえてるって、それじゃ胸をはるに至らず、だわな。

でもハナズゴール→デムーロに?となるのは当然、というくだりは別の意味で合っていたようで。

土曜日は馬券の内容的にも不満な出来。やっぱり新中京の攻略は一朝一夕には

できない感じですわ。

馬券術“Shadow”的にも、そこがキモだろうなあ。

2012年3月 4日 (日)

★2012.3.4★何が悲しいって…

今日も函館から。

天気は晴れ。

確かに土曜は自分も馬券成績があまりよくなかったんだが。

日曜、来てみてがっかり。

昨日勢ぞろいだった、「良心トリオ」が3人とも欠席。

全員が「急に仕事が入った」ということはないだろうて。

土曜のあの両メインの結果が、今日の事態を物語る、ってか。

それほどに競馬で勝つのは難しい。

馬券成績が悪いとモチベーションも下がる、と。

悲しい現実でした。

さ、ひとりでがんばろっと。適当に。

★2012.3.3&4★新中京の前にとうとう爆敗!大落胆!

とりあえず2012年最悪の回収率土日で65.8%という惨憺たる成績で、

今年10週目にして早くも年間のプラスを失ってしまいました。落胆するしかないなあ。

やっぱり問題は中京競馬場。もっともっと慎重に対処しないといけない。

土日とも、午前中は当たりがあるんだけど、午後は沈黙。

馬券術“Shadow”の性格上、不正確な偏重をトレースしてしまって不的中、が続出。

疑心暗鬼になったところで、日曜の10R。

キリシマトリオのサインを見落としたら、そこだけ複勝850円、ワイド22.3倍の大爆走!

逃してしまって大ショック。

特に芝コースは土日、レースのラップとタイムを見比べてみても、含水量以上に重そうで、

騎手も位置取りと使える脚を正確に判断できていない感じがした。

来週は中京は、特に芝のレースはもっと慎重に買わなくちゃ、今週の二の舞になっちゃマズイ。

オッズ激走馬プラスワン、のプラスワンが何もないと、けっこう微妙な流れの日はなかなか

立ち直れないのがよくわかりました。

歯車が狂い始めると、中山メインの馬連2・3着や最終の(三連複)的中もわずかに18倍など、

無駄な絞り込み、低配当が続くあたり、競馬ってほんとに不思議だよなあ。

来週は気を取り直して、また一から再スタートですな。

それにしても弥生賞、大将が沈んで、キャロットは無事、2頭めを皐月賞に送り込むことに

成功。うーん、なんだかな。

★新キャラ登場★地元常連さんの中で風格はNO.1!!!

競馬場に開門前に到着すると、開門を待っている列の中に必ずいる老紳士。

ここでは仮名で角田さん、としておこう。年齢は70歳ぐらいかな。

朝並んでいるのはご主人だけで、開門して所定の席にすわると、奥方もやってきて、

となりに座る。ほぼ土日欠かさず、ご夫婦で競馬を楽しんでいらっしゃるのである。

きっと函館PWでは一、二を争う有名人で名士なんじゃないだろうか。

風格が漂っている。(名前を)知らない自分も潜りの部類か。

本業はすでにリタイアされて、じゅうぶんな資産をお持ちなのだろうと思うのだが、

今日たまたま「良心トリオ」の指定席からはじかれて、角田夫妻のとなりに座って、

打ち方を拝見したら、もう控え目。

やっぱりね、ガツガツ行ったら、負けるのも早いわけよ。

そんでもって中山最終までいて、「1日楽しく遊んだな」のひと言を残して二人で

席を立つ。うーん、憎い。

しかし、こっちも人間観察のプロ? 微妙なひと言を聞き逃さなかった。

三浦皇成が300勝を達成して、コメント映像が場内に流れていたときのこと。

「(会ったのはだいぶ前だけど)とっても(性格の)いいコだし、騎手としての腕も上級。

実は交流があるんでね」

ふーん。

そういや「車で厩舎に行ったときに会ったことがあったよな」ととなりの奥様に

話しかけていた。

厩舎でって茨城県美浦村ですか???

ま、そういうスジの人なんだけど、毎週開門前に来て場所取りをして、2人で一日楽しんでいくらしい。

残念なことに今日は席に馬券を残していったので、突っ込みたい気持ちが山々なんだが、

とりあえず我慢しておこう。名士に下手なことを言うと罰が当たるかもしんない。

しかし、たった3レース分の馬券でも馬券探偵にとっては突っ込みどころ満載なんだよなあ。

ま、いいや(笑)

★あくまで個人的なことで申し訳ない…★でも折れずにこれからも!

やっぱり人間、慣れるまでに時間がかかる。

それなりに自信が蓄積されないと、細かいことに動揺してしまったりする。

それでも、本ブログは攻めの姿勢をくずさず、リアルに正直に、そして有言実行を

モットーに書き進めていきたい。

ブログという形式であるがゆえ、そして記事更新が頻繁であるがゆえに、

なかなか目指している全体像が伝わりにくいのは百も承知である。

「全レース買いをしながら馬券収支をプラスにする」

というとんでもない命題を勝手に(笑)背負って、続けているブログであるわけだが、

やはり断片しか知らない人は「不愉快な奴」という印象を持つことも多いらしい。

それはそれで、あんまり弁明しすぎると、火に油を注ぐのでこらえたいところだが、

せっかくこのブログを読めているのなら、馬券収支を今よりもプラスに近づけるチャンスが

読んでいない人より多い、と前向きにとらえてほしい。

ま、全記事を読んで「まったく役立たず」という感想ならいたしかたないけど、

バラしちゃいけない?アブナイ(&馬券に応用できる)ネタがけっこう仕込まれている、と

自負しているんでね。

特にカテ「競馬場のダメ人間」は、このブログと接点が持ちようがないだけに悲しい話。

それを自分のことは自慢して他人のことは馬鹿にしている、と表面だけでとらえられると、

「まさにそこが競馬に勝てない根幹」と言いそうになってしまう。

いずれにしろ、収支うんぬん以前に、多くの人が「競馬に勝つ」という真の意味を

理解していないし、理解しようともしていない。

だからこそ、このブログは意義がある、と勝手に思って続けるとしたい。

3月になってひとつの節目。それを乗り越える意味でも、初心忘れない宣言、を

しておこうと思ったのでした。

2012年3月 7日 (水)

★思惑が交錯のトライアル★とにもかくにもスタートラインに立たないことには。

それにしても毎日のように更新しても、数日更新しなくても、アクセス数は一定だし、

リピート率も上がらない。不思議なもんだ。

やっぱり「通りすがり」で気づかない人のほうが圧倒的に多いんだろう。

書くほうは「ここまで書いて大丈夫か?」と常に気にしているんだけど、

考えすぎ?

ま、油断するとろくなことにならないから、自分なりのコードは守って進めることにする。

今週はフィリーズレビューとアネモネSの兼ね合い。

1勝馬の抽選出走率はけっこう差がある。

だから関西馬でも確率の高い中山へ「イッパツ」を狙って遠征してくる組に要注意だ。

抽選を通るだけでも強運だし。

マツパク厩舎のところのタガノキャンドルが岩田を確保しているとのこと。

フィリーズレビューに登録がない。

ラシンティランテは藤岡佑から四位へ乗り替わり。これも言い訳な感じがするね。

アーデントの弥生賞3着から連想して、

社台系クラブは「G1に出走できる!」で出資者を刺激する作戦とみている。

G1で勝ち負けではなく、あなたの馬がG1に出る!だ。夢を買え。

となると募集初年度で2頭も桜花賞に送り込めたら、またそのクラブは人気になるよなあ。

本番勝負でなくトライアル勝負のクラブ所属馬、というテーマはどうだろうか?

本番への出走権がとれた時点で、どうするか考えればいい?

本番までおつり残しで権利獲りそこなったら厩舎の大チョンボだわな。

今回の2歳重賞(OP)はそこが考えの軸、だと思うな。

あと中山牝馬S。

社台系はみんな牝馬6歳で引退か、と思ったら、どうやら東京HRは違うらしい。

読めた!と思ったのに。。。

でも、東京HRはいつも3月稼ぐんですけどね。さて?

★不思議だけど…★ふたりで110歳越えの絶妙?馬券術

週末までには書きたいジェントルマン角田(仮名)の馬券話。

その前に例の母娘の打ちっぷりが気になってしょうがないって話。

先週も左隣にいたので、観察しちまいました。

うーん、会話を聞いていて、やっぱり親子だ。

競馬の基本知識は心もとないが、微妙にセンスがある。

あぶなっかしいが大負けしない。いそうでいないタイプ。

中山の何レースかで、小牧がスタートで落馬したら、

「買ってるけど馬券は返ってくるの」

「さあ、どうかしら?」

でも馬券は、枠連、馬連、三連複、三連単の組み合わせ。

この順に点数が少なくなる不思議。

となりで見ていてイラッとするのは入線順がわからないこと。

ゴールして、スローがでて、それでも半信半疑で、確定の数字が出て、

「この馬券、やっぱり当たってないんだよね」としつこく眺めている。

かつて当たり馬券を捨ててしまったトラウマでもあるの?

基本的に他場は買わないので馬券は中山中心。

だから時間的にも余裕があるんだ。

弥生賞では娘は「芦毛が好きなのでトリップを買ったら当たった」を強調。

結局は楽しめていてたいしたもんだ、という話。

馬券が当たっているかどうかわからなくても、わくわくドキドキ。

そして親子の交流。それはそれでありだ、と思ったね。

2012年3月11日 (日)

★まずは復帰★いろいろありましたが、たぶん大丈夫?

木曜朝に突然起こったメインPCの不調により、

PC→ネット環境がトラブルに。いやあ、つなぎたいときにつながんないと不便。

いちおう今までかかって復活。

その前に、土日馬券が買えないと死活?問題なので、そっちを優先して解決していて、

ブログはすっかりおろそかに。

しかし、悪態をつくわけじゃないけど、長期間放置したわけじゃないし、ほんの数人しか

真のリピーターはいないので、深刻じゃないけどね。

どっちかというと、発散できない自分のほうの問題かも。。。

いや衝撃的なヤツを次に。

★2012.3.10&3.11★記憶にないほど久々の「炎の大逆転」

先週、年間収支がとうとうマイナスになり、口座残高も首の皮1、2枚…の状態で

突入した今週のケイバ。

中京は慎重にと思いつつ、3月10日土曜は、ここまでありえないほどのさらなる絶不調。

馬券術“Shadow”には、それほどの絶不調がない、のがメリットなので、それは自分の

何かメンタルのせいなのか、とっても鬱屈した土曜日でしたね。

少々朝イチ出遅れも中京1Rから17連敗。午前中1レースも「的中」がない、というのは

ちょっと記憶にない。回収率うんぬんの問題じゃない。

で、購入額はどんどん落ち込んでいき、最終レースの頃には「買う気もなくなっている?」

ぐらいのしょぼしょぼの状態。

1日終わって的中R数は4レースで、レース的中率11.1%。

(もちろんこれも今年最少的中&最低的中率)

それでも回収率は50%まで

戻したんで、ましと思いたい感じだったけど、この時点で、見事に5連敗。連続マイナスを

更新!

いよいよ日曜次第で残高が怪しくなった。

で、日曜はそこそこの配当ながら中京、阪神の1Rが連続的中。

よし、風向きが変わったぞ、と思った瞬間、そっからまたしても連敗街道。

13連敗。

おいおい、このメンタルをどうするか。

そして中山10R終了時点で、日曜の回収率は50%いくかいかないか。

今度は先週ワーストだった、土日回収率をも更新してしまう勢い。

観念した。

しかし、そこから大反撃。中京メインの的中以降、ラスト6Rを4的中。

しかも、中山最終は馬連ほぼ3万馬券+ワイド的中で、

開催回収率98.6%、3月回収率107.1%、年間回収率104.2%まで

一気に挽回してしまいました。

いやあ、こういうこともあるんだね。っていうか信じることが正しい、と思いたい。

それにしても馬券、当てないとミスがミスを呼ぶ。

それに土日は「関係者があまり勝負しない日」だったらしく、トレースがとても難しかった。

とにかくすべては中山最終。偏重オッズ馬5頭の馬連ボックスのうち、高配当から2番目が来た。

しかも、はずれたくない一心で高配当5点はワイドであさえたため、ワイド68倍も

ダブル的中。

いやあ、3開催目にして再び開催プラス、の可能性も出てきた次第。

(でも油断は禁物)

いずれにしろ、0.1%でも年間プラス路線をキープすることにこだわって、

来週もがんばるわ。

さすがに中山メイン、最終と単勝11人気馬をピックアップできたのもオッズのおかげ。

(中山メインはサブ情報もあるけど)

競馬って知らないと勝てないよね(いつも言ってみたいわ…笑)

ま、関心がない人には言ってもしゃあないね。

★ホーム、常連さんのヒミツ★馬券探偵はミタ!

ホームの「常連さん」の中には負け組常連もいるんだけど、

出席率の高い人ほど、「自分の方法」を持っているし、流れの悪いときの絶ち切り方、

をマスターしているような気がする。

PCトラブルでアップできなかった先週のジェントルマン角田(仮名)の馬券をようやく下に

紹介しようと思うけど、一瞬「この人、合成オッズわかってないじゃん!」と思った割には

買い目は深かった。これこそ「負けにくい打ち方」だよね。

釣りじゃなく、マジでいまだに「競馬 当たらない」って検索している人は、

これ(でもハズレ馬券)見て何か感じなさい、だ。

自分の馬券は紙じゃないので理解されないのかもしれないけど。

感じない人は正直、見込みないから、競馬やめたほうがいい。

やめないと「勝ち組の養分になる人生」だもん。

いや、馬券探偵はじめて「ダメ人間」に分類しない実買い目って。

120304ts1

ま、中山芝2000で8枠買っちゃだめなんですが。

それと中山芝1200のキモは常に1枠なんですが、ま許すか。

2012年3月13日 (火)

★もうそろそろ季節が終了★なのでバラすか。

それにしても「知らないから馬券が獲れない」以外の何物でもないよな。

もちろん知っていたから100%獲れる、ということもない。

中山牝馬S、エオリアンハープが引退戦でメイチ仕上げ、というのを知らない人が

多かったらしい。(サンスポにはしっかり書いてありました)

もちろんメイチ仕上げでも新潟得意、東京も得意の彼女が、中山で激走に?と思う向きも

あるはず。しかし、結果を見ると「もっとありそうな」3着。複勝680円。

レディアルバローザとのワイド4080円もバッチリゲットでした。

宗像厩舎ならやれる、そういう判断ですもんね。

福島出身の木幡騎手にとっても特別な日だったし、狙ってソンはない。

前日ペパーミントラヴが阪神最終で激走。単勝4人気は1150円。

獲れたのはトウカイファミリーとのワイドで2620円。

朝からしょぼしょぼの日だったのでこれはうれしい「兆し」でしたね。

それもこれも社台RH、サンデーRの牝馬は6歳で競走生活を終了する決まりになって

いるから。

以前マイルCSを制したブルーメンブラットが潔く引退した話を書いたけど、

ほとんどの人は覚えていないはず。なぜ、イタリアンレッドは引退レースじゃないの?

とも書いたんだけどね。

そもそも社台系クラブ法人で牝馬を6歳まで使うことはそうそうはない。

だからこの季節商品も毎年決まるのは2、3頭。そのうちの2頭で馬券を獲れたんだから

大満足だ。コロンバスサークルなんか狙っていたけど、メイチの効かない相手に着拾い。

テキの問題もあるけど、エオリアンを活かそうとしてたフシもあるよな。

中山の適性はどう考えてもコロンバスサークル。でも妹のアプリコットもこの

中山牝馬Sに出ていたのでヤらなかった。

2月・3月に要注意の季節ネタ、いかがでしたかな。

こういう小ネタの引き出しも重要だったりする。ちょっとしたきっかけで連敗が止まったり、

イッパツが引っ掛かったりするからね。もちろんそれを活かせない自分のコンディションの

ときもあるけれど。。。

★時代はShadow x ○○○○サイダー★究極のコラボじゃね?

なんにも目新しいことではないです。

かくいう自分も買ってから気づいたくせに

こうしてエラそうに書いている。

中山最終馬連299倍の立役者、単勝11人気ルシャンベルタン。

オーナーは前レースでトップハンデで(単勝2番)人気を裏切った、あのクロフネ牝馬の

オーナー。

いやあしっかり「補填」するわ。

カゲ(ナントカ)ヤリっていう奴。

もちろん中山ダ2400という特殊条件がハマったということはあるけど、

えげつない馬券をキメる馬主(&厩舎)には要注意だ。

毎回毎回、遠いところからオッズが動く馬を狙い続けてようやく的中したのが

代打満塁サヨナラ的な特大ホームラン。なんと今年はじめての万馬券だってんだから、

“Shadow”も意外と爆発力あるんだなあ。

って、安定性がウリとかいいながら、今週はボロクソなトレースだったので、

こういう結末もアリだよね。

★どストレート好きって趣味?★世の中そこまで甘くない(たぶん)

アクセス数的には早くも次の区切りがやってきそうなので、またまた意地悪。

自分でハマってください。

以下が昨日のわがブログの検索ワード。

偏重オッズ
JRA 生産者ランキング
オッズ ソフト
阪神競馬場 Sラウンジ
オッズ理論
阪神競馬場 指定席
引退 ヤリ 競馬
厩舎の思惑
馬券 買い方 三連複
競馬 騎手 穴
どうすれば競馬で勝てるか
小宮城の複勝を買い続ける
阪神競馬場 sラウンジ
競走馬 採算
G1回収率
競馬 オッズ 段差
中山 ご当地馬主
マニアック競馬
2012 クラシック 有力馬

半数が検索ちゃん。しかも微妙に誤爆。

笑かしてくれるほどのポンコツくんは見当たらず。

予想上手の馬券ベタじゃなかった、検索ベタがこれを見てわからないようでは、

本格的に××だよなあ。

こうして、近いところで検索して、気がつかずに遠ざかるナントカ彗星。

一度太陽系の端まで行ったら、次の接近は何百年後?

こっちは次の「接近遭遇」まで気長に待ちますが、「リピート率」は、

「一期一会かも」な数字を示しているわけですわ。

必要経費のぶんは回収していないけど、とりあえず「口座に追加入金しなくていい」

状況が続いているので、おせっかいに“Shadow”のヒミツは書きません。

ってか、開設以来の膨大な記事の中で、十分口を滑らせているはずなので、

墓穴は堀りません。だって「無料会員」でも上達するんだからね。フフ。

★突っ込んじゃいけない、そこは…★競馬にまつわる禁断のおハナシ?

昨日だっけ?法務大臣が突っ込まれてたね。

法務大臣が馬主。某Nオーナーと仲良しの。

「馬主になりたい人」多し。か。

少なくとも自分はその気持ちがわからない。

「お金は儲からなくても名誉は手にしたい。だってケイバ(もしくは馬)が好きだから。」

それでいいんでしょうか。

まさか、馬主、儲かるからオレもなってみたい。って思ってる人はいないよね?

そういって夢を壊すのはいけないのか。

競馬情報会社もそう。

なんで儲かる情報があるなら、自分で買って儲けないの?

自分が知る限り、その理由を新聞広告で訴えていたのは1社だけ。

もちろん、そこが儲けさせてくれる会社だとは言ってないよ。

それでもスポーツ紙に情報会社の広告は載り続ける。

もしかして雨後の筍のように、次々と違う会社が広告載せてない?

はい、からくりを考えましょう。

暴いてはいけないのですよ、その真相は。マジな大人の事情。

もちろん途中に何クッションも入っていますわな。

最近現実と妄想の区別がつかない人が多いような気がする。

いや、自覚してそう行動しているのなら、ありかもしれないけど、

マジで気づいていないおめでたい人が多いような気がする。

それでいいのか?ニッポン、だな。

★「概念」というか何と言うか★ただのギャンブルと思ったら、それまで。

なんで、いきなりヤバイ話から入ったのか。

いや、意表をつきたかったから、ね(嘘)。

「みんなと同じ」がどういうことで、だから「ヒトと違うことをやる」意味が出てくる、ってハナシ。

生きていて楽しいってのはそういうこと。

他人と違いすぎてもイヤで、いっしょすぎてもイヤなのが、人間。

ま、日本人はちょっと世界の平均値より偏っているかもしれないけど(いっしょがイイ派多し)

いやさ、裏をかくからオッズがつくんでしょう。

そういや今日聞いたイイ話で、アナタは集団の中で何番目?を気にするのがニホン人。

あなたはソレがちゃんとできるか?を気にするのが世界標準なのだそうだ、早い話。

かくいう自分もポジション気にしているよなあ、そういえば。

絶対的ポジション。そこが目指すところなのか。

でも、何をしてもイチバンちゅうことじゃないわけか。

ふふん。だんだんコムズカシイ話になってきた。

落とし込む先は合成オッズとおいしい穴馬。

おいしい穴馬のいないレースでもがいてもムダっちゅうことで。

2012年3月14日 (水)

★それが極意と思うことが大切★極意の正体はどうでもいいかも?

ついでだ。もう1コ、抽象的なヤツを。

ま、「そのレースがどう見えるか」と絡んで、

連続させるか、絶ち切るか。

的中を連続させるのはもちろん、あり。

でも的中は連続しない。勝手に途切れる。

不的中の連続は絶ち切る。不的中は続けない。

しかし不的中はヘタすると20回ぐらいは平気で続く。

絶ち切るだけのために買う馬券、がときに必要。

いっぽう、的中は続けたくても簡単にはいかない。(すでに言ったな)

その「呼吸」は場数だけが支えている、と思うね。

またまた引っ張って申し訳ないけど、日曜の中山最終。

阪神最終の的中で、日曜はプラス、になったと思った。

計算したら、数百円のマイナス。

おかげで中山はマジ勝負になった。

そこにたまたま「面白いレース」がやってきた。

たまたまは的中じゃなく、面白いレースがやってきた、のだ。

それを「活かせた」だけ。

面白いレースがやってきていないのに「強振」しても、空振ってすっ転ぶのがオチだ。

だから、「どう見えた?」

おいおい最終が1000万平場のダ2400という特殊条件かよ、というめぐりあわせ。

とにかく「調子に乗った自分」を客観視。調子に乗ってすっ転ぶ自分を客観視。

そしてすぐに切り替える、立て直す。

これでしょうな。

さあ、絶ち切るか、連続させるか。

2012年3月17日 (土)

★「依存」の質、を問うてみたりする★必要のないことを知りたいヒトたち

いったん直ったと思ったんだけど、PC接続環境のトラブルが復活して、

どうも見通しが立たない。好きなときにブログが書けないのもストレスだなあ。

とりあえず(競馬場で)馬券を買うのにはストレスがないんだけど、現場を離れたら

接続場所を選ぶってことなんで、困ったもんだ。本格的に対策を立てないと。

ところで、更新しなかったらアクセスが減った。

というか給料日前だから、じゃね?

違う?

で、アクセスが減ってリピート率がわずかに上がり、それも困惑。

結局、どうやって競馬に勝つか、は読者にとって重要なテーマじゃないのよ。

正確に言うと、

結局、どうやって「トータルで」競馬に勝つか、は読者にとって重要なテーマじゃないのよ。

全然違うでしょ?

そのレースを100%当てることができたら世話ない。

そのレースを外しても、別のレースで回収するから問題ないんじゃないの?

ま、彼らには「別のレース」がないのかもしれない。

っていうか、競馬を理解していないし、競馬との接し方に誤解があるのかもしれないね。

あとで書こうと思うけど、今日の成績は「出足がいい?」と誤解した瞬間に下降線に

なり、「すっかり負ける日か」と覚悟したのに午後になって挽回。

「ほら、挽回するだろ」と胸を張ったところから、また連続不的中で、中山最終を

ちょこっと当てて87%あたりで終了。

感想は、こんな感じでのらりくらりやるのがいいのかな?ですね。

ほんとに「決めてやろう!」と力んでろくなことがない。

中京9Rはニオイがしたので、夢よ再び!と馬連5頭ボックスだったけど、

2-4-9-15-18着。さらにしょうもないことには買っていたはずの2着馬、

買ってなくて、となりの3着馬を買っていた。

ほんとに「夢よ再び」は嵌らない。

「競馬当たらない」じゃなくて当たるレースを買えよ。

当たったら回収できる買い方をしろよ。

そんで、なんで実例を紹介しても、質問のひとつも来ないわけ?

はい、それが当人に必要のない情報だからです。

単なる【ギャンブル依存症】ね。(笑)

★馬券探偵は考える★収支をプラスにするための…

なかなか収集したハズレ馬券を画像化するのも手間、なので、今回は省略。

捕獲したのは阪神3レースから、中山8レースまでの13枚のハズレ馬券。

阪神3レースから中山8レースまで17レースが行われているので欠けている4枚は

的中馬券なのか。

そして、当人が席を立ったのは中京最終のあたり。

中京9レース以降の馬券はいったいどこに?

ま、わからないものはわからないので、入手した痕跡から推理。

単勝が4枚、馬単が5枚。

馬連が3枚、がんばれ馬券=単複が1枚。

単勝4枚のうち3枚はオッズ10倍程度の馬。

馬単5枚のうち4枚は1番人気からの馬単。

13枚の合計金額が4100円。つまり1枚あたり、300円ちょっと。

これで勝ちたい、ということなのか。

欠けている4レースのうち、単勝1人気が勝ったのは阪神8Rで配当が870円。

ほかは単勝1人気は1着じゃないし、単勝10倍程度の馬が勝ってもいない。

気になったのはこの中でいちばん多くの金額を買っているのが

がんばれ馬券の阪神7R。300円+300円。

買っているのはスズカジョンブル。最終的に単勝67倍で11番人気15着であった。

なぜにここだけ大穴狙い?

それに中山8Rも単勝2点で、10番人気と13番人気。

これを普通に考えるなら、負けが込んだので大逆転狙い、としか読めない。

つまりは基本形そのものが「間違い」なのではないか?

負けるべくして負けて、ヤケクソ買いなのでは?

ポイントはこの買い方で「中京も」買っていること。

簡単に言うなら、メリハリをつけた末の「おちょくり」が300円馬券なら

わかるが、自分にはハナから見え見えの「尻すぼみ打法」に映った。

もちろん、どこかでイッパツひっかかる可能性は常にある。

可能性は常にあるが、そのイッパツがひっかかる可能性はすごく「低い」のである。

本日は良心トリオは高橋さん(仮名)のみ出席だったが、彼曰く

「今日は中京、買わない。あまりにわからなすぎるから」

それはそれで潔い。

うちの“Shadow”の成績は中京は12レース中4レース的中。

回収率は88%。まだまだ裏開催こそが稼ぎ場というレベルには達していない。

すごい重要なヒントがそこにあると思う。

とりあえず単勝1人気からの馬単で回収できるはずがない、と断言しておこう。

アタマにして回収できる単勝1人気を絞った結果なら別ですけどね。

★あくまで現状で…★レートの問題を考える

「中京攻略に時間がかかる」という話を書いたついでに。

現時点での馬券スタイルは「全レース買い」だが、決して大前提が「全レース買い」ではない。

究極のイメージは、非回収レースの回収率が90%で、回収レースの回収率が150%で

その比率が3:1ならトータルの数字は105%ですよ、ということ。

もちろん非回収レース、回収レースの二元論では語れないとは思う。

非回収レースはちょっとだけ買い、回収レースは多めに買う。

ただし、これを感覚でやるのではなく、ロジカルに区分して資金を配分する。

この発想でいくなら、すべてのレースの購入額を回収率を見ながら、徐々に上げるのではなく、

非回収レースはあくまで「最低限」しか買わない、ということ。

現状自分の最低限は300円。先の13枚の馬券のヒトと同じだ。

だからポイントは回収レースとみなしたレースで、どこまで大規模に買うか。だ。

10倍がコンスタントに打てるようになったら、ホンモノでしょう。

3倍あたりでウロウロしているのが、いま時点の実力だ。

リアルタイムで馬券を買えない、という理由でレースを絞った1月5日の金杯の日の

ダイワファルコン複勝(2012年プラスの起点)でもこの最低限の10倍は打てていなかった。

課題はそこなんだと思う。

先週、レート=最低×4程度で3万弱馬券になったのはあくまで偶然、幸運なわけで、

本来ならレート=最低×10で合成オッズ6倍ぐらいをコンスタントに決めたい。

まあ、となると三連複じゃなくて複勝だろうなあ。

慎重に考えれば考えるほど、複勝馬券の効力は大きい。

ちなみにファルコンS、2分前に一度買った後に、矢作厩舎でピーンときて、

レオンビスティーの複勝を300円買い足したら(←こういうことはめったにしない)、

780円の配当が釣れました。メイン馬券ブライトライン→レオアクティブは轟沈だもん。

カンがさえていた、ことを自慢しても仕方ないけど、

やっぱり複勝なんだよね。

だから、皆さん「複勝は儲からないので買わない」と徹底してほしいもんです。

ん?

2012年3月18日 (日)

★ちょっとしたひらめきだけど★A級厩舎は馬券に貢献しないの法則

つい数分前、現場のビジョンで手塚調教師(アルフレードがスプリングS出走)がコメント

していてふと思ったんだが、厩舎の経営手腕の中には馬主・生産者との関係構築、

スタッフの掌握、チーム力の向上以外に、

自分の強み、をどれだけ自覚しているか、じゃないすかね。

ただただ調教力と見極め、だけでアピールしすぎても、「この馬をやってくれないか」という

微妙な(ただし血統はいい)馬がたくさん入ってきてしまう気がする。

杭も出すぎるとそういうマイナス面があるよなあ。

この馬はぜひG1勝たせたいから、この調教師にまかせる!

そういう期待も時にマイナスだと思うね。

それって馬券に如実に表れる。

中京新装コメントで藤沢和雄がその手塚貴久の数分前にコメントしていたもんでね。

2012年3月20日 (火)

★「底」でもこの程度と思って、じわじわ挽回★12年、まだ3か月も経ってない

いやあPCトラブルが解消せず、接続機器を総とっかえするハメになりました。

やっと、これでストレスなく更新できる…

ということで、日曜日の結果をざっと。

中山9Rまでに前半の負けは挽回したものの、そこで的中は終了。

馬場が悪いぶん、激走期待馬が狙い通りに走らないにもかかわらず、

それなりにイッてしまうのが悪いんだよね。

馬場状態に関係なく穴馬がハマることもあるんだけど、やっぱり確率は低いと実感。

開催最終日なんで、あわよくば、という思いもマイナス。

それに回収するレースでピンポイントでうまく的中できたせいもあり、(阪神5R、中山9R)

その数が少ないにもかかわらず、調子こいてしまったのも敗因。

いやあ、まだ未熟だ。

ところで、今日は常連さんの金本さん(仮名)と水谷さん(仮名)の不思議な会話をキャッチ。

お互い競馬場での顔見知り、なだけらしいですが、まあ、金本さん(70歳ぐらい)はめちゃくちゃ

知識が豊富。で「教え魔」らしく(自分と共通点があるかも?)いろいろとケイバ(馬券)のキモを

水谷さんに話しかけていました。水谷さんはただただ「詳しいですね、プロですね」と感心していました。

水谷さんいわく「メインレースまでにお金がなくなると意味がないのでずっと見てる」派らしく、

(でも朝から座って見ている)

金本さんは「辛抱強いですね、マネできないなあ」と逆に驚いてました。

で、この2人の会話の共感ポイントは「平場のレースにはいろいろからくりがあるので、変な馬が来て当てにくい」

ということ。だからメインしか買わない(←これはおもに水谷さんの主張)。ということ。

金本さん曰く「こんなにいろいろ詳しくても(出走側の裏取引?のせいで)さっぱり勝てない。

馬主を読まないと勝てないけど、それは簡単にいかない」だそうです。

やっぱりわかる人にはそういう「競馬の仕組み」がわかるんだなあ。

ま、だからメインだけ買う、は正しいとは思わないけど。収束を遅らせるだけだもん。

で、わが“Shadow”はその思惑をトレースする馬券術なんだけど、あくまでトレースなので、常にプラス、とは

言い切れないのが弱点。それに誰でも簡単にマネできないのも敷居が高いよな。

そういえば、今日は大下さん(仮名)が8R終了時点で撤退。高橋さん(仮名)もメイン終了後に撤退。

まったく勝ててる空気とは縁遠い印象。

ホントに年間単位で収支をプラスにする、って偉業だよな、と思う。

自分はここんとこ的中率も下降していて、先週の万馬券にもかかわらず、

またしても首の皮、1.5枚になってしまいました。

さ、また来週、がんばらなくては。

★厩舎ランクについて★格付けで何がわかる?

またしても「最強」誌にいい記事が載っていたね。

「厩舎ランク」

活用は簡単じゃないけど、知っていたほうがかなりトク。

で、肝は短期間にランクが変動するところ。

自分の厩舎ランクと、この記事の厩舎ランクは微妙に違っていて、興味深く読みました。

ちなみに自分のランクはA-B1-B2-C1-C2-D-Eの7ランクなんだけど、

この記事のほうも似たようなもんだった。

筆者はパドック職人なんで(10年間無欠勤で1レースからパドックで相馬しているとか)

その眼力に裏付けられた「強い馬づくり」がランクに反映しているらしい。

自分がTargetで分析した数字だけのランクとどれだけ違うのか、興味深い。

ふつうにランキングをつけると見つからないM厩舎。そんなに評価が高い?と意外な

F厩舎。最近下降気味のO厩舎。自分は評価が低いけど、筆者は常に高評価のF厩舎。

そういや、悲しいことがあって解散したK厩舎の次に、「ヤッてくる」厩舎として狙っている

S厩舎の衰退も激しい。辛抱強く追いかけるもそろそろ疲れてきたね。

そういう他人の評価とのギャップを考えるのも大切だな。

★高松宮記念のヒント★1回中京リーディングは誰?

何事にも準備は大切。

悲願のG1のために関東の某騎手が準備している。

他の騎手より中京競馬場の特性を把握したい、んだろう。

師匠もあからさまな大協力。

うーん、馬券の軸はコレだろうなあ。

そういうことで、あんまり荒れない。人気サイドで決着なんじゃないか?

弱い馬がごまかして勝てるコース、には改装されていないよ、中京競馬場。

うん。火曜日だからコレを書いておく。

★Targetのリアルタイム性を活かして★中京のほどほど、とは?

現時点では、あんまりためにならない分析ですが(笑)

いやあ、それにしても、たまに更新をおろそかにすると、リピート率が上がるんですかね?

たぶん、こうしていつもの調子に戻ると、また下がるんだろうな。

さて、中京3週を終えて、馬場が悪かったんでどうかな、と思いつつ、枠順の有利不利を

調べてみました。たぶんデータの収束を考えると1年半~2年はかかるんだろうけど、

無理無理こじつけ。

ダ1800、ダ1400、芝1400で3枠、4枠が悪い。

枠の有利不利を言うとき、対人気というファクターも必要なんで、成績が悪い枠に

さっぱり人気馬が入らない、みたいなミステリーもあるわけで、傾向が判明するのに

時間がかかる。

とりあえず、何か仮定してから実践して考えてみる、とするなら、真ん中の枠より、

内外、極端なほうがうまく走る、と思ってみたい。

ただ、ダ1200は内がいい。

肝心の芝1200は、わずかに6鞍なんで、サンプルが少ないが6-7-8枠の

外がいい。ちゅうことで3、4枠に入った人気馬を嫌ってみる、とか、

外枠の穴馬を狙ってみるとか、そういうことかもしれん。

馬場が悪くて外が差せているなら、良馬場なら、もっと期待できるんだけど、

やっぱり無理筋か。

★だからこそ、あえて言う★そこが弱点

そういえば、土曜日、良心トリオの高橋さん(仮名)が、若葉S後に

こんな意味のことを言った

「ワールドエースさ、馬体の成長が見られなくない? 次は中山へ輸送でしょ?

若駒Sが2着で、きさらぎ賞使ったのが、効いているんじゃないかね?」

自分はそこに着目しなかったので、「なるほど」と思った。

で、その場しのぎ的に「じゃ、本番で人気を集めてもらいましょう」と返した。

そういうキャッチボールから何かが見えてくる。

「これがゼッタイ正しいはず」

そのときは自信があって言う。

あとから、別の視点で見直して、「ちゃうかもな?」と思ったりもする。

ただし、ブログもツイッターもフェイスブックもほぼ一方通行である。

反論、とかじゃなく、違う視点を戦わせることを現代人はしなくなってるね。

つまり自己判断力が低下しているのか?

ま、自分は修正しつつも正論を目指しているので別にかまわないけど、

このブログを読んで「なるほど」と思うのか「何言ってやがるんだ」と思うのか、

何も思わないのか。

で、ワールドエースに話を戻す。

父ディープインパクトは452キロでデビューして、それがもっとも重い出走体重でした。

もし彼が父の良さを最大限に受け継いでいて、父が管理したその馬を、息子が良く知って

いて、同じことをしようとするなら、先の仮説は間違っていることが証明されるはずだ。

自分もできるだけポジティブでいようと思うけど、ネガティブを引き出す、負のオーラを

まとった人が世の中にはけっこう多いんで注意したほうがいいよね。

2012年3月21日 (水)

★ロボットがアクセス増に大貢献★不規則訪問に一喜一憂?

それにしても、自分のブログがどう読まれているか、

ココログの「アクセス解析」機能を使って分析すればするほど、

方向性を誤るわ(笑)

どう読まれているかは、気にせずに、もっともっとひとりよがりに書けって?

これ以上ひとりよがりでどうするよ?(笑)

まあ、悲しい。

「真実」はウケないんだわ。支持されないんだわ。

たぶん、権威があれば、そうはならない。

でも、そんなもんないわ。

確かにあまりにアクセスが少なければ不満に思うだろうね。

ただメジロラ○○キのときのようにお祭りになっても気持ち悪い。

ちゅうことは、安易に検索されないように、新記事を書き進めることが、

リピーターに報いる?ということなのかな。

あとはわかったような、わからないような、ヒントらしきもののみの寸止め記事。

とにかく自分がそれほど重要と思っていない、古い記事が注目されることに不満。

…ちゅうことかな。

わかりにくいブログで申し訳ないけど、寝た子を起こしきるのも自分に不利益だと

思うんですよ。

2012年3月25日 (日)

★盛り上がらないG1で★一般ファンはやっぱりそこに注目?

うーん、書く側が正しい理解をしていないだけの話かもしれませんが。

中京リーディングと高松宮記念の関連性は特にない、と書いたつもりなんだけど、

G1前ということで、アクセスが多いようで。

別にいいんですけどね。

で、火曜日の時点で推した騎手・馬なんだけど、現時点で確信がさっぱり深まらない。

逆かも?(消し)とも考え直したけど、ずっと迷っているので、書きません。

ってか、わかる人にはわかるように、どこに気づいたか、書いているんで、この話は

もう終わり。

とにかく今週も、馬場につきます。

阪神では少し挽回できているけど、全体的に厳しいなあ。

2012年3月26日 (月)

★高松宮G1無事的中★それよりも…(その1)

とにかくここ数週はイタイほどよくわかりました。

さて、対策はどうするか?

対策なんてない、んでしょうねえ。馬券を買わない、が対策かあ。

…というのは今週土曜も馬券が当たらず36レース購入の5レース的中。

もうどこまで行っても手がつけられない感じだったのに、

日曜はうってかわって36レース購入の12レース的中。

やっぱり“Shadow”では関係者?が馬券勝負をしていないと、的中馬券がなかなか拾えない。

もちろん馬場状態が悪いときもそれなりに勝負は発生しているんだけど、

良馬場時に加えて俄然地味。

地味なものを的確に拾おうとすると、紛れるし、ミスも多くなるって感じ。

まあ、先週もそうだったんだけど、それなりに激走馬に肉迫していても馬券になってないことが多いし、

馬場別で言うと阪神がより惜しい結果だったのと考え合わせても、

馬場が悪い週の勝負(馬券購入)はどれだけリスクが大きいか、ということになりますな。

とにかく回復傾向がはっきりした日曜は視野が大きく開けた感じでした。

★高松宮G1無事的中★それよりも…(その2)

ところで、高松宮記念。ブログ的にはなかなかいい寸止め、でした。我ながら。

最初、火曜日に「サンカルロの勝負気配がもっとも強い!」という意味のことを書いたけど、

枠順が決まって17番じゃ難しいかも。となったので素直に実名をバラそうとしたんだよね。

けど、土日の吉田豊の騎乗数を見て「完全に消せるのか?」と再び迷ったわけ。

でもって基本的にロードカナロア消し、の予定だったのに、外がそれだけ不利なら、

少々内が傷んでいても、不利はないのかも?となり…。

どっちもあり、ならブログに書いたも意味ないか、と。

で、最終決断は当日の9R、三河特別の各騎手のレースぶり。

メインの騎乗するほとんどの騎手がここに集合し、馬場状態を確かめた結果、

福永=1枠でも走れる対処のしかたを発見

吉田豊=大外だからと言ってできるだけ馬場の内めのぎりぎりのところを通さないと届かないと馬場把握

と学習したように見えたので、

1.カレンチャン

2.サンカルロ

そして(やっぱり)ロードカナロアもあるかも。という結論に達しました。

結局、馬連、ワイド、三連複的中。堅かったのでしょうがない。回収率は330%程度でした。

このほかに押さえたのはマジンプロスパーとジョーカプチーノ。

馬券を買ったのは5頭でした。

それよりG1でも勝負したい気持ちをしっかり押さえられたのが収穫。

いつもは自制しながらも他のレースよりつい多く買ってしまうところなんですがね。

レース期待値的にはマーチSのバーディバーディの複勝のほうに色気プンプンでしたもん(530円的中)

阪神10Rを皮切りに6R中5R的中の大挽回でとりあえず日曜プラスで再び連敗阻止。

年間プラスはかろうじて継続中で、ほっとひと息。

やっぱ競馬は好天に限ります。

★いろいろ紛れてますが★のらりくらりのペースで更新します

ちょっとこの時期、いろいろあってムラ駈け気味で申し訳ないですが。

やっぱり「発見」とか「これ大事」とかひらめかないのにダラダラ書いていても、

ブログの意味はない。

まあ何か書こうとして常に「大事なこと」は思いつくから、鶏が先か、卵が先か、とも

言えるんだけど。

それにしても「みんなが当てられる配当」だった高松宮記念。

やっぱりなんだかんだで、当たるとハッピーでしょ?

でもそこで考えてほしい。

回収率に貢献するレースではなかった、ということ。

ま、G1しか買わない人にはわからないでしょうけど。

この土日で重賞だけでも4レースあったわけだけど、

堅いとみたレースを買う主義か、穴になりそうだからワクワクするのか、

考えて準備をして臨まないと確実に負けるわなあ。

とにかく日曜日は「プロ級?の皆さんの勝負してえ!」というエネルギーに満ち満ちていた

オッズだったように思います。

いやいやプロ級じゃない皆さんも、今日は馬券買えるぞ!と思ったことでしょう。

“Shadow”はその勢いにうまく乗っかりたい馬券術、ですんで、他力本願なんだなあ。

でも、競馬で大儲けしている人がいなくならない限り、

個人レベルではこそこそプラスにできる馬券術、と思っているわけです。

それではのちほど、日曜中山3Rの衝撃その他のネタを書くことにしましょう。

相変わらず年間プラスは首の皮1枚だす。

★競馬ファンが無限増殖なのか★「掴めない」人たちの実態

「競馬場で見かけた人々」シリーズは「競馬場のダメ人間」の上級者版になることでしょう。

「おいおい」と思いつつ、拾うべきところのある、人たち。

久々に観察して面白い競馬女子に会いました、日曜日。

と、そういう話は後回しにして。

はっきり言うと「そういう掴めない人たち」にはリピーターになってほしくないわけ。

これ、前の?ブログでも同じことを感じた。

アクセスが伸びた、と思って確認すると、定着可能性の低い人たちが多量に訪問している。

これにはロボットや、仕事で巡回している人も含まれるので、ある意味しょうがないのだ、

けれど。

だから、そういうヤル気のない人たちには毒づきたくなるんだなあ。

まじめに興味を持って、このブログを読んでいる人がいたら、大変申し訳ないけど、

たぶんほとんどそういう人はいないと思うから(笑)。

だから競馬で勝てないんでしょ?

そしてより勝てない方向へ進むんでしょ?

いいね!

だって、そんなに無限に競馬ファンはいないし、JRAの売り上げは落ちているんだから、

半分仕事で、競馬ブログをちゃかしている奴らが大量にいるはずだ。

使える新しい話を書く前に、アクセスが伸びるたあ、ココログのヤラセなんだろう。

不愉快だねえ。

やっぱりここに「みんなが楽しく使える話」をわかりやすく書くのは野暮ってもんらしい。

ま、どうしたいかは読み手にまかせますが。

2012年3月28日 (水)

★回避の向こうに?★おいしいとこ取りは誰?

今回は具体的なレースについての気配読みじゃないんですが。

毎日杯のヒストリカルの件。

いや、常日頃「知らないから勝てない」と書いているけど、

これを「オレは知ってるから勝てる!」と変換しないでほしいよね。

…と、それが言いたいんじゃなくて(笑)

で、ヒストリカル。

あの馬場で激走しなくても皐月賞出走の賞金は足りる、と見て、

能力上位でも激走はなし、が直前の自分の判断。

レースが終わった後で調教師が語ったところによると

「ダービーに直行したいので、ここでしっかり賞金を加算したかった」

勘弁してくれよお。

真裏だったじゃん。

というわけで知らないとムダな馬券を買ってしまうわけだ。

それほどに中山施行のクラシック第一弾が軽視される?

ベストディールしかり、アルフレードしかり。

いや、裏に何かある、と読むべきでしょう。

賞金持ちの有力馬が皐月賞を嫌う理由。

ゼッタイ本番までにあぶりだしてやるからな。

後出しジャンケンに泣くのは一般ファンばかりだ。

2012年3月29日 (木)

★馬券のキモ★これをみんなが理解する「ハズがない」

なかなかブログを書くモチベーションが上がらない。

ま、そのうち上がってくるでしょう。

気づいたことやひらめいたことは尽きないので、それを書く作業に移行するかどうか、

そこだけの問題。

さて、馬券の話をしようと思う。

きっかけは「皐月賞はどうなる?」「どうしたい?」

これを考えていたら、

そういえばスプリングSは何を買ったんだっけ?

と思った。

グランデッツァ、乗り替わったら強いわい。

終わってみて、そういう感想だったけど、オレ、何買ったんだっけ?

馬券って、だいたいは勝つ馬(1着馬)と2着に来そうな馬(3着に来そうな馬)を

組み合わせて買うことが多いはず。

あんなに強いグランデッツァを自分は買っていたんだっけ?

買ってたら覚えているでしょう。

別にグランデッツァが飛ぶ、とかそういう予想をしなくても、

馬券が獲れる、というのが複勝馬券。

とりわけ激走(3着以内)期待の穴馬を狙い撃つ、馬券。

強い馬が複数いると、そのどれが勝つんだろう、2着だろうと考える。

ところがその組み合わせは常に裏切られる。

ここを学習しなくちゃね。

強い馬を買い、意外な穴馬も押さえるとすると、買い目が増える。

多い買い目に耐えられる資金状況ならかまわないが、貧者の馬券はそれでは

いけないわけだ。

確かにスプリングSで自分の馬券は外れた。

でも、判断は「人気馬買ってもしょうがない」だった。

何が「しょうがない」のか。

この感覚をマスターしない限り、少ない資金でたくさん楽しむのは無理なのだ。

別にG1だけやるのなら、全レース買う人間の36分の1以下の資金でOK。

それで「競馬に勝てる」と思うのか?

人間って自分に都合がいいほうにしか考えないよなあ。

特に馬券を捨てて帰る、何を買ったからハズれたか、反省する気がない人間には

理解できないってコトだ。

★気持ちいい自分とは?★そこをつきつめないと「答え」は出ない

もうちょっと馬券話をしてみるか。

どう買うか。

自分の考えでは「固定的な方法では難しい」

このブログで何度もいうように、

「そのレースがどう見えるか」だ。

どう見えるかは、

「力関係で」

「展開で」

「オッズで」

それぞれあって、総合しても「どう見えるか」

そこで合成オッズ。

オッズ分布。

シンプルに言えば、1頭に偏り過ぎても、複数に散らばり過ぎても、

配当はおいしくない。的中率と配当が見合わない、ということ。

その部分をロジカルに判断するためにTarget(JRA-VANのリアルタイムデータ)は必須。

大前提はそこ。

その手前の議論は意味がない、と思うね。

まあ、それでもなんだかんだで「買いたい自分」がいるんだけど(笑)

リスクを意識した上で、レースの期待値を仕分けて買う。

精度を上げるひとつの方法論がそこにあると思う。

未勝利のダート短距離だけ買う、とかそういう絞り込みとはちょっと違うかな。

この話はまた機会を改めて。

★人間観察?★注意を払えば、答えはあると思うけど…

先週は高橋さん(仮名)が土日とも欠席だったため、自分の右隣は両日、

坂本さん(仮名)だった。

坂本さんの馬券ロジックもなかなか確立されたものだったね。

基本は馬単、三連単。

少点数でけっこうな的中率。ま、それでプラスかどうかは聞くのが野暮ってもんだけど、

常に納得して買っているのが上級者。

淡々と買って、当たれば普通に喜ぶし、惜しくて外れれば、普通に悔しがっている。

健全。日曜は奥方も参戦。

「オレが下調べして(専門紙に馬番を)書いてあるから、参考にしな」

と言いつつ、「いまのレース当たったって、ひとの買い目、盗み見しただろ?」

とか楽しそうだった。

ほとんどが「ダメ人間」な場外で、光って当然。

長く楽しめる人の競馬の接し方、だよな。

おっと、そういえば「レア競馬女子」の話を忘れてた。次で書こ。

★ダメ女子と思いきや★でもセンスだけでも乗りきれないよ

最初に流れを書いておくのがいいだろう。

まず、こいつ何だ?と思った。

ただ1レースから最終まで観察すると、

「優れた感覚」も持ち合わせていた、というのが概要。

女子20代前半。社会人。ボーイフレンドとその友達、の3人連れ。

では、カノジョの名言から。

1.競馬で生活できるようになったらカッコいいよね!

2.次のレース障害?何で言ってくれないのよ、○○ね障害大好きなんだもん。買えばヨカッタ(○○は自分のファーストネーム)

3.メインレースが近づいてくれると、誰も私のコトかまってくれない

4.んもう「高松宮記念」3600円も買っちゃった!

5.三連単当たって(5930円)サイコー!もうこの日を一生忘れない

6.使ってしまうと思ってた1万円札がまだ財布の中にあるなんて!

「2人(3人)の世界」に入っているので、こういう発言が周囲に聞かれようと

おかまいなし!

思っていて口に出さなくていい部分もありませんか?

おいおい、こいつとずっと1日打つのかよ、と正直思った。

どんだけの初心者じゃ?

ところが違ったわけだよ。

ん?と思ったのは「アドマイヤテンバちゃん、カワイイ!」

そうだよ、芦毛が好きなんだろ?

「あの馬札幌で見たよね」

「あの、安田記念勝ったの何だっけ、そうそうショウワモダン」

けっこう競馬歴あるのか?

「うーん、このままだとG1までもたないや。1レース複勝1000円買いにしよ」

「マイナスが減らな~い、まだ3570円負けてる」

「やったー、G1当たってマイナスが390円まで減った、ウレシー!幸せ」

資金のマネジメントはしっかりできているし、記憶力もそれなりに確か。

だいたいにおいてパークウィンズにはこの2点が欠落している来場者が多いので、

「ただのおしゃべりでうるさい女」じゃなかった、というのが発見。

当初の「競馬で生活したい」はあまりにノーガードだとは思ったが、

続けていくために重要な素養はしっかりしているよ。

場外で観察していると、続けられる人の共通点ってはっきりしてくるよなあ、

つくづく思った。

ところで連れの男性ふたりは、馬券どうだったんだろう。その競馬女子が

目立ち過ぎて、まったく印象にない。勝って大騒ぎ、じゃなかったことだけは確かだけどね。

★ブログ継続のモチベーション★人、それぞれ、だってか?

書きたかったこと、重要度が高い、と思われる?内容が、

一連の最後の書きこみだとイヤなので、汚します。

ほぼブログ開設以来1年間で、6000人弱との出会いがあった。

たった6000人、されど6000人。

この6000人には、このブログは評価されなかった。

この6000人は何を求めていたんだろう。

ところで、世の中に競馬ファンは何万人いるのかね。

その中の6000人って多くね?

たかだかココログ世界の中で15位程度のマイナーブログ。

じゃあ、競馬のトップブログって何万人が訪れているの?

60万人?

ありえね。そんなに競馬ファンはいない。

600万人ぐらい、いますかJRA競馬ファン。

日本の人口の5%が競馬してますか?

ありえね。

ということは…。

6000人では6000人ではなく、ロボットと流浪のネカフェ職人が多数含まれている。

あと、おちょくり読みをしているヒマ人も多数含まれている。

ということは、このブログに対し、何らかの評価をしている人に注目したほうが

いいんだろうね。

当面の悩みはそこだけど。。。

汚し、が目的なのでここらでやめとくわ。

2012年3月30日 (金)

★そろそろ馬券の買い方考えようよ★競馬あたらない、はギャグ

一般読者には深すぎてわかりづらい話かもしれないけど、

やっぱりそこ、ということで書いておく。

自分がギャグで名付けた馬券術“Shadow”と某ソフト・シンドロームの差分。

シンドロームのブログに「3/24 阪神3R」が取り上げられていた。

オッズ異常馬は1着馬・3着馬だという。

その証拠に単勝人気と複勝人気の順位が入れ替わっている。なるほど。

自分もこのレースで的中することができた。

しかし、当たったのは2着馬の700円という複勝。

見事にオッズの見極め方が違っている。

ここに読み解くカギがある。

“Shadow”はTargetのリアルタイムオッズからの解析は人間力なので(笑)、

精妙に客観的に分析しているわけではない。はっきり誤差があると思う。

自分はこの阪神3Rで狙った的中しなかったほうの1頭は最下位入線。

こっちは大ハズレ。それでも資金配分によりレース回収率は350%となった。

1~3着は単勝人気で11人気・7人気・9人気という順だったため、三連単は109万。

こういうレースを「どう獲るか」

自分は複勝しかない、と思う。

それはおいといて、自分なりのどう見えたか、でいうと

1番人気の馬はハーツクライ産駒。ハーツクライ産駒はダートの成績が悪い。

この馬自身は何度もダートで馬券になっているが、勝ち切れない。

なら、不良馬場のコンディションで切るのもアリ、と考えた。

じゃあ、他の上位人気馬で信頼できる馬がいるのか。

こうなったときに群雄割拠というか、野望を持った穴馬が目白押し、の低レベル

レースと見た。

そうなると、「チャレンジあるのみ」

チャンスを活かせそうな人の組み合わせ(騎手・厩舎)を精選した結果、

2着馬と最下位馬を選んだ、というカラクリ。

競馬にはいろんなアプローチがあるんですよ…それはそうだと思う。

その方法が結果を残している、と検証されていれば、いろいろアリだ。

ただし、近いところを誤爆するのでなく、目標にひとつは確実に当てておくためには、

全体を見て感じる、部分が大きい。

なかなか一朝一夕にはいかないけどね。

先週の土曜日は全般的に「見極めにくい日」だったのはすでに書いたとおり。

とはいえこれは主観。

データソフトはただ数字で語るのみ、なんだろうなあ。

自分はその隙間、が大事だと思っている。

デジタルとアナログの隙間。

ま、ずいぶんに自分もデジタル寄りだとは思うんだけど。

★テクニックの前に重要なのは考え方★磨きどころは、ソコ

いい話を書いたので汚します(またかよ…笑)

馬券の買い方を考えようよ、は

複勝がベストだ、とは言い切らない。

予算に応じて買い方を工夫しようよ、

見え方に応じて馬券種を選ぼうよ、

そういう話だ。

何でも三連単、で馬券を決めるのは利にかなっていない。

自分の考えだと、1レース120点買えるのなら、三連単のほうがいいかもしれない。

自分はそう買えないので、その選択肢がない、というだけだ。

1レース1000円、2000円でたくさんのレースを買って、楽しみつつ、

収支をプラスにするか、と発想するから、複勝になってくるだけ。

そう言えば日曜の阪神1Rで久々に三連単当てたよ。

いかにも三連単なレースだったからね。

オッズを見たらそうだった。

「馬券術」はいいけど、そこに興味のない人って多いよね。

なんで?

競馬は当たらないもの、と摺りこまれているのかもね。

★オッズの分布状況で変わる「狙い」★実際には分類可能なハズ

あ、ひとつ書き忘れ。

日曜の中山3R。

ハーコットとガンガンユコウゼの馬連460円的中。

これがショックだった。

10時44分時点でこのオッズは7倍。

ま、自分が買うのはレース前2分を切ってからなので、

たぶんその時点でもオッズは7倍はあった。

あとからTargetで連時系を見てみると、最後の5分にこの買い目に700万が

投入されていて、占有率が直前の区間の10%から25%に跳ね上がっている。

明らかに確信投票。

ここで言いたいのは、これがガチガチの1番人気2番人気じゃないからおいしい、

ということ。

ま、ここまでオッズ下げるとは買った本人が予想していなかったのでは?

これと対象的なのが、

同じく中山の6レース。

単勝1-2-3人気で決まったのに三連複が3610円。

これも的中馬券。

3点買い。

ホントはあせってもう1頭買うはずだったのに、時間切れ。

あわてて買った買い目の中に的中がありました。

逆にこのレースは割れていて、徐々に「激走系」と「凡走系」が分離していった

ケース。なかなかレアだけどね。

たぶん、この単勝1-2-3人気は30分前にはこうじゃなかった。

「知ってる人は知っているよね」

そういうレースだった。

こういったことが実際に起こっているのだが、知らない人のほうが多いはず。

オッズで馬券を当てる、というのはTargetでそこが見えるから可能なんだよね。

三連複3点買いで36倍はおいしいっしょ。

でも、常にそうはうまくはいきませんが。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31