フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★紛れの中から真実を見つける!★馬券を的中させるのと同じか。 | トップページ | ★負けて楽しい競馬かな★で、いつ勝つの?いつ勝った? »

2012年2月13日 (月)

★微差を完璧に嗅ぎわけることは不可能でも★回収できる確率で戦い続ける!

しかし「ただの好循環」ということも言える。

こうして記事数が増え、ロボットもたくさんやってくる。ひとりの読者がたくさんのページを

読み、ページビューが上がる。

つまり頻繁に更新し、長く続ければ続けるほど、ランキングが上がる。

そういう構造もあるわけだ。

ま、いいや。

馬券がうまく行かなかった週末は、やっぱりそれなりに反省が必要。

しかし、これはきつい!と思ったのが京都2Rと3Rの対比だ。

この問題を解決するにはまだまだクリアすべき問題が多い。

まずはオッズで「激走しそう」とは思えない馬が走った場合の解釈。

自分が「可能性」を拾っているレンジ以外の馬は手の打ちようがない。

直前で(三連単)馬券が買われていない穴馬(Bゾーン、Cゾーン)が来てしまうときも

あきらめるしかない。

問題は「候補」に上がっていても、必要がない、と判断した馬の激走だ。

で、判断にカンペキはない。ここが「自分の調子」に左右される部分。

とっとと実例に移そう。

京都2Rは前走佐藤哲三が区切りの勝利を狙って失敗したウインオーラムが福永に

乗り替わり。

ウインバリアシオンの影武者かもしれないが、南井厩舎に福永に勝負気配を感じず

にはいられない。複勝馬券の77%がウインオーラムへの投票。

これが飛ぶ!(4着)

そこから発想しなければ1着馬シンボリエクレールのオッズは十分に動いている。

1番コスモルミナス、4番ウインドグラスもちょっとはクサイので「待てよ」と考えた。

で、エーシンクルゼの三連単シェアも異常に高い。にもかかわらず、3番手の

シナスタジアのオッズも上昇。ダ1200であることも考慮して、穴馬上昇の根拠は

「無理狙い」と読み、上位3頭の三連複とウインオーラム1着固定の三連単を2点購入。

言いたいことはウインオーラムの予備知識をゼロにして対峙すれば、

シンボリエクレールは全然買えるし、複勝が1490円もついている。

ここがカギ。ウインオーラムが勝てないのは単に騎手のせいではない、ということだけが

わかる。

続く京都3R。

ほぼ7頭が横並び。さらに3着内可能レンジに8頭しかいない。

で、その8番目のノボリドリームのオッズが動く。

はっきり言ってやめてくれ、だ。無理狙いじゃなくて真実なのか。

7頭の中にまずこの馬!はいないのか?

前のレースでの失敗を忘れて(活かして?)、幸のノボリドリームを買う。

松永昌厩舎もプラス材料。相手は恭介のウェスタンムサシへワイド1点。

自分がもっとも可能性が高いと思ったのは上位7頭の中で買ってない馬のワンツー。

ところが好意追走のノボリドリームが差し切って快勝。複勝が1540円。

ワイドが3070円。3着に人気薄が入って、三連単は166万。

よっしゃ!ではあるが、これが競馬の恐いところ。

発想が収縮するから、いい馬券が獲れない!という教訓以外の何者でもない。

勝つに決まっている馬と、勝たなきゃおかしい馬の差は、個々のレースを見ていかないと

判明しないし、100%の判断はありえない。

ウインオーラムは後者。ここは複勝馬券のシェアだけでは完璧ではないんだよなあ。

ま、簡単に言えば失敗したからって折れちゃダメってことだわな。

こんなレースが続くと馬券買っててどっと疲れるわ(笑)

« ★紛れの中から真実を見つける!★馬券を的中させるのと同じか。 | トップページ | ★負けて楽しい競馬かな★で、いつ勝つの?いつ勝った? »

馬券回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/53971300

この記事へのトラックバック一覧です: ★微差を完璧に嗅ぎわけることは不可能でも★回収できる確率で戦い続ける!:

« ★紛れの中から真実を見つける!★馬券を的中させるのと同じか。 | トップページ | ★負けて楽しい競馬かな★で、いつ勝つの?いつ勝った? »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31