フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★日々の試行錯誤が財産に★全レースリアルタイム買い、がもたらすのは? | トップページ | ★あせっても始まらないし★期待する結果は「それなり」に… »

2012年2月 1日 (水)

★花形ポジション★種牡馬の盛衰

2009年生、2008年生とデータを獲ったついでに、2007年生も調べてみた。

ディープインパクトもハーツクライもいない世代。

この世代の中で出走レベルでの芝偏重1位はステイゴールド。2位はマンハッタンカフェで

3位はサクラプレジデント。たった2年で隔世の感あり。

2008年生のマンハッタンカフェのダート好成績、2009年生のダート不成績はレポートしたばかり。

2009年生のサクラプレジデントはダート得意種牡馬で2世代前と真逆。

つまりは2009生の「花形ポジション」はディープインパクト、ハーツクライ、ダイワメジャー、

(アドマイヤムーン)で、みんな新種牡馬にとって代わられたということ。

でも真に実力のある種牡馬は追いやられてもダートで結果を出す。アグネスタキオンしかり。

つまりは、その世代はどこにフォーカスが当たっているかが最大のテーマっつうわけだ。

そういやゼンノロブロイもあっという間にダート適性がクローズアップされてしまった。

まあ入れ替わりが激しいわ。

そんな中でもステイゴールド、ダンスインザダーク、ネオユニヴァースは牝馬が走らない。

前二者はダートがダメ。最後は芝がダメ。これは世代を通じての特徴だ。

種牡馬から見た、買える要素、消せる要素はそうやっていじるべきだと思う。

もちろん初めにありきというより、オッズの次に取捨する程度でしょうな。

« ★日々の試行錯誤が財産に★全レースリアルタイム買い、がもたらすのは? | トップページ | ★あせっても始まらないし★期待する結果は「それなり」に… »

ためになる分析データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/53880788

この記事へのトラックバック一覧です: ★花形ポジション★種牡馬の盛衰:

« ★日々の試行錯誤が財産に★全レースリアルタイム買い、がもたらすのは? | トップページ | ★あせっても始まらないし★期待する結果は「それなり」に… »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31