フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

« ★競馬メディアの情報合戦★トム・クウィリー来日の件 | トップページ | ★ここを見よ形式が吉?★参照ページランクを変動させよう。。。 »

2012年1月17日 (火)

★表面上は「苦難の道」★しかし、そんなに単純じゃないかも

12月に3名の美浦で調教師が勇退し、2月には東西で4名の調教師が定年を迎える。

そこでJRAは3月1日付で6名の調教師の新規開業を発表した。

美浦が4名、栗東が2名。栗東の2名は一昨年に試験に合格し、すでに技術調教師として

準備を進めていたからまだましと言えるが、

美浦の4名は昨年12月に試験に合格してすぐ開業……。

そんなんで大丈夫か?

ちなみに河野厩舎ほどの注目度はなかったんで、チェックをしなかったが、

昨年末の美浦の3名の勇退調教師の馬の行き先はまあ、さすがだった。

経営の傾いた厩舎に預けておく馬主って、ほんとにパワー(熱意?)ないんだね。

そうか、そこに移るのか?と思ったのは若い木村厩舎ぐらいで、底辺厩舎から

底辺厩舎への転厩のオンパレード。いやはや。

で、この茨の道が待ち受けているかの美浦の4名の中に、「おや?」と思ったのが1名。

メディアが報じないのでわからんがたぶん「新記録」じゃね?

何がって。競馬学校(厩務員課程)に入ったのが平成19年4月で、いま30歳という

黒岩調教師。JRAの世界に飛び込んで5年経たずに調教師?

天才じゃないの?よくわかりませんが。

とにかく彼がどういう実力の持ち主か注目したい。

鹿戸雄一厩舎の助手からの合格。人脈もそれなりにありそうだし。

昨年開業の中でも栗東の高野調教師なんかは、あっというまにアタマひとつ以上

抜け出た。だから、いまどき厩舎経営は大変だとはいっても、こなせる人材は

相対的に存在するわけで。新入り調教師がすべて「買えない」わけじゃない。

ちなみに「要注意馬主」とは逆の意図で自分は毎週

「開業したて→軽視する」厩舎チェックもしているで。

今年開業4年目で「軽視」チェックが取れないのも、約1名いる。

もちろん昨年の勝利度数ランクは100位以下で今年も未勝利ですわ。

« ★競馬メディアの情報合戦★トム・クウィリー来日の件 | トップページ | ★ここを見よ形式が吉?★参照ページランクを変動させよう。。。 »

見逃すな大きな流れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574714/53757036

この記事へのトラックバック一覧です: ★表面上は「苦難の道」★しかし、そんなに単純じゃないかも:

« ★競馬メディアの情報合戦★トム・クウィリー来日の件 | トップページ | ★ここを見よ形式が吉?★参照ページランクを変動させよう。。。 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31